佐澤 和人 (サザワ カズト)

SAZAWA Kazuto

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

富山大学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/keisoku1/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月 -  博士(理学)  富山大学

  • 2010年03月 -  修士(理学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   助教  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   助教  

  • 2016年12月
    -
    2017年03月

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   特命助教  

  • 2016年12月
    -
    2017年03月

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   特命助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本腐植物質学会

  •  
     
     
     

    日本陸水学会

  •  
     
     
     

    日本水環境学会

  •  
     
     
     

    日本分析化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境リスク制御・評価

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Micro-droplet Hydrodynamic Voltammetry for the Determination of Microcystin-LR Based on Protein Phosphatase

    Islam Md Saiful, Sazawa Kazuto, Sugawara Kazuharu, Kuramitz Hideki

    Journal of Water and Environment Technology ( 公益社団法人 日本水環境学会 )  17 ( 1 ) 18 - 26   2019年

    共著

    DOI CiNii

  • Effects of forest fire on the properties of soil and humic substances extracted from forest soil in Gunma, Japan.

    Sazawa K, Yoshida H, Okusu K, Hata N, Kuramitz H

    Environmental science and pollution research international   25 ( 30 ) 30325 - 30338   2018年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Potential risk of coupling products between tetrahalobisphenol A and humic acid prepared via oxidation with a biomimetic catalyst

    Kodama, R, Sazawa, K., Miyamoto, T., Zhu, Q., Igarashi, M., Oda, K., Kuramitz, H. and Fukushima, M.

    Chemosphere ( Elsevier )  204   63 - 70   2018年

    単著

    DOI

  • Adsorptive Voltammetry for the Determination of Ochratoxin A Using Enrichment Effect by Cationic Surfactants

    Sultana A, Sazawa K, Okazaki T, Islam M, Hata N, Sugawara K, Kuramitz H

    Electroanalysis   30 ( 10 ) 2265 - 2272   2018年

    共著

    DOI

  • Changes in the chemical composition of soil organic matter including water-soluble component during incubation: A case study of coniferous and broadleaf forest soils

    Yoshida H, Sazawa K, Wada N, Hata N, Marumo K, Fukushima M, Kuramitz H

    Catena   171   22 - 28   2018年

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Peat fire impact on water quality and organic matter in peat soil In: Tropical Peatland Ecosystems "jointly worked"

    Yustiawati, Sazawa, K., Syawal, M. S., Kuramitz, H., Saito, T., Hosokawa, T., Kurasaki, M. and Tanaka, S. (担当: 分担執筆 )

    Springer Japan  2016年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 酸化銅ナノ粒子のMicrocystis aeruginosaに対する毒性、細胞内動態に与える溶存有機物質の影響(共著)

    佐澤和人, 倉光英樹

    Humic Substances Research ( 日本腐植物質学会 )  ( 9 ) 1 - 3   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 加熱土壌の遺伝毒性評価とその原因物質の探索

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    本研究では我々が開発した電気化学的遺伝毒性試験法を用い、加熱後の土壌残渣を直接菌体に暴露した際の遺伝毒性を評価した。遺伝毒性を評価した結果、350℃以上で加熱した土壌から遺伝毒性の発現が観察された。また、加熱した土壌から3、4環系の多環芳香族炭化水素(PAHs)が主に検出され、遺伝毒性強度との間に正の相関を示した。本研究の結果から、泥炭のような有機物質を多く含む土壌ほど火災後に土壌生物の染色体異常を誘発するリスクが高いということが分かった。加えて、極東ロシアにおいて採取した森林火災跡地土壌の遺伝毒性を評価した結果、火災による影響が強い表層で高い遺伝毒性強度およびPAHs濃度が検出された。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アルミニウムの濃縮/定量法の開発と富山湾沿岸海水および河川水中の懸濁物質の定量への応用

    日本分析化学会第66年会  (東京理科大学)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 火災に伴う土壌からの遺伝毒性の発現と多環芳香族炭化水素濃度との関係

    日本分析化学会第66年会  (東京理科大学)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 室内恒温条件下の土壌呼吸による有機物組成の化学的特性変化

    日本分析化学会第65年会  (北海道大学)  2016年09月  -  2016年09月   

  • Effect of wild fire on the characteristics of humic substances in forest soil of Gunma, Japan

    18th International conference of International Humic Substances Society (IHSS 18)  (Ishikawa, Japan)  2016年09月  -  2016年09月   

  • A droplet electrochemical microalgal bioassay based on alkaline phosphatase activity

    JASIS Conference  2016年09月  -  2016年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    地球生命環境理学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    環境化学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    基礎生物圏環境科学実験  (2017年度)  兼担・兼任