伊野部 智由 (イノベ トモナオ)

INOBE Tomonao

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

タンパク質科学、生物物理、タンパク質分解、プロテアソーム、タンパク質フォールディング、 タンパク質工学

ホームページ

http://inobelab.wordpress.com/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    東京大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2003年03月

    東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(理学)  東京大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   准教授  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   生命工学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    富山大学   テニュアトラック教員   特命助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本蛋白質科学会

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    生物物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • タンパク質システム工学

論文 【 表示 / 非表示

  • N-Acyldopamine induces aggresome formation without proteasome inhibition and enhances protein aggregation via p62/SQSTM1 expression.

    Matsumoto G, Inobe T, Amano T, Murai K, Nukina N, Mori N

    Scientific reports   8 ( 1 ) 9585   2018年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Proteasome-mediated protein degradation is enhanced by fusion ubiquitin with unstructured degron.

    Inobe T, Tsukamoto M, Nozaki M

    Biochemical and biophysical research communications ( Elsevier {BV} )  501 ( 4 ) 948 - 954   2018年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Rapamycin-induced oligomer formation system of FRB-FKBP fusion proteins.

    Inobe T, Nukina N

    Journal of bioscience and bioengineering   122 ( 1 ) 40 - 46   2016年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Conserved Sequence Preferences Contribute to Substrate Recognition by the Proteasome.

    Yu H, Singh Gautam AK, Wilmington SR, Wylie D, Martinez-Fonts K, Kago G, Warburton M, Chavali S, Inobe T, Finkelstein IJ, Babu MM, Matouschek A

    The Journal of biological chemistry   291 ( 28 ) 14526 - 14539   2016年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Novel method for the high-throughput production of phosphorylation site-specific monoclonal antibodies.

    Kurosawa N, Wakata Y, Inobe T, Kitamura H, Yoshioka M, Matsuzawa S, Kishi Y, Isobe M

    Scientific reports   6   25174   2016年04月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Unstructured領域を介したプロテアソームのタンパク質分解

    高橋 一暢、伊野部 智由

    生化学   85 ( 11 ) 1020 - 1024   2013年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • プロテアソームによるタンパク質分解に必要な分解シグナルの配置

    伊野部 智由

    実験医学   29   2135 - 2138   2011年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 変性領域を介したプロテアソームの基質認識機構

    伊野部 智由

    生物物理   51   276 - 277   2011年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 蛋白質分解系活性化による神経変性疾患治療

    伊野部 智由、貫名 信行

    実験医学   28   788 - 794   2010年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新生鎖分解のUnstructured領域を介した多層的制御機構

    新学術領域研究

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月 

  • プロテアソームによる新生鎖分解の分子シャペロンによる制御

    新学術領域研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • ユビキチンープロテアソーム蛋白質分解系を利用した革新的蛋白質濃度調整法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • 揺らぎを介したプロテアソームの基質認識機構

    新学術領域研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    揺らぎを介したプロテアソームの基質認識機構

  • プロテアソーム阻害におけるUnstructured領域の役割

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月 

    プロテアソーム阻害におけるUnstructured領域の役割

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Regulation of proteasomal degradation.

    第54回日本生物物理学会年会  2016年11月  -  2016年11月   

  • rotein unfolding for proteasome-mediated degradation.

    International Symposium on Protein Folding and its Biological Significance  2013年03月  -  2013年03月   

  • Fluctuation-mediated regulation of the protein degradation by the proteasome.

    The 6th International Symposium “Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions”  2012年12月  -  2012年12月   

  • Selecting proteins for degradation: The initiation step.

    Cold Spring Harbor Laboratory Meeting: The Ubiquitin Family  2009年04月  -  2009年04月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    物理化学Ⅰ  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命の世界  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命の世界  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工学特論(生物物理化学)  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    生命工学実験Ⅵ  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • 富山大学先端ライフサイエンス拠点伊野部研究室

    http://inobelab.wordpress.com

    生物科学