井上 蘭 (イノウエ ラン)

INOUE Ran

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

記憶, ストレス, 遺伝子組み換えマウス作製

ホームページ

http://www.med.u-toyama.ac.jp/molneurosci/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  医学博士  富山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   認知・情動脳科学系   助教  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Is D-aspartate produced by glutamic-oxaloacetic transaminase-1 like 1 (Got1l1): a putative aspartate racemase?

    Tanaka-Hayashi A, Hayashi S, Inoue R, Ito T, Konno K, Yoshida T, Watanabe M, Yoshimura T, Mori H.

    Amino Acids.     2015年01月

    共著

  • Increased production of intestinal immunoglobulins in Syntenin-1-deficient mice.

    Tamura K, Ikutani M, Yoshida T, Tanaka-Hayashi A, Yanagibashi T, Inoue R, Nagai Y, Adachi Y, Miyawaki T, Takatsu K, Mori H.

    Immunobiology     2014年12月

    共著

  • Increased sensitivity to inflammatory pain induced by subcutaneous formalin injection in serine racemase knock-out mice.

    Tabata-Imai A, Inoue R, Mori H.

    PLoS One.     2014年08月

    共著

  • Localization of serine racemase and its role in the skin.D11:O14D11:R14D11:S14D11:T14D11:U14D11:V14D11:W14D11D11:W21

    Inoue R, Yoshihisa Y, Tojo Y, Okamura C, Yoshida Y, Kishimoto J, Luan X, Watanabe M, Mizuguchi M, Nabeshima Y, Hamase K, Matsunaga K, Shimizu T, Mori H.

    J Invest Dermatol     2014年06月

    共著

  • Decreased levels of free D-aspartic acid in the forebrain of serine racemase (Srr) knock-out mice.

    Horio M, Ishima T, Fujita Y, Inoue R, Mori H, Hashimoto K.

    Neurochem Int.     2013年05月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ストレス負荷時の恐怖記憶制御における扁桃体グルココルチコイド受容体の機能解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 恐怖記憶の制御機構における扁桃体グルココルチコイド受容体の機能解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中