高雄 啓三 (タカオ ケイゾウ)

TAKAO Keizo

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

行動生理学

ホームページ

http://researchmap.jp/keizotakao/

特記事項

髙雄 啓三

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月 -  博士(情報学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • 基盤・社会脳科学

  • 実験心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Age-dependent and region-specific alteration of parvalbumin neurons and perineuronal nets in the mouse cerebral cortex.

    Ueno H, Takao K, Suemitsu S, Murakami S, Kitamura N, Wani K, Okamoto M, Aoki S, Ishihara T

    Neurochemistry international   112   59 - 70   2018年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Abnormalities in perineuronal nets and behavior in mice lacking CSGalNAcT1, a key enzyme in chondroitin sulfate synthesis.

    Yoshioka N, Miyata S, Tamada A, Watanabe Y, Kawasaki A, Kitagawa H, Takao K, Miyakawa T, Takeuchi K, Igarashi M

    Molecular brain   10 ( 1 ) 47   2017年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Mutation-induced loss of APP function causes GABAergic depletion in recessive familial Alzheimer's disease: analysis of Osaka mutation-knockin mice.

    Umeda T, Kimura T, Yoshida K, Takao K, Fujita Y, Matsuyama S, Sakai A, Yamashita M, Yamashita Y, Ohnishi K, Suzuki M, Takuma H, Miyakawa T, Takashima A, Morita T, Mori H, Tomiyama T

    Acta neuropathologica communications   5 ( 1 ) 59   2017年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Decreased cohesin in the brain leads to defective synapse development and anxiety-related behavior.

    Fujita Y, Masuda K, Bando M, Nakato R, Katou Y, Tanaka T, Nakayama M, Takao K, Miyakawa T, Tanaka T, Ago Y, Hashimoto H, Shirahige K, Yamashita T

    The Journal of experimental medicine   214 ( 5 ) 1431 - 1452   2017年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Prothymosin alpha-deficiency enhances anxiety-like behaviors and impairs learning/memory functions and neurogenesis.

    Ueda H, Sasaki K, Halder SK, Deguchi Y, Takao K, Miyakawa T, Tajima A

    Journal of neurochemistry   141 ( 1 ) 124 - 136   2017年04月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 安全性薬理試験マニュアル

    安東賢太郎, 橋本敬太郎, 藤森観之助 (担当: その他 )

    エル・アイ・シー  2009年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 呼吸法の動物モデル確立とその意志動力学への応用

    新学術領域研究

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月 

  • 恒常性維持機構の破綻としての精神疾患研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • 幼児性健忘における歯状回成熟度の意義の解明

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 幼児性健忘における歯状回成熟度の意義の解明

    新学術領域研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     

  • 恒常性維持機構の破綻としての精神疾患研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    本研究では、精神疾患を恒常性維持機構の破綻として理解し、精神疾患の診断・治療法の開発を試みた。具体的には、1)精神疾患様の行動異常を示すShn-2 KOマウスをモデルとして、バイオインフォマティクス手法を活用して海馬歯状回の成熟度を調節する薬物や実験操作の探索、2)海馬歯状回の成熟度を変化させる薬物や実験操作の候補について行動学的なスクリーニング、を行った。さらに、3)光遺伝学や部位特異的遺伝子改変技術などを駆使して歯状回の興奮性が成熟度に及ぼす効果を組織学的・行動学的レベルで検討した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    実験動物学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    分子遺伝動物学  (2017年度)  専任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    分子遺伝動物学  (2016年度)  専任