溝部 浩志郎 (ミゾベ コウシロウ)

MIZOBE Koshiro

写真a

職名

助教

研究室住所

富山市五福3190富山大学理工学研究部(工学)機械棟1117室

研究分野・キーワード

機械材料・材料力学、破壊力学

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/kotai/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    九州大学   工学部   機械航空工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年09月

    九州大学  工学府  水素エネルギーシステム専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月 -  博士(工学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   助教  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   システムエンジニアリング学系   助教  

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   機械知能システム工学科   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中
     

    International Association of Advanced Materials (IAAM)

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 2010年01月
    -
    継続中
     

    日本材料学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械材料・材料力学

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 高炭素クロム軸受鋼の介在物周囲の材料に着目した疲労メカニズムの解明
    マルテンサイト系ステンレス鋼を用いた高周波熱処理法の開発と評価
    転がり疲労における繰返し熱処理の影響と残留オーステナイトの変化
    ホモロジ―法を用いた材料組織の定量化
    ポリマーベアリングの実用化に向けた最適設計

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高炭素クロム鋼の破壊起点介在物を変化させる繰返し焼入れ手法の開発と疲労強度向上

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Effect of repeated heating and quenching on microstructure and fatigue strength in high carbon high chromium steel

    2018 5th International Conference on Machine Design and Manufacturing Engineering  (Jakarta, Indonesia)  2018年01月  -  2018年01月   

  • Influence of retained austenite refinement on the microstructure near non-metallic inclusions and the rotating bending fatigue strength

    2013 3rd International Conference on Advanced Materials and Engineering Materials  (Singapore)  2013年12月  -  2013年12月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    材料強度演習第1  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    材料強度演習第1  (2016年度)  兼担・兼任