青木 一真 (アオキ カズマ)

AOKI Kazuma

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

雲,エアロゾル,地球環境

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(地球環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   理学部   地球科学科   教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 気象・海洋物理・陸水学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 青木研究室(大気物理学研究室)は,雲や大気エアロゾルの光学的特性の時間・空間変動を知るために,極域から熱帯,山岳から海洋まで,世界中で太陽放射観測等を行い,それらが気候にどのような影響を与えているかについて研究を行っています.また,それらの研究を主軸に,様々な分野の研究者と一緒に他分野融合による地球環境の研究課題に取り組んでいます.

論文 【 表示 / 非表示

  • Airborne Microbial Communities at High-Altitude and Suburban Sites in Toyama, Japan Suggest a New Perspective for Bioprospecting

    Tanaka, D.,K.Sato,M.Goto,S.Fujiyoshi, F.Maruyama, S. Takato, T.Shimada, A.Sakatoku, K.Aoki and S.Nakamura

    Front. Bioeng. Biotechnol     2019年02月

    共著

    DOI

  • Idenntification of Long-range Transported Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Snow at Mt. Tateyama, Japan

    Hayakawa,K., N.Tang, E.G.Nagato, A.Toriba, and K.Aoki

    Aerosol and Air Quality Research     2019年

    共著

    DOI

  • 立山黒部アルペンルートにおける積雪観測と異なる水平解像度の非静力学地域気候モデル(NHRCM)を用いた積雪再現実験の比較

    川瀬宏明、飯田肇、青木一真、島田亙、野坂真也、村田昭彦、佐々木秀孝

    地学雑誌     2019年

    共著

  • Long-range-transported bioaerosols captured in snow cover on Mount Tateyama, Japan: impacts of Asian-dust events on airborne bacterial dynamics relating to ice-nucleation activities

    Maki, T., Furumoto, S., Asahi, Y., Lee, K. C., Watanabe, K., Aoki, K., Murakami, M., Tajiri, T., Hasegawa, H., Mashio, A., and Iwasaka, Y

    Atmos. Chem. Phys.,   18   8155 - 8171   2018年06月

    共著

    DOI

  • Simulation of extremely small amounts of snowobserved at high elevations over the Japanese NorthernAlps in the 2015/16 winter

    Kawase, H.,A. Yamazaki, H. Iida, K.Aoki,W. Shimada,H. Sasaki,A. Murata,and M Nosaka

    SOLA ( 日本気象学会 )  14   39 - 45   2018年02月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 自然と経済から見つめる北東アジアの環境:増補改訂(第10章執筆:大気環境の汚染

    和田直也、今村弘子編著(青木一真分担執筆) (担当: 共著 )

    富山大学  2018年09月

  • 黄砂(第4.1.3節執筆:放射計による観測)

    岩坂泰信他編(青木一真分担執筆) (担当: 共著 )

    富山大学  2009年04月

  • 自然と経済から見つめる北東アジアの環境(第10章執筆:大気環境の汚染

    共著 青木一真他 (担当: 共著 )

    富山大学出版会  2009年04月

  • エアロゾルの気候と大気環境への影響(第6章執筆:太陽放射観測から見るエアロゾル)

    共著 青木一真他 (担当: 共著 )

    気象研究ノート  2008年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 大学という場所

    青木一真

    実業之富山     2018年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 天気予報は、曇り時々雨か雪

    青木一真

    実業之富山     2018年02月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 二度目の……

    青木一真

    実業之富山     2018年01月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 美ら海の友

    青木一真

    実業之富山     2017年12月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • トラムのある街

    青木一真

    実業之富山     2017年11月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 太陽放射観測による雲・エアロゾルの光学的特性の時空間代表性が気候問題に与える影響

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 網走地方気象台におけるエアロゾルの光学的特性の観測

    網走地方気象台セミナー  (網走)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 30年後の寒ブリは? ー富山から観た気候変動ー

    2018年度富山大学理学部同窓会富山支部 文化講演会  (富山)  2019年03月  -  2019年03月   

  • Study of influence of temporal and spatial scale of solar radiation measurements on validation of GCOM-C/SGLI

    Joint PI Workshop of Global Environment Observation Mission 2018  (Tokyo)  2019年01月  -  2019年01月   

  • Long-term Observation of Maritime Aerosol Optical Properties measured by ship-borne sky radiometer

    AGU Fall Meeting 2018  (Washinton DC, USA)  2018年12月  -  2018年12月   

  • 立山研究の現状と今後

    第14回立山研究会  (富山)  2018年11月  -  2018年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    地球科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    地球生命環境理学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    基礎地球科学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    地球科学専攻セミナー  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 北陸銀行高岡広小路支店 北広会「講演会」

    2014年09月
     
     

  • 富山県立富山南高等学校理学部紹介

    2014年08月
     
     

  • 富山県立滑川高等学校出前授業

    2014年07月
     
     

  • 富山県立富山高等学校立山実習事前授業

    2014年07月
     
     

  • 富山県立小杉高等学校理学部訪問

    2014年07月
     
     

全件表示 >>