杉本 健士 (スギモト ケンジ)

SUGIMOTO Kenji

写真a

職名

准教授

生年

1977年04月

研究分野・キーワード

有機合成化学

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/mediche2/seizou_jp/Home.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    東北大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    東北大学  薬学研究科  創薬化学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月 -  博士(薬学)  東北大学

  • 2002年03月 -  修士(薬学)  東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年01月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   准教授  

  • 2012年01月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年09月

      東北大学大学院   薬学研究科   助教

  • 2005年05月
    -
    2007年03月

      東北大学大学院   薬学研究科   助手

  • 2005年04月
     
     

      東北大学大学院   薬学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
     
     

    日本薬学会第4回若手薬学教育者のためのアドバンストワークショップ

  • 2018年04月
     
     

    第21回認定実務実習指導薬剤師養成のためのワークショップ(薬学教育者ワークショップ)in北陸

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthetic studies on Pyrroloindolizidine Skeleton Based on Gold-Catalyzed Hydroamination–Enamine Cyclization–Ring-Closing Metathesis Strategy

    Sugimoto, K.; Matsuo, N., Tominaga, D.; Matsuya, Y.

    Heterocycles   in press   2018年

    共著

    DOI

  • Synthetic Studies toward Isoschizogamine: Construction of Pentacyclic Core Structure

    Sugimoto, K.; Fujiwara, H.; Takada, A.; Kim, D.-G.; Ueda, H.; Tokuyama, H.

    Heterocycles   98   1028 - 1049   2018年

    共著

    DOI

  • Stereoselective Synthesis of a Pivotal Chiral Intermediate for Natural Salicylic Macrolides

    Oguma, Y.; Yamamoto, N.; Sugimoto, K.; Matsuya, Y.

    Heterocycles   97   283 - 291   2018年

    共著

    DOI

  • A macrosphelides as the unexpected product of a Pleurotus ostreatus strain-mediated biotransformation of halolactones containing the gem-dimethylcyclohexane ring. Part 1.

    Winska, K.; Maczka, W.; Grabarczyk, M.; Sugimoto, K.; Matsuya, Y.; Szumny, A.; Aniol, M.

    Molecules   21   859 - 869   2016年

    共著

    DOI

  • Synthetic Study towards Construction of Potential Scaffold of Antitumor Agents Andrastins

    Yin, S.; Sugimoto, K.; Nemoto, H.; Matsuya, Y.

    Heterocycles     accepted   2016年

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Brook型転位を鍵段階とした連続的分子変換システムの開発

    松谷裕二、杉本健士

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  76   1281 - 1290   2018年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 連続反応を基盤とした含窒素複素環の新規構築法の開発

    杉本健士

    薬学雑誌 ( 日本薬学会 )  138   1151 - 1161   2018年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Recent applications of gold-catalyzed cascade reactions in total synthesis of natural product

    Kenji Sugimoto, Yuji Matsuya

    Tetrahedron Lett. ( Elsevier )  58   4420 - 4426   2017年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • つくってみたらこんなことが見えてきた ー多環式アルカロイドの不斉全合成ー

    杉本健士、松谷裕二

    化学 ( 化学同人 )  72   64 - 65   2017年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 最小の芳香環が大きな後押し!新たな有機超塩基・シクロプロペンイミン

    杉本健士

    ファルマシア ( 日本薬学会 )  49   65   2013年01月

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会北陸支部学術奨励賞

    2017年   日本薬学会  

    受賞者:  杉本健士

  • 有機合成化学協会 旭化成ファーマ研究企画賞

    2016年   有機合成化学協会  

    受賞者:  杉本健士

  • 日本薬学会東北支部奨励賞

    2010年   日本薬学会  

    受賞者:  杉本健士

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • オートタンデム触媒作用による新規多成分集約型1,4-ジヒドロピリジン構築法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 構造解明と構造活性相関研究を指向したCJ-12,950の収束的合成法の開拓

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 多連続環化反応によるピロロインドリジン一挙構築法の開発とアルカロイド合成への展開

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    目的とする分子内連続環化反応に最適な触媒およびその他の条件について精査したところ、カチオン性金触媒存在下にて三重結合の活性化、6-exo-dig型環化、アゾメチンイリドの発生が首尾よく進行し、インドリジンを単一の成績体として与えた。結晶性誘導体のX線結晶構造解析を行うことで、立体選択性の発現機構を明らかとした。最終段階のエナミンの環化反応に関してはオレフィンの異性化が問題となったため、それを排除した分子間反応を設計し研究を進めた。その結果、求電子部位としてはトリフルオロエチルエステルが最適であり、目的としたヒドロキシピロール形成までが一挙に進行し、ピロロピロリジジンを与えることが分かった。

  • 金触媒による連続環化反応の開発および生理活性アルカロイド合成への展開

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

    金触媒によるインアミドの連続的環化反応の開発を行い、本法を活用した抗がん活性アルカロイド・ラジニラムの不斉全合成を達成した。

  • 抗がん活性アルカロイド・ハオーアミン類の新規合成法の開発と絶対立体化学の決定

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

    光学活性なベータラクタムを合成中間体として、ハオーアミン類の合成経路の確立を行った。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    分子薬科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医療分子科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    化学系実習(有機化学)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学Ⅲ(新カリ)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学Ⅱ(旧カリ)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    日本薬学会   ファルマシアトピックス小委員

  • 2016年04月
    -
    2021年03月

    日本薬学会   次世代シンポジウム世話人

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    有機合成化学協会   有機合成化学協会誌編集協力委員

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    日本薬学会   第17回次世代シンポジウム実行委員長

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員

    2014年
    -
    2019年