髙﨑 一朗 (タカサキ イチロウ)

TAKASAKI Ichiro

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

神経薬理学,疼痛学

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/yakuri/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    富山医科薬科大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2013年08月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   准教授  

  • 2013年08月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   生命工学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経化学・神経薬理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Screening inducers of neuronal BDNF gene transcription using primary cortical cell cultures from BDNF-luciferase transgenic mice.

    Fukuchi M, Okuno Y, Nakayama H, Nakano A, Mori H, Mitazaki S, Nakano Y, Toume K, Jo M, Takasaki I, Watanabe K, Shibahara N, Komatsu K, Tabuchi A, Tsuda M

    Scientific reports   9 ( 1 ) 11833   2019年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Bidirectional crosstalk between neutrophils and adipocytes promotes adipose tissue inflammation.

    Watanabe Y, Nagai Y, Honda H, Okamoto N, Yanagibashi T, Ogasawara M, Yamamoto S, Imamura R, Takasaki I, Hara H, Sasahara M, Arita M, Hida S, Taniguchi S, Suda T, Takatsu K

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology     fj201900477RR   2019年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Melatonin is a potential drug for the prevention of bone loss during space flight.

    Ikegame M, Hattori A, Tabata MJ, Kitamura KI, Tabuchi Y, Furusawa Y, Maruyama Y, Yamamoto T, Sekiguchi T, Matsuoka R, Hanmoto T, Ikari T, Endo M, Omori K, Nakano M, Yashima S, Ejiri S, Taya T, Nakashima H, Shimizu N, Nakamura M, Kondo T, Hayakawa K, Takasaki I, Kaminishi A, Akatsuka R, Sasayama Y, Nishiuchi T, Nara M, Iseki H, Chowdhury VS, Wada S, Ijiri K, Takeuchi T, Suzuki T, Ando H, Matsuda K, Somei M, Mishima H, Mikuni-Takagaki Y, Funahashi H, Takahashi A, Watanabe Y, Maeda M, Uchida H, Hayashi A, Kambegawa A, Seki A, Yano S, Shimazu T, Suzuki H, Hirayama J, Suzuki N

    Journal of pineal research     e12594   2019年07月

    共著

    DOI PubMed

  • The novel small-molecule antagonist of PAC1 receptor attenuates formalin-induced inflammatory pain behaviors in mice.

    Takasaki I, Nakamura K, Shimodaira A, Watanabe A, Du Nguyen H, Okada T, Toyooka N, Miyata A, Kurihara T

    Journal of pharmacological sciences     2018年12月

    共著

    DOI PubMed

  • <i>In silico</i> screening identified novel small-molecule antagonists of PAC1 receptor.

    Takasaki I, Watanabe A, Yokai M, Watanabe Y, Hayakawa D, Nagashima R, Fukuchi M, Okada T, Toyooka N, Miyata A, Gouda H, Kurihara T

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics     2018年01月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 川崎病血管炎の解明-血管微小粒子(EMPs)に焦点を当てて-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

     

  • 川崎病血管炎の解明-血管微小粒子(EMPs)に焦点を当てて-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

     

  • 川崎病血管炎の解明-血管微小粒子(EMPs)に焦点を当てて-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

  • PAC1受容体シグナリングによる疼痛慢性化機構の解明と創薬

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • PAC1受容体シグナリングによる疼痛慢性化機構の解明と創薬

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬理学・遺伝子工学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬理学・遺伝子工学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    創造ものづくり  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工学特論(薬理学Ⅰ)  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬理学Ⅰ  (2017年度)  専任

全件表示 >>