大橋 若奈 (オオハシ ワカナ)

OHASHI Wakana

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

上皮生物学、亜鉛生物学、腸管生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月 -  博士(工学)  横浜国立大学

  • 2001年03月 -  修士(薬学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   東西統合医療学域   東西統合医学系   助教  

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 上皮生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Zinc transporter SLC39A7/ZIP7 promotes intestinal epithelial self-renewal by resolving ER stress

    Ohashi W, Kimura S, Iwanaga T, Frusawa Y, Irie T, Izumi H, Watanabe T, Hijikata A, Hara T, Ohara O, Koseki H, Sato T, Robin S, Mori H, Hattori Y, Watarai H, Mishima K, Ohno H, Hase K, Fukada T.

    PLOS Genetics     2016年

    共著

  • Critical role of endogenous histamine in promoting end-organ tissue injury in sepsis

    Hattori M, Yamazaki M, Ohashi W, Tanaka S, Hattori K, Todoroki K, Fujimori T, Ohtsu H, Matsuda N, Hattori Y.

    Intensive Care Medicine Experimental     2016年

    共著

  • Control of Macrophage Dynamics as a Potential Therapeutic Approach for Clinical Disorders Involving Chronic Inflammation

    Ohashi W., Hattori K., Hattori Y.

    J. Pharmacol. Exp. Ther.     2015年

    共著

  • In vivo depletion of CD206+ M2 macrophages exaggerates lung injury in endotoxemic mice

    In vivo depletion of CD206+ M2 macrophages exaggerates lung injury in endotoxemic mice” Kambara K, Ohashi W, Tomita K, Takashina M, Fujisaka S, Hayashi R, Mori H, Tobe K, Hattori Y

    The American Journal of Pathology     2015年

    共著

  • Anti-inflammatory profile of levosimendan in cecal ligation-induced septic mice and in lipopolysaccharide-stimulated macrophage.

    Wang Q, Yokoo H, Takashina M, Sakata K, Ohashi W, Abdelzaher LA, Imaizumi T, Sakamoto T, Hattori K, Matsuda N, Hattori Y.

    Crit. Care Med.     2015年

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍領域に高発現する亜鉛トランスポーターの役割解明と治療標的としての可能性の探求

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 敗血症性播種性血管内凝固(DIC)の分子病態解明に基づいた予防法・治療法の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 亜鉛トランスポーターによる腸管上皮幹細胞維持機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 敗血症病態におけるGRK2の創薬標的分子としての可能性の探究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 腸管上皮幹細胞の幹細胞機能維持における亜鉛トランスポーターの役割解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月