石本 哲也 (イシモト テツヤ)

ISHIMOTO Tetsuya

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

神経科学、分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月 -  博士(理学)  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   認知・情動脳科学系   助教  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 分子神経科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Discovery of novel adenylyl cyclase inhibitor by cell-based screening.

    Mano H., *Ishimoto T. Mori H.

    Biol. Pharm. Bull.     2014年10月

    共著

  • In silico and pharmacological screenings identify novel serine racemase inhibitors.

    *Mori H., Wada R., Li J., Ishimoto T., Mizuguchi M., Obita T., *Gouda H., Hirono S., *Toyooka N.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.     2014年08月

    共著

  • Development of a therapeutically important radiation induced promoter.

    *Ogawa R., Morii A., Watanabe A., Cui Z. G., Kagiya G., Fukuda S., Kume K., Hasegawa T., Hatashita M., Izumi H., Ishimoto T., Feril L. B.

    Bioengineered     2014年01月

    共著

  • Regulation of gene expression in retrovirus vectors by X-ray and proton beam radiation with artificially constructed promoters.

    *Ogawa R., Morii A., Watanabe A., Cui Z. G., Kagiya G., Fukuda S., Kume K., Hasegawa T., Hatashita M., Izumi H., Ishimoto T., Feril L. B.

    J. Gen. Med.     2012年05月

    共著

  • Measuring CREB activation using bioluminescent probes that detect KID−KIX interaction in living cells.

    Ishimoto T., Mano H., Ozawa T., Mori H.

    Bioconjug. Chem.     2012年04月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Chemical CALI法の確立とそれを用いた生体内蛋白質の機能操作

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • 発光でCREB活性化を計測できるマウスを用いたうつ病からの回復メカニズム解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中