荒舘 忠 (アラダテ タダシ)

ARADATE Tadashi

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

天然物化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月 -  修士(工学)  富山県立大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   教養教育院   助教  

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   医療基礎   助教  

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 天然資源系薬学

  • 生物有機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • PACAP-mediated sperm- cumulus cell interaction promotes fertilization.

    Tanii I., Aradate T., Matsuda K., Komiya A, and Fuse H.

    Reproduction   141   163 - 171   2011年02月

    共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • サイトカインを介した精子-卵丘細胞間相互作用の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Molecular mechanism of the anti-allergic effect of the emergency food Clethra barbinervis

    The 6th International Niigata Symposium on Diet and Health  2012年10月  -  2012年10月   

  • マウス精子のハイパーアクチベーション様運動を誘導する植物成分フラバン二量体の効果

    第31回日本アンドロロジー学会  2012年06月  -  2012年06月   

  • 神経ペプチドを介する精子と卵丘細胞のクロストークとその受精における役割

    第31回日本アンドロロジー学会  (神戸)  2012年06月  -  2012年06月   

  • 精子先体PACAPによる卵丘細胞のTAC1遺伝子の発現上昇とその役割

    第117回日本解剖学会総会・学術集会  (甲府)  2012年03月  -  2012年03月   

  • マウス精子のハイパーアクチベーション様運動を誘導する植物成分の探索

    日本農芸化学会2012年度大会  (京都)  2012年03月  -  2012年03月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命科学II  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命科学Ⅱ  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    生命科学  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>