大津 英揮 (オオツ ヒデキ)

OHTSU Hideki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

錯体化学、生物無機化学、エネルギー変換化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月 -  博士(工学)  大阪大学

  • 1998年03月 -  修士(理学)  名古屋大学

  • 1995年03月 -  学士(理学)  信州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   准教授  

  • 2013年01月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 無機化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 自然界の資源再生型エネルギー変換反応を志向した機能性金属錯体に関する研究を行っている.具体的には,二酸化炭素・酸素・水などの小分子新奇活性化法を開発するため,有機配位子や金属錯体の設計・合成を行い,様々な化学特性や反応機構の解明を行っている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Luminescent Mixed-Ligand Iodido Copper(I) Coordination Polymers Having Antenna Effect

    Sugimoto, S., Ohtsu, H., Tsuge, K.

    Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   353   602 - 611   2018年

    共著

  • Photochemical Properties and Reactivity of a Ru Compound Containing an NAD/NADH-Functionalized 1,10-Phenanthroline Ligand

    Kobayashi, K., Ohtsu, H., Nozaki, K., Kitagawa, S., and Tanaka, K.

    Inorganic Chemistry   55 ( 5 ) 2076 - 2084   2016年

    共著

  • [2-(2,2'-Bipyridin-6-yl-κ2N1,N1')benzo[b][1,5]naphthyridine-κN1]dichloridozinc

    Tezuka, Y., Tsuge, K., Ohtsu, H.

    IUCrData   1 ( 11 ) x161779;1 - x161779;3   2016年

    共著

  • Four-Electron Reduction of a New Ruthenium Dicarbonyl Complex Having Two NAD Model Ligands through Decarboxylation in Water

    Fukushima, T., Ghosh, D., Kobayashi, K., Ohtsu, H., Kitagawa, S., Tanaka, K.

    Inorganic Chemistry   55 ( 22 ) 11613 - 11616   2016年

    共著

  • Chloridobis[2-(pyridin-2-yl-κN)benzo[b][1,5]naphthyridine-κN1]copper(II) perchlorate acetonitrile disolvate

    Ohtsu, H., Tezuka, Y., Narita, M., Tsuge, K., Tanaka, K.

    IUCrData   1 ( 10 ) x161562;1 - x161562;3   2016年

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 光再生可能な有機ヒドリドの自在制御に基づく二酸化炭素多電子還元錯体触媒の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 再生型有機ヒドリド供給能を有する金属錯体を用いた二酸化炭素の多電子還元反応

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and Photophysical Properties of Silver(I) Coordination polymers with 4,4'-Bipiperidine and 4,4'-Bipyridine

    日本化学会第96春季年会  2018年03月  -  2018年03月   

  • 金属錯体の光刺激による小分子活性化

    分子研研究会「刺激と応答-金属錯体は何を結ぶか」  2018年03月  -  2018年03月   

  • Luminescent Properties of Mixed-Ligand Halogenido Copper(I) Coordination Polymers

    The 1st International Symposium on Coordination Ionic Compounds  2017年12月  -  2017年12月   

  • 光駆動型NAD+/NADH変換能を持つRu錯体の物性と変換挙動

    平成29年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

  • NAD+/NADH型変換能を組み込んだZnII錯体による光物質変換反応

    平成29年度日本化学会近畿支部北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    錯体機能化学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    化学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    科学英語  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    最先端化学特論  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>