井上 将彦 (イノウエ マサヒコ)

INOUYE Masahiko

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ケミカルバイオロジー

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/yakka/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1990年07月 -  工学博士  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   教授  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   教授  

  • 2005年10月
    -
    2006年03月

    富山大学   薬学部   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生体関連化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 合成化学を基盤とするケミカルバイオロジー

論文 【 表示 / 非表示

  • Syntheses and electrochemical properties of novel aminopyrimidinonederivatives as a new class of abasic-site binders

    Chiba Junya , Doi Yasuhiro , Inouye Masahiko

    RESEARCH ON CHEMICAL INTERMEDIATES   39 ( 1, SI ) 177 - 183   2013年04月

    共著

    DOI

  • Versatile synthesis of fluorescent, cross-linked peptides as biologicalprobes with the advantage of high helix content

    Fujimoto Kazuhisa , Kajino Masaoki , Inouye Masahiko

    RESEARCH ON CHEMICAL INTERMEDIATES   39 ( 1, SI ) 311 - 319   2013年04月

    共著

    DOI

  • IMPROVEMENT OF HELIX-FORMING ABILITY OF MANNOSIDE-LINKED ETHYNYLPYRIDINEOLIGOMERS CONSTRUCTED BY CONVERGENT SYNTHESIS

    Abe Hajime , Makida Hiroki , Inouye Masahiko

    HETEROCYCLES   86 ( 2 ) 955 - 963   2012年12月

    共著

    DOI

  • Furanose ring conformations in a 1 `-alkynyl C-nucleoside and thedinucleotide

    Chiba Junya , Shirato Wataru , Yamade Yusuke , Kim Byung-Soon, Matsumoto Shinya , Inouye Masahiko

    TETRAHEDRON   68 ( 44 ) 9045 - 9049   2012年11月

    共著

    DOI

  • Photoswitchable, DNA-Binding Helical Peptides Assembled with TwoIndependently Designed Sequences for Photoregulation and DNA Recognition

    Fujimoto Kazuhisa , Kajino Masaoki , Sakaguchi Ikumi , InouyeMasahiko

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   18 ( 32 ) 9834 - 9840   2012年08月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 有機機能性材料化学

    井上将彦 他 (担当: 単著 )

    富山大学  2008年04月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会 研究企画賞

    1995年03月   有機合成化学協会  

    受賞者:  井上将彦

  • 日本化学会 進歩賞

    1995年03月   日本化学会  

    受賞者:  井上将彦

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人工的なDNA類似体を基質とする核酸関連酵素反応の解析とその化学的深化

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • 紫外光励起に対して極限まで耐久性を持たせた青色発光分子の開発とその応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • ロタキサン形成を分子のキラル配向制御に用いる円偏光発光材料の創製とその一般化

    新学術領域研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 自己構造化と複製能力をもつ人工オリゴマーの創出とリボザイム型分子触媒への展開

    萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    薬科学演習  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    国際医薬学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    分子薬科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>