折笠 秀樹 (オリガサ ヒデキ)

ORIGASA Hideki

写真a

職名

教授

生年

1956年02月

研究室住所

富山市杉谷2630 富山大学杉谷キャンパス看護棟3F

研究分野・キーワード

臨床統計学、臨床疫学、臨床試験、観察研究、QOL評価、メタアナリシス、予後予測モデリング、統計教育、薬剤疫学

研究室電話

076-434-5184

研究室FAX

076-434-5184

ホームページ

http://www.med.u-toyama.ac.jp/biostat/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1988年08月 -  博士(学術)  ノースキャロライナ大学(アメリカ合衆国)

  • 1985年08月 -  修士(学術)  ノースキャロライナ大学(アメリカ合衆国)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   医療基礎   教授  

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1983年08月

      関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)   医用情報研究所   職員(医療系)

  • 1988年04月
    -
    1992年02月

      エ-ザイ株式会社   研究開発本部   研究員

  • 1992年03月
    -
    1994年09月

      自治医科大学附属大宮医療センター   医療情報部   助手

  • 1994年10月
    -
    2005年09月

      富山医科薬科大学   医学部統計・情報科学   教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    臨床研究適正評価教育機構

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    国際薬剤疫学会(International Society for Pharmacoepidemiology)

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本糖尿病学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    医薬品医療機器総合機構 専門委員

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本統計学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医学統計

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1.患者のQOL評価
    調査票の開発と方法論の評価
    2.臨床試験
    計画と解析
    ガイドライン策定及び評価
    3.医学データの統計解析
    方法と応用
    予後予測モデルの開発
    服薬遵守の要因分析
    臨床疫学とEBM
    4.脳卒中領域の診療ガイドライン策定
    EBMの教育と普及
    臨床論文の読み方

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of a novel biomarker, T-LAK cell-originating protein kinase (TOPK) expression on outcome in malignant glioma.

    Hayashi T, Hayakawa Y, Koh M, Tomita T, Nagai S, Kashiwazaki D, Sugimori M, Origasa H, Kuroda S

    Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology     2017年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Dietary intake of fish and n-3 polyunsaturated fatty acids and risks of perinatal depression: The Japan Environment and Children's Study (JECS).

    Hamazaki K, Takamori A, Tsuchida A, Kigawa M, Tanaka T, Ito M, Adachi Y, Saito S, Origasa H, Inadera H, Japan Environment and Children's Study (JECS) Group.

    Journal of psychiatric research   98   9 - 16   2017年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Endothelin-1 may play an important role in the Fontan circulation.

    Aoki M, Hirono K, Higuma T, Suzuki Y, Nakayama K, Ichida F, Origasa H, Nishida N, Imura J, Emoto N, Yoshimura N

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery     2017年11月

    共著

    DOI PubMed

  • Factors Associated with Intima-Media Complex Thickness of the Common Carotid Artery in Japanese Noncardioembolic Stroke Patients with Hyperlipidemia: The J-STARS Echo Study.

    Wada S, Koga M, Toyoda K, Minematsu K, Yasaka M, Nagai Y, Aoki S, Nezu T, Hosomi N, Kagimura T, Origasa H, Kamiyama K, Suzuki R, Ohtsuki T, Maruyama H, Kitagawa K, Uchiyama S, Matsumoto M, Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke (J-STARS) Echo Study Collaborators.

    Journal of atherosclerosis and thrombosis ( 一般社団法人 日本動脈硬化学会 )    2017年11月

    共著

    DOI PubMed CiNii

  • Reduction in High-Sensitivity C-Reactive Protein Levels in Patients with Ischemic Stroke by Statin Treatment: Hs-CRP Sub-Study in J-STARS.

    Kitagawa K, Hosomi N, Nagai Y, Kagimura T, Ohtsuki T, Origasa H, Minematsu K, Uchiyama S, Nakamura M, Matsumoto M, J-STARS Investigators.

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   24 ( 10 ) 1039 - 1047   2017年10月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 非劣性試験の正しい見方.

    折笠 秀樹

    日本医事新報 ( 日本医事新報社 )  4706   46 - 49   2014年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 欠測データの取り扱い:概論.「特集:臨床試験における欠測データの取扱い:最新の動向」

    折笠 秀樹

    臨床薬理 ( 日本臨床薬理学会 )  45 ( 4 ) 125 - 129   2014年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • アダプティブデザインとデータモニタリング委員会

    折笠 秀樹

    医学のあゆみ ( 医歯薬出版 )  244 ( 13 ) 1243 - 1246   2013年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • サンプルサイズの決め方

    折笠 秀樹

    分子脳血管病 ( 先端医学社 )  12 ( 1 ) 93 - 96   2013年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 臨床研究デザインの初歩

    折笠秀樹

    Jap J Rehabil Med ( 日本リハビリテーション医学会 )  49 ( 4 ) 177 - 182   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ネットワークメタアナリシスの医療技術評価への応用研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • メタアナリシスの結果は信用してよいか: 変遷と展望.

    第35回日本臨床薬理学会  (松山)  2014年12月  -  2014年12月   

  • Validation of score system excluding female gender from CHA2DS2-VASc in Japanese patients with non-valvular atrial fibrillation: a subanalysis of the J-RHYTHM Registry.

    アメリカ心臓病学会学術集会 2014  (Chicago)  2014年11月  -  2014年11月   

  • First confirmation data of long term safety for tocilizumab in real-world setting; 3-year follow-up postmarketing surveillance of 5573 patients with rheumatoid arthritis in Japan.

    アメリカリウマチ学会 2014  (Boston)  2014年11月  -  2014年11月   

  • Efficacy and safety of certolizumab pegol (CZP) in combination with varied methotrexate (MTS) dose in MTX naïve Japanese patients with early rheumatoid arthritis: clinical and radiographic outcomes from a randomized placebo-controlled trial (C-OPERA).

    アメリカリウマチ学会 2014  (Boston)  2014年11月  -  2014年11月   

  • Phase III study of ASP1583 (Bixalomer) – Randomized, double-blind, placebo-controlled study in CKD patients with hyperphosphatemia not on dialysis.

    第47回米国腎臓学会議   (Philadelphia)  2014年11月  -  2014年11月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    臨床研究の計画法  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    臨床研究の計画法  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    臨床研究の計画法(夜等)  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    臨床研究の計画法(昼)  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    臨床研究の計画法  (2017年度)  専任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • CLEAR! ジャーナル四天王,No.283

    2014年12月
     
     

    この結果からスポンサーバイアスはないと言い切れない.

  • CLEAR! ジャーナル四天王, No.295

    2014年12月
     
     

    誇大な新聞報道にはご注意を!

  • CLEAR! ジャーナル四天王, No.293

    2014年12月
     
     

    企業スポンサー試験は結果が思わしくないと論文を作らない?

  • International Review of Thrombosis.

    2014年12月
     
     

    DATA ANALYSIS: Scientific and Regulatory Reasons for Delay and Denial of FDA Approval of Initial Applications for New Drugs

  • CLEAR! ジャーナル四天王, No.256

    2014年10月
     
     

    臨床試験データの公開が必要な時代に!

全件表示 >>