稲寺 秀邦 (イナデラ ヒデクニ)

INADERA Hidekuni

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

公衆衛生学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年06月 -  博士(医学)  千葉大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   環境生体防御医学系   教授  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

  • 衛生学・公衆衛生学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 環境保健,産業保健,衛生学,公衆衛生学に関する研究を行っている.子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)に携わっている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular mechanisms of hyperthermia-induced apoptosis enhanced by docosahexaenoic acid: implication for cancer therapy.

    Cui ZG, Piao JL, Kondo T, Ogawa R, Tsuneyama K, Zhao QL, Feril LB, and Inadera H.

    Chem Biol Interact.   215   46 - 53   2014年

    共著

  • Molecular mechanisms of hyperthermia-induced apoptosis enhanced by withaferin A.

    Cui ZG, Piao JL, Rehman MUR, Ogawa R, Li P, Zhao QL, Kondo T, and Inadera H.

    Eur. J. Pharmacol.   723   99 - 107   2014年

    共著

  • Abnormalities in the fatty acid composition of the postmortem entorhinal cortex of patients with schizophrenia, bipolar disorder, and major depressive disorder.

    Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H.

    Psychiatry Res.   210 ( 1 ) 346 - 350   2013年

    共著

  • Fatty acid composition in the postmortem amygdala of patients with shizophrenia, bipolar disorder, and major depressive disorder.

    Hamazaki K., Hamazaki T., and Inadera H.

    J. Psychiatr. Res.   46 ( 8 ) 1024 - 1028   2012年

    共著

  • Docosahexaenoic acid is an independent predictor of all-cause mortality in hemodialysis patients.

    Hamazaki K., Terashima Y., Itomura M., Sawazaki S., Inagaki H., Kuroda M., Tomita S., Hirata H., Inadera H., and Hamazaki T.

    Am. J. Nephrol.   33 ( 2 ) 105 - 110   2011年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Developmental origins of obesity and type 2 diabetes: molecular aspects and role of chemicals.

    Inadera H

    Env. Health Prev. Med. ( Springer )  18 ( 3 ) 185 - 197   2013年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • The usefulness of circulating adipokine levels for the assessment of obesity-related health problems.

    Inadera H

    Int. J.Med.Sci. ( Ivyspring )  5 ( 5 ) 248 - 262   2008年

    総説・解説(その他)   単著

  • The immune system as a target for environmental chemicals: xenoestrogens and other compounds.

    Inadera H

    Toxicol. Lett. ( Elsevier )  164 ( 3 ) 191 - 206   2006年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ピレスロイド系農薬は本当に安全か?インスリン抵抗性誘導の分子メカニズムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 希少糖を用いた糖尿病の新しい治療戦略

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 低用量カドミウムによるエストロゲン受容体活性化を制御する特異的なmiRNAの特定

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 化学物質の生体での毒性を予測するためのバイオインフォマティクスツールの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    環境保健学  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    医科学演習  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    社会医学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    医科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    社会医学(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>