大貫 義則 (オオヌキ ヨシノリ)

ONUKI Yoshinori

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

磁気共鳴映像法、NMR緩和、錠剤、クリーム剤

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/pharmtech/index/HOME.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月 -  博士(薬学)  星薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   教授  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本DDS学会

  •  
     
     
     

    日本薬剤学会

  •  
     
     
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 物理系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 薬剤師

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 経口固形製剤,半固形製剤(クリーム剤・軟膏剤),貼付剤,注射剤などの製剤処方および製造プロセスの最適化を目的として,統計学的手法やシミュレーション手法,MRIなどの分子イメージング技術を応用した製剤化研究を行っている.

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発

    矢内雅人 (担当: 分担執筆 )

    技術情報協会  2013年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 医療用「貼付剤」の構成とその特徴

    大貫義則,岡部秀晃

    Pharm. Tech. Japan     2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • , Water-in- oil-in-water形複合エマルションを用いたインスリン消化管粘膜吸収製剤の開発

    大貫義則,森下真莉子,髙山幸三

    製剤機械技術研究会誌     2008年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 血糖低下作用と製剤安定性を兼ね備えたwater-in- oil-in-water形複合エマルション製剤の処方最適化検討

    大貫義則,森下真莉子,髙山幸三

    製剤機械技術研究会誌     2008年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • MRIによる非破壊技術を応用したクリーム剤乳化安定性の高精度予測手法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • MRIの分子イメージング技術とQbDアプローチを基盤とするエマルション製剤の設計

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    スキンクリームなどのエマルション製剤の設計において製剤安定性は重要な特性である。本申請課題では、次世代の製剤品質管理システムとして注目されるquality by design(QbD)に基づいて、エマルション製剤の製剤安定性における製造条件の寄与について包括的な理解を試みた。なお、エマルションの安定性に水分子の状態が深く関与するため、MRIを活用して試料中の水分子運動性を詳細に評価した。実験の結果、製造条件によって試料中の水分子の状態は著しく変化し、製剤安定性に強く寄与することが明らかになった。さらに、QbDアプローチに基づいて、製剤安定性に優れるエマルション製剤の調製条件を明らかにした。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Quality by Designを指向した製剤化研究

    フォーラム富山「創薬」 第41回研究会  2015年05月  -  2015年05月   

  • MRIを利用したクリーム剤の製剤安定性評価

    第24回日本医療薬学会年会  2014年09月  -  2014年09月   

  • Involvement of water molecular mobility in the properties of photocrosslinked polyacrylic acid hydrogel for use in dermatological patch adhesive

    5th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2014)  2014年04月  -  2014年04月   

  • A novel MRI method for monitoring creaming behavior of emulsion-based formulations

    3rd Conference on Innovation in Drug Delivery: Advances in Local Drug Delivery  2013年10月  -  2013年10月   

  • MRIを利用したエマルション製剤の新規製剤安定性評価技術の構築

    日本薬学会 第133年会  2013年03月  -  2013年03月   

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本薬学会   学術誌編集委員