松村 茂祥 (マツムラ シゲヨシ)

MATSUMURA Shigeyoshi

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

核酸生化学、進化分子工学、合成生物学、マイクロ流体工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月 -  博士(生命科学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   物質物性基礎科学系   講師  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   化学科   講師  

  • 2014年03月
    -
    2018年03月

    富山大学   大学院理工学研究部   助教  

  • 2014年03月
    -
    2018年03月

    富山大学   理学部   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     
     

    日本RNA学会

  •  
     
     
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

  • 進化生物学

  • 生体関連化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 液滴マイクロ流体システムを用いた[RNA膜内進化工学]の確立

論文 【 表示 / 非表示

  • Biogenic triamine and tetraamine activate core catalytic ability of Tetrahymena group I ribozyme in the absence of its large activator module

    Gulshan, M. A., Rahman, M. M., Matsumura, S., Higuchi, T., Umezawa, N., Ikawa, Y.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   496 ( 2 ) 594 - 600   2018年02月

    共著

    DOI

  • Artificial RNA motifs expand the programmable assembly between RNA modules of a bimolecular ribozyme leading to application to RNA nanostructure design

    Rahman, M. M., Matsumura, S., Ikawa, Y.

    Biology   6 ( 4 ) 37   2017年10月

    共著

    DOI

  • Heterodimerization of group I ribozymes enabling exon recombination through a pair of cooperative trans-splicing reactions

    Tanaka, T., Hirata, Y., Tominaga, Y., Furuta, H., Matsumura, S., Ikawa, Y.

    ChemBioChem   18 ( 16 ) 1659 - 1667   2017年08月

    共著

    DOI

  • Programmable formation of catalytic RNA triangles and squares by assembling modular RNA enzymes

    Oi, H., Fujita, D., Suzuki, Y., Sugiyama, H., Endo, M., Matsumura, S., Ikawa, Y.

    The Journal of Biochemistry   161 ( 5 ) 451 - 462   2017年05月

    共著

    DOI

  • Rational engineering of a modular group I ribozyme to control its activity by self-dimerization

    Tanaka, T., Ikawa, Y., Matsumura, S.

    Methods in Molecular Biology   1632   325 - 340   2017年

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 一時的な区画化によりレプリケーターRNAの新たな機能は創発しうる

    松村 茂祥

    実験医学 ( 羊土社 )  35 ( 11 ) 1858 - 1860   2017年07月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • RNA複製体の時限的な区画化は寄生体による絶滅を防ぐ

    松村 茂祥

    サイエンス誌に載った日本人研究者2016 ( American Association for the Advancement of Science )    67   2017年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • レプリケーターRNAの時限的な区画化は寄生体RNAによる絶滅をふせぐ

    松村 茂祥

    ライフサイエンス 新着論文レビュー ( ライフサイエンス統合データベースセンター )    2017年01月

    総説・解説(その他)   単著

    DOI

  • リボザイムの研究動向と安全性評価

    松村 茂祥、井川 善也

    先端治療技術の実用化と開発戦略 ( 技術情報協会 )    61 - 65   2017年

    総説・解説(その他)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 液滴マイクロ流体システムを用いた膜内進化実験によるRNAの酵素能力の追求

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マイクロドロップレットを用いた高速スクリーニングによるネオバイオ分子創生

    日本農芸化学会2018年度大会 大会シンポジウム「先端テクノロジー開発で挑む未踏の配列空間からのネオバイオ分子創出戦略」  2018年03月  -  2018年03月   

  • 微小液滴の高速選別システムによりRNA酵素を進化させる

    第20回生命化学研究会  2018年01月  -  2018年01月   

  • リボザイム閉環三量体によるナノ三角形をユニットとしたRNAナノ構造の拡張

    ConBio2017, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 第90回日本生化学会大会  2017年12月  -  2017年12月   

  • 液滴マイクロ流体システムを用いたネオバイオ分子工学:RNA酵素の実験進化

    ConBio2017, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会 第40回日本分子生物学会年会 第90回日本生化学会大会 フォーラム「先端テクノロジー開発で挑む未踏の配列空間からのネオバイオ分子創出戦略」  2017年12月  -  2017年12月   

  • 微小液滴を活用したバイオ分子工学:機能性RNAの実験進化

    平成29年度 理工学研究部テニュアトラック制度シンポジウム  2017年11月  -  2017年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    科学英語  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    最先端化学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

全件表示 >>