坂田 博美 (サカタ ヒロミ)

SAKATA Hiromi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

消費者行動、マーケティング、食品流通

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

    富山大学   経済学部   経営学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

    関西学院大学  商学研究科  博士課程  単位取得満期退学

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    関西学院大学  商学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2007年02月 -  博士(商学)  関西学院大学

  • 1994年03月 -  修士(商学)  関西学院大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    継続中

    富山大学   経済学部   経営学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 商学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1つは,消費経験として手芸を取り上げた消費者行動研究である.現代において,学術的に取り上げられなくなった手芸であるが,これまでの手芸研究を振り返り,家庭科教育で手芸がどのように論じられてきたのかを考察している.そして,現代盛んであるパッチワークキルトに焦点を当て,ビジネスとしての側面として女性経営者が[自宅ショップ]として経営するキルトショップの実態を研究している.
    もう1つは,食品流通研究である.大学で食品流通をテーマに食育を実践している.これまでは[豆腐]をテーマとして,原材料の大豆の生産と流通の課題について取り上げた.今後は,凝固剤である[にがり]について,その製造工程について研究を進めている.

論文 【 表示 / 非表示

  • ビジネスとしての手芸:女性による女性のための手芸専門店「キルトショップ」

    坂田博美

    月刊みんぱく ( 国立民族学博物館 )  40 ( 6 ) 18 - 19   2016年06月

    単著

  • 大豆加工食品の食育の必要性:消費者に豆腐の魅力をアピールしよう!

    坂田博美

    月刊フードジャーナル ( フードジャーナル社 )  36 ( 3 ) 52 - 55   2016年03月

    単著

  • 豆腐店におけるマーケティング活動と顧客関係 第23回これからの豆腐業界に期待すること

    坂田博美

    月刊フードジャーナル ( フードジャーナル社 )  35 ( 3 ) 48 - 51   2015年03月

    単著

  • 豆腐店におけるマーケティング活動と顧客関係 第22回移動販売について考えてみよう

    坂田博美

    月刊フードジャーナル ( フードジャーナル社 )  34 ( 12 ) 46 - 49   2014年12月

    単著

  • 生地メーカーの生地へのこだわりとキルター

    坂田博美

    ハンディクラフツ ( 日本手芸普及協会 )  ( 86 ) 22 - 23   2014年12月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 小売マーケティング研究のフロンティア

    坂田博美 (担当: 共著 )

    関西学院大学出版会  2015年03月

  • 商人家族のエスノグラフィー:零細小売商における顧客関係と家族従業

    坂田博美 (担当: 単著 )

    関西学院大学出版会  2006年06月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地域密着型小売店のマーケティングと顧客関係:小売多重ネットワーク構造に関する検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

     本研究は「小売多重ネットワーク構造を詳しく記述し、それぞれの業界において必要とされる専門知識と技術、顧客のライフスタイル提案は何かを明らかにする」ことが研究課題である。そこで、「それぞれの店主がどれだけ消費経験を持っているのか」、「それぞれの顧客のライフスタイルにおいて当該商品がどのように用いられているか」、「店主が顧客のライフスタイルにどれだけ影響を与えているか」という調査課題を設定した。平成21年度は、フィールドワークによって、手芸・豆腐・手工芸すべてのデータ収集を並行して行うことになり、手芸および手工芸において徐々に調査対象が限定されてきた。主なパッチワークキルト展として、「第6回絵画キルト展」、「インターナショナル・キルトウィーク横浜2009」、「東京国際キルトフェスティバル:布と針と糸の祭典2010」などにおいて、キルト作家の全体的なライフヒストリーやライフスタイル、教室以外での講師と生徒の相互作用をデータ収集した。また、3月に「Quilts:1700-2010」を鑑賞したことでようやく研究成果に区切りを付けることができ、来年度は、消費者行動研究コンファレンス自由論題報告での研究発表、紀要『富大経済論集』や学会誌『消費者行動研究』への投稿を行う予定である。手工芸については、作家や技法に関する知識を深めるため、ギャラリートークや講演会にもできるだけ参加しながらフィールドワークを行った。また、「テーブルウェア・フェスティバル2010」を始めとする、手工芸の展覧会での作品鑑賞や資料収集による知識が、手工芸品店主へのインタビューに活かされるようになり、今後もこのような形を継続していきたい。豆腐店に関しては、参加を予定していたセミナーが中止となり、豆腐店店主へのインタビューの機会が少なくなってしまった。来年度は開催される予定であり、フィールドワークを継続していきたい。
     本研究は「小売多重ネットワーク構造を詳しく記述し、それぞれの業界において必要とされる専門知識と技術、顧客のライフスタイル提案は何かを明らかにする」ことが研究課題である。そこで、「それぞれの店主がどれだけ消費経験を持っているのか」、「それぞれの顧客のライフスタイルにおいて当該商品がどのように用いられているか、店主が顧客のライフスタイルにどれだけ影響を与えているか」という調査課題を設定し、平成22年度は、3つの業界(手芸、豆腐、手工芸)に関するフィールドワークを行い、2つの研究成果を発表することができた。
     これまで主要作家および教室作品展にて、消費者(キルター)に同行する参与観察を行ったところ、日本人のパッチワークキルトに関する消費経験が分かってきた。そこで、論文「パッチワークキルトをめぐる快楽消費(2):手芸研究のための分析枠組み」では、日本におけるキルトの動向を紹介し、パッチワークキルトの展示会でのフィールドワーク結果を踏まえて、手芸の研究枠組みを提示した。パッチワークキルトは他の手芸とは異なる様相を見せており、手芸の中のパッチワークキルトの位置づけを行った。今年度も、予定されていた「豆腐フェア」が開催されなかったが、全国豆腐油揚商工組合連合会が主催した高齢者雇用推進セミナーで北陸の組合員に講演を行うことができた。その講演に基づき、論文「地域密着型小売店におけるマーケティング活動と顧客関係:豆腐店のフィールドワークに基づいて」をまとめた。豆腐店のマーケティングおよび顧客関係に関する現状を概観しながら、「豆腐の消費拡大」という課題に対して、地域密着型小売店がどのようなマーケティング活動を行い、顧客関係を構築していけばいいのかを検討した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 買い物弱者対策としての豆腐の移動販売における課題:富山県の事例

    第7回北陸地域政策研究フォーラム  (石川県政記念しいのき迎賓館)  2017年01月  -  2017年01月   

  • 日本の家族経営小売店の顧客関係:事例に基づいて

    IUAES 2013  (University of Manchester)  2013年08月  -  2013年08月   

  • 自由論題報告:自己目的志向の小売商業:キルトショップ・オーナーの事例分析

    日本商業学会第3回全国研究報告会  (広島経済大学)  2012年12月  -  2012年12月   

  • 日本の豆腐業界の現状:マーケティングの必要性

    2012中国国際ダイズ食品加工技術と設備の展覧会  (Shanghai Everbright International Hotel)  2012年04月  -  2012年04月   

  • 自由論題報告:パッチワークキルトをめぐる快楽消費:手芸の分析枠組み

    第43回消費者行動コンファレンス自由論題報告  (関西大学高槻ミューズキャンパス)  2011年11月  -  2011年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    消費者行動論特殊研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    基礎ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年08月
    -
    2017年09月

    インターンシップ  (2017年度)  専任

  • 2017年08月
    -
    2017年09月

    インターンシップ  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    消費者行動論演習  (2017年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 課題研究指導

    2014年04月
    -
    継続中

    富山県立富山高等学校で、広告の効果についての調査を指導している。

  • 課題研究指導

    2012年03月
    -
    2012年08月

    富山県立富山高等学校にて、お菓子の選択行動についての調査を指導した

  • 大豆の需要拡大に関する講演会

    2012年02月
     
     

    「大豆加工食品の販売拡大を目指して:豆腐店のフィールドワークに基づいて」をテーマに講演を行った。

  • 平成23年度富山大学富山駅前サテライト公開講

    2011年12月
     
     

    「手芸の魅力とは?:パッチワークキルトを通じて」をテーマに講演を行った。

  • 高齢者雇用推進セミナー

    2011年11月
     
     

    「豆腐店のこだわりとファンの獲得:元気な豆腐屋さんになるにはどうしたらいいか」をテーマに講演を行った。