甲斐田 大輔 (カイダ ダイスケ)

KAIDA Daisuke

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

分子生物学, mRNAスプライシング

ホームページ

http://kaida-lab.com

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東京大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    東京大学  理学系研究科  生物科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(理学)  東京大学

  • 2000年03月 -  修士(理学)  東京大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   分子病態医学系   准教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   准教授  

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    富山大学   テニュアトラック教員   准教授  

  • 2011年03月
    -
    2015年03月

    富山大学   テニュアトラック教員   特命助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2011年02月

      ペンシルベニア大学   ポスドク

  • 2003年04月
    -
    2007年09月

      理化学研究所   ポスドク

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • U2 snRNP is required for expression of the 3’ end of genes

    Mitsunori Koga, Takayuki Satoh, Ichiro Takasaki, Yumi Kawamura, Minoru Yoshida, Daisuke Kaida

    PLOS ONE     2014年05月

    共著

  • U1 snRNP Determines mRNA Length and Regulates Isoform Expression

    Michael G. Berg, Larry N. Singh, Ihab Younis, Qiang Liu, Anna Maria Pinto, Daisuke Kaida, Zhenxi Zhang, Sungchan Cho, Scott Sherrill-Mix, Lili Wan, Gideon Dreyfuss

    Cell     2012年

    共著

  • Rapid-Response Splicing Reporter Screens Identify Differential Regulators of Constitutive and Alternative Splicing

    Ihab Younis, Michael Berg, Daisuke Kaida, Kimberly Dittmar, Congli Wang, Gideon Dreyfuss

    Mol. Cell. Biol.     2010年

    共著

  • U1 snRNP protects pre-mRNAs from premature cleavage and polyadenylation

    Daisuke Kaida, Michael G. Berg, Ihab Younis, Mumtaz Kasim, Larry N. Singh, Lili Wan and Gideon Dreyfuss

    Nature     2010年

    共著

  • Spliceostatin A targets SF3b and inhibits both splicing and nuclear retention of pre-mRNA

    Daisuke Kaida, Hajime Motoyoshi, Etsu Tashiro, Takayuki Nojima, Masatoshi Hagiwara, Ken Ishigami, Hidenori Watanabe, Takeshi Kitahara, Tatsuhiko Yoshida, Hidenori Nakajima, Tokio Tani, Sueharu Horinouchi, Minoru Yoshida

    Nature Chemical Biology     2007年

    共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • mRNAスプライシング活性調節による脂肪細胞分化制御に関する研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • スプライシング異常による未成熟mRNAの蓄積を防ぐチェックポイント機構の解析

    若手研究(A)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月 

     

  • mRNAスプライシングの異常が組織特異的疾患を引き起こすメカニズムの解析

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    哺乳類培養細胞において、スプライソソームの構成因子をアンチセンスオリゴを用いることにより個別に阻害したところ、全てのケースにおいてアンチセンスオリゴの濃度依存的にスプライシングを阻害することができた。また、阻害の結果、細胞の生存率が減少したが、その影響は細胞株によって異なることが明らかとなった。また、スプライシング阻害剤処理によって、マウス3T3-L1細胞の脂肪分化が抑制された。この阻害は、スプライシング阻害剤を加えるタイミングによって影響を受けることも明らかとなった。