倉光 英樹 (クラミツ ヒデキ)

KURAMITZ Hideki

写真a

職名

教授

研究室住所

〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学 理学部

研究分野・キーワード

環境化学、分析化学、電気化学、光化学、水処理学、腐植化学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/kuramitz/indexJP.html

プロフィール

環境汚染物質の濃度や毒性を評価するための分析法(センサやバイオアッセイ)の開発と,それらを利用した陸水,及び,土壌環境のモニタリングを実施しています。また,吸着法や電気化学的手法を利用した水処理技術の開発にも取り組んでいます。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    北海道大学  地球環境科学研究科  物質環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年12月 -  博士(地球環境科学)  北海道大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本泥炭地学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本電気化学会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本腐植物質学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • グリーン・環境化学

  • 分析化学

  • グリーン・環境化学

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 環境影響評価

全件表示 >>

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 水は生命の根源に関わる最も貴重な資源のひとつである.我々は水環境の保全を目的として研究しています.
    主に陸水・土壌環境をターゲットとし,電気化学・光化学などの物理化学的手法と生化学・分子生物学などの生物学的手法を基礎とした新規環境評価手法(バイオセンサ,イムノアッセイ,バイオアッセイなど)の開発に取り組んでいます.
    既存の方法では困難な分析対象物質の定量や汚染物質の毒性評価などを新規手法の開発によって可能とし,国内(富山県内河川など),国外(インドネシア,バングラディシュなど)のフィールドに応用することで環境問題の改善に貢献することを目指しています.
    また,水質浄化のための新規材料・手法の開発にも取り組んでいます.

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic beads modified with an electron-transfer carbohydrate-mimetic peptide for sensing of a galactose-dependent protein

    Kazuharu Sugawara, Toshihiko Kadoya, Hideki Kuramitz

    Analytical Chimica Acta   1001   158 - 167   2017年10月

    共著

  • Design of carbohydrate/electron-transfer peptides for human histocytic lymphoma cell sensing.

    Sugawara K, Kadoya T, Kuramitz H, Mihara Y

    Analytica chimica acta   983   198 - 205   2017年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Determination of heavy metal toxicity by using a micro-droplet hydrodynamic voltammetry for microalgal bioassay based on alkaline phosphatase

    Md. Saiful Islam, Kazuto Sazawa, Noriko Hata, Kazuharu Sugawara, and Hideki Kuramitz

    Chemosphere   188 ( 1001 ) 158 - 167   2017年08月

    共著

  • Fiber optic sensor with an optically transparent electrode for monitoring CaCO3 scale formation in geothermal water

    Takuya Okazaki, Takamichi Yamamoto, Akira Taguchi, Akira Ueda, and Hideki Kuramitz

    IEEE Sensors Letters   1 ( 5 )   2017年07月

    共著

    DOI

  • Fiber optic sensor for real-time sensing of silica scale formation in geothermal water

    Takuya Okazaki, Tatsuya Orii, Akira Ueda, Akiko Ozawa, and Hideki Kuramitz

    Scientific Reports   7 ( 3387 ) 1 - 7   2017年05月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎から学ぶ機器分析化学

    倉光英樹 (担当: 共著 )

    化学同人  2016年09月

  • Tropical Peatland Ecosystems

    Yustiawati, K. Sazawa, M. S. Syawal, H. Kuramitz, T. Saito, T. Hosokawa, M. Kurasaki, and S. Tanaka (担当: 共著 )

    Springer Japan  2015年12月

  • 基礎から学ぶ分析化学

    倉光英樹 (担当: 単著 )

    化学同人  2015年04月

  • 波多宣子,倉光英樹,田口 茂,分担執筆,和田直也・今村弘子編 自然と経済から見つめる北東アジアの環境 第11章 水環境の汚染,p. 201-221,富山大学出版会(2009年3月20日刊)

    波多,倉光,田口,分担執筆,和田直也・今村弘子編 (担当: 共著 )

    富山大学  2009年03月

  • 波多宣子,倉光英樹,田口 茂,分担執筆,和田直也・今村弘子編 自然と経済から見つめる北東アジアの環境 第14章 環境修復,p. 267-285,富山大学出版会(2009年3月20日刊)

    星野,井上,倉光,分担執筆,和田直也・今村弘子編 (担当: 共著 )

    富山大学  2009年03月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 近赤外SPRを利用した電気化学-光ファイバーセンサーの開発と環境分析への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

     

  • ホルムアルデヒドによる広域および地域の大気汚染の実態と機構

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     

  • 多元選択性を有する電気化学-光ファイバーセンサーの開発と応用の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 対流/蛍光分光電気化学法による薬物代謝酵素活性評価法の開発

    平成29年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

  • 恒温培養による弥陀ヶ原湿原土壌の化学的特性変化

    平成29年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会,  2017年12月  -  2017年12月   

  • インドネシア泥炭火災跡地における土壌有機成分の特性と多環芳香族炭化水素の分析

    平成29年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

  • A micro-droplet hydrodynamic voltammetry combined with pre-concentration technique using membrane filler for determination of Cd and Pb

    平成29年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

  • 酸化インジウムスズを被覆した光ファイバーによる酸化還元活性染料のセンシング

    平成29年度日本化学会北陸地区講演会と研究発表会  2017年12月  -  2017年12月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    環境水計測化学  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学実験Ⅳ  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>