小林 栄治 (コバヤシ エイジ)

KOBAYASHI Eiji

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

免疫学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月 -  博士(医学)  東北大学

  • 2002年03月 -  修士(自然科学)  新潟大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年01月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   環境生体防御医学系   助教  

  • 2011年01月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 抗原特異的T細胞の1個1個からT細胞のセンサーであるT細胞受容体遺伝子をクローニングし,その遺伝子の抗原特異性を評価するまでを10日間という極めて短期間で行うシステムを確立した.このシステムを用い,新たながんや感染症の治療法の開発を行っている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Retroviral vectors for homologous recombination provide efficient cloning and expression in mammalian cells.

    Kobayashi E, Kishi H, Ozawa T, Horii M, Hamana H, Nagai T, Muraguchi A.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.     2014年02月

    共著

  • A novel system for cloning human TCRs: Cutting short the way to TCR-based anticancer therapy.

    Kobayashi E, Kishi H, Muraguchi A.

    Oncoimmunology.     2014年01月

    共著

  • A novel cloning and expression system yields and validates TCRs from blood lymphocytes of cancer patients within 10 days

    Kobayashi E, Mizukoshi E, Kishi H, Ozawa T, Hamana H, Nagai T, Nakagawa H, Jin S, Kaneko S and Muraguchi A.

    Nat. Med.     2013年11月

    共著

  • Cleavage of the interchain disulfide bonds in rituximab increases its affinity for Fcgamma RIIIA

    Suzuki M, Yamanoi A, Machino Y, Kobayashi E, Fukuchi K, Tsukimoto M, Kojima S, Kohroki J, Akimoto K, Masuho Y.

    Biochem. Biophys. Res. Commun     2013年07月

    共著

  • The binding affinity of a soluble TCR-Fc fusion protein is significantly improved by crosslinkage with an anti-Cβ antibody

    Ozawa T, Horii M, Kobayashi E, Jin A, Kishi H, Muraguchi A.

    Biochem. Biophys. Res. Commun     2012年06月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 次世代チップT-ISAACを用いたジカ熱、エイズペプチドワクチンの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 革新的細胞チップ技術を用いた感染症に対する個の免疫医療の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 新規T細胞受容体単離システムを応用した慢性肝炎治療用ペプチドワクチンの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    本研究では我々が独自に開発したT細胞受容体(TCR)遺伝子クローニングシステムを用い、C型肝炎ウイルス(HCV)特異的TCR遺伝子の網羅的なクローニングを行い、エピトープに対するそれぞれのTCRの親和性を解析する。 HCVの構成タンパク質について計90個の抗原候補ペプチドを予測した後、慢性肝炎患者でHLA-A24陽性患者10人の末梢血リンパ球を上記ペプチドカクテルで刺激し、活性化するCD8+T細胞を検出した。その結果、4人の患者から活性化したCD8+T細胞が検出された。今後はこれら活性化したCD8+T細胞からTCRのクローニングを行い、クローニングしたTCRの親和性比較を行う。

  • がん治療へ向けた腫瘍特異的T細胞の超迅速検出・取得法の開発

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    がんに特異的な細胞障害性T細胞(CTL)を効率良く見つける方法を開発できれば、がんの免疫療法に寄与することができる。我々は、これまでに、リンパ球がちょうど1個入る大きさ・形状の微小ウェルが約25万個規則正しく配置されたマイクロウェルアレイチップを用いて、チップ上で抗原ペプチド刺激に反応しサイトカインを分泌する細胞を、単一細胞レベルで検出することにより、抗原特異的T細胞を検出するシステムを開発した。本研究をさらに発展させることで、頻度の低い、がん特異的T細胞の検出、TCRの取得などに大きな力を発揮し、がんの免疫療法の発展に寄与できると期待される。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Cloning and functional analysis of human telomerase reverse transcriptase (hTERT)-specific TCRs from peptide-vaccinated patients

    第42回日本免疫学会  2013年11月  -  2013年11月   

  • A novel cloning system of human antigen-specific TCRs can confer the candidates for cancer gene therapy

    日本癌癌学会  2013年10月  -  2013年10月   

  • Cloning of human antigen-specific TCRs can confer the candidates for cancer gene therapy

    第15回国際免疫学会  2013年08月  -  2013年08月   

  • A novel human TCR efficient cloning system confers candidate for TCR gene therapy within 10 days

    第27回がん免疫治療学会  2012年10月  -  2012年10月   

  • 抗原特異的T細胞受容体遺伝子の超迅速クローニングシステムの構築

    第16回日本がん免疫学会総会  2012年07月  -  2012年07月   

全件表示 >>