久保 義行 (クボ ヨシユキ)

Kubo Yoshiyuki

写真a

職名

准教授

研究室住所

富山県富山市杉谷2630

研究分野・キーワード

分子生物薬剤学、トランスポーター、血液-網膜関門

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/laboratory/phaphzai/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    大阪大学  薬学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年03月

    大阪大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(薬学)  大阪大学

  • 2000年03月 -  修士(薬学)  大阪大学

  • 1998年03月 -  学士(薬学)  名古屋市立大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   展開ゲノム薬学系   准教授  

  • 2013年07月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

      東北大学   医学系研究科   助教

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

      ジョージア医科大学   医学部   研究員

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

      金沢大学   自然科学研究科薬学系   助教

  • 2004年07月
    -
    2006年03月

      金沢大学   自然科学研究科薬学系   助手

  • 2004年04月
    -
    2004年06月

      金沢大学   自然科学研究科薬学系   教務職員

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本薬物動態学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本薬剤学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    American Association of Pharmaceutical Scientists

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    American Society for Biochemistry and Molecular Biology

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 機能生物化学

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 血液組織関門における有機カチオン性化合物の輸送システムの研究に従事している.

論文 【 表示 / 非表示

  • Inner Blood-Retinal Barrier Dominantly Expresses Breast Cancer Resistance Protein: Comparative Quantitative Targeted Absolute Proteomics Study of CNS Barriers in Pig.

    Zhang Z, Uchida Y, Hirano S, Ando D, Kubo Y, Auriola S, Akanuma SI, Hosoya KI, Urtti A, Terasaki T, Tachikawa M

    Molecular pharmaceutics ( American Chemical Society ({ACS}) )  14 ( 11 ) 3729 - 3738   2017年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Retina-to-Blood Transport of 1-Methyl-4-Phenylpyridinium Involves Carrier-Mediated Process at the Blood-Retinal Barrier.

    Kubo Y, Yamamoto M, Matsunaga K, Usui T, Akanuma SI, Hosoya KI

    Journal of pharmaceutical sciences ( Elsevier {BV} )  106 ( 9 ) 2583 - 2591   2017年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Blood-to-retina transport of riboflavin via RFVTs at the inner blood-retinal barrier.

    Kubo Y, Yahata S, Miki S, Akanuma SI, Hosoya KI

    Drug metabolism and pharmacokinetics   32 ( 1 ) 92 - 99   2017年02月

    共著

    DOI PubMed

  • Involvement of plasma membrane monoamine transporter (PMAT/SLC29A4) in retina-to-blood transport of MPP+ across the blood-retinal barrier

    Yoshiyuki Kubo and Masakazu Yamamoto and Kensuke Matsunaga and Shin-ichi Akanuma and Ken-ichi Hosoya

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics ( Elsevier {BV} )  32 ( 1 ) S100   2017年01月

    単著

    DOI

  • Involvement of Carrier-Mediated Transport at the Blood-Cerebrospinal Fluid Barrier in Spermine Clearance from Rat Brain.

    Akanuma SI, Shimada H, Kubo Y, Hosoya KI

    Biological & pharmaceutical bulletin   40 ( 9 ) 1599 - 1603   2017年

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Experimental Approaches to Study Drug Transporters. ‘You G / Morris, ME / Drug Transporters 2nd edition

    Kubo Y, Kato Y, Tsuji A (担当: 共著 )

    Wiley  2014年08月

  • Vitamin transport across the blood-retinal barrier: focus on vitamins C, E and biotin. ‘Preedy, VR / Handbook of Diet, Nutrition and the Eye 1st edition

    Ken-ichi Hosoya and Yoshiyuki Kubo (担当: 共著 )

    Academic Press/ELSEVIER  2014年04月

  • ‘Inner Blood-Retinal Barrier Transporters: Relevance to Diabetic Retinopathy’. Ola, Mohammad S / "Diabetic Retinopathy", open access publication (http://www.intechopen.com/books/diabetic-retinopathy)

    Kubo Y, Hosoya K (担当: 共著 )

    Intech  2012年05月

  • 定量的トランスポーター解析のための質量分析による膜タンパク質絶対定量法. 「金井好克ら編著 トランスポートソームの世界」

    寺崎哲也, 大槻純男, 久保義行, 内田康雄, 大峰 健 (担当: 共著 )

    京都廣川書店  2011年01月

  • OCTNs欠損マウスの発見・作成およびその特徴. 「辻彰監修 トランスポーター科学最前線」

    久保義行 (担当: 共著 )

    京都廣川書店  2008年02月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Influx Transport of Cationic Drug at the Blood-Retinal Barrier: Impact on the Retinal Delivery of Neuroprotectants.

    Kubo Y, Akanuma SI, Hosoya KI

    Biological & pharmaceutical bulletin   40 ( 8 ) 1139 - 1145   2017年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI PubMed

  • [Carrier-mediated Transport of Cationic Drugs across the Blood-Tissue Barrier].

    Kubo Y

    Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   135 ( 10 ) 1135 - 40   2015年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI PubMed

  • カチオン性薬物輸送に見る血液網膜関門と血液脳膜関門の類似と相違

    久保義行、赤沼伸乙、細谷健一

    細胞工学 ( 学研メディカル秀潤社 )  32 ( 9 ) 950 - 954   2013年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 血液網膜関門の機能特性を利用したドラッグデリバリー

    久保義行、赤沼伸乙、細谷健一

    Drug Delivery System ( 日本DDS学会 )  27 ( 5 ) 361 - 369   2012年11月

    総説・解説(その他)   共著

  • The blood-retinal barrier transporters in retinal drug delivery

    Yoshiyuki Kubo and Shinichi Akanuma and Ken-ichi Hosoya

    Drug Delivery System ( Japan Society of Drug Delivery System )  27 ( 5 ) 361   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • エルゴチオネインを利用したクローン病の診断および治療

    特願 特願2008-33588 

    辻 彰, 加藤将夫, 久保義行, 金子周一, 加賀谷尚史, 曽我朋義

  • トランスポータータンパク質とアダプタータンパク質を共発現させたトランスジェニック卵母細胞

    特願 特願2006ー273452 

    辻 彰, 薮内 光, 加藤将夫, 久保義行

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬物動態学会奨励賞

    2016年10月14日   日本薬物動態学会  

    受賞者:  久保義行

  • 日本薬学会北陸支部 学術奨励賞

    2014年11月16日   日本薬学会北陸支部会  

    受賞者:  久保義行

  • 2017 Top Reviewer in Journal of Pharmaceutical Sciences

    2017年11月   AAPS  

    受賞者:  Kubo Y

  • DMPK Editors’ Award for the Most Excellent Article in 2010, 1st place

    2011年11月   JSSX  

    受賞者:  Sugiura T., Otake T., Shimizu T., Wakayama T., Silver L.D., Ustumi R., Nishimura T., Iseki S., Nakamichi N., Kubo, Y., Tsuji A., Kato Y

  • 2011 Top Reviewer in Journal of Pharmaceutical Sciences

    2011年10月   AAPS  

    受賞者:  Kubo Y

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 組織関門における新規インフラックス分子実体の同定と薬効・毒性予測への展開

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    組織関門における新規インフラックス分子実体の同定と薬効・毒性予測への展開

  • 血液網膜関門カチオン性薬物エフラックス機構の分子機序解明と創薬への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 加齢黄斑変性症病態理解に向けた網膜色素上皮細胞Cx43のPGE2放出への役割解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 新規カチオン性薬物輸送機構におけるオーファン分子の役割解明と創薬への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 脳関門プロスタグランジン排出制御機構解明と創薬への応用

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    病態時におけるプロスタグランジンの産生に関与する酵素 (mPGES-1及びL-PGDS) の脳における発現局在を免疫組織化学的に解析した結果、mPGES-1及びL-PGDSは軟膜に発現し、mPGES-1についてはアストロサイトに発現していた。さらに、炎症モデルにおいて、mPGES-1はこれら細胞に加え、脳毛細血管内皮細胞に強く発現することが示された。脳毛細血管内皮細胞は血液脳関門の実体細胞であり、本関門を介した炎症関連物質PGD2は、PGE2と同様に排出輸送が低下していた。以上の結果から、脳内プロスタグランジンの生理活性について、血液脳関門が重要な役割を果たすと考えられた。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 肝臓のnicotine取り込み機構とH+/有機カチオンアンチポーターの関与

    日本薬剤学会第28年会  2014年05月  -  2014年05月   

  • 血液網膜関門における1-methyl-4-phenylpyridinium輸送の機能特性

    日本薬剤学会第28年会  2014年05月  -  2014年05月   

  • 内側血液網膜関門を介したL-carnosine前駆物質の網膜供給機構解明

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • NMDA受容体を介した大脳皮質内L-glutamateによるprostaglandin E2排出輸送低下

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • In vivoラット血液網膜関門を介した1-methyl-4-phenylpyridinium輸送特性

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    物理薬剤学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    薬物動態学特論(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    医療系実習(薬剤学)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    生物薬剤学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    物理薬剤学  (2016年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    日本薬剤学会   代議員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • Editorial Board Member, Journal of Pharmaceutical Sciences

    2017年01月
    -
    継続中

  • Editorial Board Member, Drug Metabolism and Pharmacokinetics

    2017年01月
    -
    継続中

  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業 富山大学薬学実習「くすりの科学」

    2014年08月
     
     

  • 教員免許状更新講習

    2014年08月
     
     

    教員免許状更新講習「くすりの使い方;薬の効き方:医薬品の様々な投与方法(8月8日)認定番号平26-10037-55164号」を担当

  • 平成25年度 薬剤学教科担当教員会議 事務局

    2013年04月
    -
    2013年09月