春木 孝之 (ハルキ タカユキ)

HARUKI Takayuki

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

プラズマ物理

ホームページ

http://simulate.eng.u-toyama.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(工学)  富山大学

  • 2000年03月 -  修士(工学)  富山大学

  • 1998年03月 -  学士(工学)  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   講師  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   知能情報工学科   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年07月
    -
    2009年03月

      名古屋大学大学院 情報科学研究科   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本シミュレーション学会

  • 2009年01月
    -
    継続中
     

    プラズマ・核融合学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • プラズマ科学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 研究目的は,様々な条件下におけるプラズマの振る舞いを解析して,物理現象を理解し,工学へ応用することである.研究手法は数値シミュレーションであり,[波と粒子の相互作用],[非熱的粒子加速]等の効果が含まれる Particle-In-Cell (PIC) コードを用いる.当然,莫大な計算コストがかかるため,効率的な数値計算,並列処理等も欠かせない.
    この PIC シミュレーションにより得られたデータを解析し,プラズマ中の[不安定性],[磁気再結合],[エネルギー変換過程],[波の励起機構]等の物理過程を理解する.3 次元データの場合,可視化の工夫も必要である.[宇宙天気予報],[核融合エネルギー発電]等の理解に役立たせる.

論文 【 表示 / 非表示

  • Accuracy of Rayleigh wave analysis using the moving particle simulation method

    Masahiro SATO, Tsubasa NAKANO and Takayuki HARUKI

    Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science   2015   20150013   2015年10月

    共著

  • 2-D Particle-In-Cell Simulations of the Coalescence of Sixteen Current Filaments in Plasmas

    Kazuki IWATA, Takayuki HARUKI, Masahiro SATO

    Plasma and Fusion Research   9 ( 2 ) 3401072-1 - 3401072-4   2014年06月

    共著

  • Particle-In-Cell Simulations of Magnetic Reconnection at the X-Point Collapse in a Hydrogen-Helium Plasma

    Takayuki Haruki

    Proceedings of 30th JSST Annual Conference (JSST 2011)     441 - 446   2011年10月

    単著

  • Simulations of plasma heating caused by the coalescence of multiple current loops in a proton-boron fusion plasma

    T. Haruki, H. R. Yousefi, J.-I. Sakai

    Physics of Plasmas   17 ( 3 ) 032504   2010年03月

    共著

  • Simulations of effective heating in heavy-ion beam-fusion: High density plasmas in plasma focus devices

    H.R. Yousefi, T. Haruki, J.I. Sakai, A. Lumanta, K. Masugata

    Physics Letters A   373 ( 27-28 ) 2360 - 2363   2009年06月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 分子動力学シミュレーションによるハチ毒ペプチド Sculpin の解析

    春木 孝之

    日本ペプチド学会ニュースレター ( 日本ペプチド学会 )  88   5 - 8   2013年04月

    総説・解説(その他)   単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 試料解析装置、試料解析方法、及び試料解析プログラム

    特願 特願2013-003698  特許 6120212

    春木 孝之,紺野 勝弘,梅嵜 雅人

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フォーカス核融合のおける電流フィラメントの数値シミュレーション

    提供機関:  富山大学  学長裁量経費(教育研究活性化等経費)

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 接触不連続の Vlasov シミュレーション

    プラズマ科学のフロンティア2017研究会  (核融合科学研究所 管理棟4階 第1-2会議室)  2017年08月  -  2017年08月   

  • カウンターストリーム不安定のブラソフシミュレーション

    第332回生存圏シンポジウム 宇宙プラズマ波動研究会  2016年12月  -  2016年12月   

  • Vlasov シミュレーションにおける保存型無振動スキームのパラメータ特性

    地球電磁気・地球惑星圏学会 (SGEPSS) 第140回総会・講演会  2016年11月  -  2016年11月   

  • 質量分析データの差分解析

    PME 養成プログラム 第2回公開シンポジウム  (富山大学工学部)  2016年03月  -  2016年03月   

  • 並列計算について

    平成27年度学長裁量経費共同研究報告会 医薬学と複雑系数理学からの挑戦  (富山大学 杉谷キャンパス 薬学部 新棟セミナー室8)  2016年03月  -  2016年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    プラズマ物理学特論  (2016年度)  専任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    シミュレ-ション工学特論第2  (2016年度)  専任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    知能情報工学実験B  (2016年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    数値解析  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    自由製作実験  (2016年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
     
     

    科学マジックショー

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 親子で科学マジック体験(池田小学校)

    2017年07月
     
     

  • おもしろ科学実験in歌の森(歌の森小学校)

    2017年07月
     
     

  • 科学実験体験会

    2016年08月
     
     

  • サイエンスアゴラ2015 (科学技術振興機構)

    2015年11月
     
     

  • 所さんの目がテン!TV出演(KNB,富山エリア)

    2015年04月
     
     

全件表示 >>