源明 誠 (ゲンメイ マコト)

GEMMEI Makoto

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

高分子化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月 -  博士(工学)  東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   准教授  

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   環境応用化学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高分子・繊維材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chelating resin immobilizing carboxymethylated polyethyleneimine for selective solid-phase extraction of trace elements: Effect of the molecular weight of polyethyleneimine and its carboxymethylation rate

    S. Kagaya, T. Kajiwara, M. Gemmei-ide, W. Kamichatani, Y. Inoue

    Talanta   147   342 - 350   2016年01月

    共著

  • Water structure at the interfaces between a zwitterionic self-assembled monolayer/liquid water evaluated by sum-frequency generation spectroscopy

    K. Nomura, S. Mikuni, T. Nakaji-Hirabayashi, M. Gemmei-Ide, H. Kitano, H. Noguchi, K. Uosaki

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   135   267 - 273   2015年11月

    共著

  • Mid-infrared spectroscopic investigation of the perfect vitrification of poly(ethylene glycol) aqueous solutions

    M. Gemmei-Ide, T. Miyashita, S. Kagaya, H. Kitano

    Langmuir   31 ( 39 ) 10881 - 10887   2015年10月

    単著

  • The use of a polymer inclusion membrane as a sorbent for online preconcentration in the flow injection determination of thiocyanate impurity in ammonium sulfate fertilizer

    T. Ohshima, S. Kagaya, M. Gemmei-Ide, R. W. Cattrall, S. D. Kolev

    Talanta   129   560 - 564   2014年11月

    共著

  • Solid-phase Extraction of Gold (III) Using a Fibrous Adsorbent Immobilizing Pentaethylenehexamine

    Y. Okayama, H. Dohsako, M. Ito, T. Katoh, M. Gemmei-Ide, S. Kagaya

    Bunseki Kagaku   63 ( 10 ) 785 - 789   2014年10月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ソフトマター分子設計・キャラクタリゼーションから機能性材料まで・丸善・Tp301

    源明誠,北野博巳 (担当: 共著 )

    富山大学  2009年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 固体高分子中の水の結晶化挙動と生体適合性の相関

    源明 誠,北野博巳

    表面科学 ( 日本表面科学会 )  33 ( 1 ) 15 - 20   2012年01月

    総説・解説(その他)   共著

  • 高分子材料近傍の水の構造と機能との相関

    源明 誠,北野博巳

    未来材料 ( 株式会社エヌ・ティー・エス )    2011年10月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 生体適合性と水和

    北野博巳,源明 誠

    高分子 ( 高分子学会 )  58   74 - 77   2009年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナノ-メゾスケールの界面水の動態から観る高分子材料の生体適合性

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 生細胞に頼らない生体適合高分子材料の評価法の確立

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    本研究は,迅速かつ安価に評価可能な物理化学的手法を軸とした"生物学的実験を伴わない生体適合材料の評価法"の確立を目指している.

  • 水の相転移挙動から観た高分子材料の生体適合性の発現機構

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2014年03月 

    血液適合性(血小板接着抑制能)に優れた高分子材料中に観られる水の低温結晶化(昇温過程での結晶化)は,無定型氷から結晶氷への転移ではなく,単分子あるいは2-3量体の水分子が起源であることを,温度可変赤外分光法により明らかにした.これは,生体適合性材料中の特殊な水素結合ネットワーク構造を有する水の存在を否定している.さらに,生体適合性に劣る数種の高分子材料中の水の温度摂動に伴う状態変化を調査し,多くの材料中に低温結晶化水を見いだした.高分子材料のガラス転移温度および構成元素の比較により,低温結晶化水の有無は材料の生体適合性ではなく,高分子鎖の運動性および水分子の捕捉力に依存していることが判明した.

  • 一次水和水の直接観測システムの構築と固体高分子中の水の相転移解析への応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

     本研究は,赤外ポンプ-ラマンプローブ分光装置からなる一次水和水の直接観測システムを構築し,一次水和水の動態と固体高分子中の水の相転移挙動との関係を明らかにすることを目的とする

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生体界面科学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    界面分析化学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工学特論(高分子材料化学)  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工学特論(高分子材料化学)  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    環境応用化学特別研究  (2017年度)  専任

全件表示 >>