阿部 仁 (アベ ヒトシ)

ABE Hitoshi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

有機合成化学

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/abe/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1987年03月

    京都大学   薬学部   薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1992年07月

    京都大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

    京都大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年01月 -  博士(薬学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   環境応用化学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 高等学校教諭2種免許

  • 危険物取扱者(甲種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of 2,3,9,10-Tetraoxygenated Benzo[c]phenanthridine Derivatives via Palladium-mediated Aryl-aryl Coupling Reaction

    H. Abe, N. Kobayashi, Y. Kadoshima, Y. Takeuchi, T. Harayama, Y. Horino

    Heterocycles     2016年01月

    共著

  • Palladium-mediated Intramolecular Biaryl Coupling Reaction: Convenient Preparation of Furoquinolinone Derivatives

    H. Abe, M. Kamimura, Y. Komatsu, Y. Horino

    Heterocycles   90 ( 2 ) 1332 - 1342   2015年01月

    共著

  • Palladium-catalyzed Three-Component Reaction of 3-(Pinacolatoboryl)ally Acetates, Aldehydes, and Organoboranes: A New Entry to Stereoselective Synthesis of (Z)-anti-Homoallylic Alcohols

    Y. Horino, A. Aimono, H. Abe

    Org. Lett.     2015年

    共著

  • Palladium-Catalyzed Cyclopropanation of Strained Alkenes with 3-Pinacolatoboryl-1-arylallyl Carboxylates

    Y. Horino, Y. Takahashi, R. Kobayashi, H. Abe

    Eur. J. Org. Chem.   ( 35 ) 7818 - 7822   2014年12月

    共著

  • Practical and Convenient Synthesis of 1,6-Di- or 1,2,5,6-Tetra-arylhexa-1,3,5-trienes by the Dimerization of Pd(0)-Complexed Alkenylcarbenes Generated from π-Allylpalladium Intermediates

    Y. Horino, Y. Takahashi, K. Koketsu, H. Abe, K. Tsuge

    Org. Lett.   16 ( 12 ) 3184 - 3187   2014年01月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ビアリール型天然有機分子の合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年10月  -  2013年03月 

    科研費HP参照。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    機能分子合成化学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    創薬工学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工学特論(薬品製造化学)  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学Ⅱ  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    科学と社会  (2017年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示