小川 太郎 (オガワ タロウ)

OGAWA Taro

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

漆工芸、乾漆、螺鈿、平文、CAD、3Dモデリング

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月 -  学士(芸術学)  国立高岡短期大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    継続中

    富山大学   芸術文化学部   芸術文化学科   講師  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 芸術学

 

作品 【 表示 / 非表示

  • 乾漆朱塗合子「螺」 第28回 日本伝統漆芸展

    芸術活動 

    2011年01月
     
     
     

  • 乾漆平文食籠 第49回 日本伝統工芸富山展

    芸術活動 

    2010年05月
     
     
     

  • 変わり塗り 若手漆芸家による腕時計文字盤作品展

    芸術活動 

    2010年03月
     
     
     

  • 乾漆平文食籠 第48回 日本伝統工芸富山展 奨励賞

    芸術活動 

    2009年05月
     
     
     

  • 乾漆平文八角文様箱 (第24回日本伝統漆芸展)

    芸術活動 

    2007年01月
     
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    漆工芸特別演習E  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    特別講義(海外研修プログラム入門セミナー)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    漆工素地制作B  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    デジタルモデリング  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    漆加飾C  (2017年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 漆と親しむ-螺鈿(らでん)で加飾する菓子皿

    2013年04月
    -
    2013年06月

    今回は螺鈿(らでん:貝を用いて加飾をおこなう技法)の中でも、薄貝又は青貝と呼ばれる厚さ0.08㍉程度の厚みの貝を用いて菓子皿に加飾をしていきます。
     18cm程度の使い勝手の良いお皿2枚に対し、貝の加工から、漆での貝の貼付け、漆の塗りまでをおこないます。
     道具はこちらで用意しておりますので、漆には触れた事の無いと言う初心者の方も大歓迎です。

  • 漆と親しむ-気軽に使える片口の制作-

    2012年04月
    -
    2012年06月

    今回は、大ぶりのお椀に注ぎ口が付いた、片口という器の制作を致します。
    片口特有の存在感のある形状は、置いてあるだけでも楽しく、ドレッシング、ソース等を注ぐ器としても、酒器や一般的な器としても幅広くお使い頂ける器です。
    自らつくった漆器を御自宅で使って頂く事で、漆という素材を身近に感じていただければ幸いです。
    道具はこちらで用意しておりますので、漆には触れた事の無いと言う初心者の方も大歓迎です。

  • 産学官連携事業 漆木育成実験事業

    2010年04月
    -
    継続中