足立 伊左雄 (アダチ イサオ)

ADACHI Isao

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学

ホームページ

http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/pharmacy/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1982年03月 -  薬学博士  東京大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中

    富山大学   附属病院   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1. 漢方薬の作用メカニズムと活性本体の解明のために,各種の生理活性を指標とした水溶性アルカロイド化合物の探索ならびに構造活性相関などの研究.
    2.  糖鎖および糖脂質生合成の選択的阻害剤を用いた,抗ウイルス薬のデザインやリソソーム病治療法の確立などに関する糖鎖生化学的研究ならびにApoptosis やウイルス増殖を制御する化合物の検索と解析のための生化学研究.
    3. 臨床薬剤業務・薬学教育の質的向上のための実務薬学,医薬品評価と選択のための薬剤疫学・薬剤経済学,薬事・医薬品制度などに関する社会薬学的研究.
    4. 動物実験とin vitro試験に基づいた薬物の薬効解析

論文 【 表示 / 非表示

  • N- and C-alkylation of seven-membered iminosugars generates potent glucocerebrosidase inhibitors and F508del-CFTR correctors.

    7) Désiré, J., Mondon, M., Fontelle, N., Nakagawa, S., Hirokami, Y., Adachi, I., Iwaki, R., Fleet, G. W. J., Alonzi, D. S., Twigg, G., Butters, T. D., Bertrand, J., Cendret, V., Becq, F., Norez, C., Marrot, J., Kato, A., Blériot, Y.

    Org. Biomol. Chem.   12 ( 44 ) 8977 - 8996   2014年11月

    共著

  • Synthesis of 1,2-trans-2-acetamido-2-deoxyhomoiminosugars.

    9) Blériot, Y., Tran, A. T., Prencipe, G., Jagadeesh, Y., Auberger, N., Zhu, S., Gauthier, C., Zhang, Y.

    Org. Lett.   16 ( 21 ) 5516 - 5519   2014年11月

    共著

  • Synthesis and biological evaluation of α-1-C-4’-arylbutyl-L-arabinoiminofuranoses, a new class of α-glucosidase inhibitors.

    6) Natori, Y., Sakuma, T., Yoshimura, Y., Kinami, K., Hirokami, Y., Sato, K., Adachi, I., Kato, A., Takahata, H.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   24 ( 15 ) 3298 - 3301   2014年08月

    共著

  • Synthesis of the enantiomers of XYLNAc and LYXNAc: comparison of β-N-acetylhexosaminidase inhibition by the 8 stereoisomers of 2-N-acetylamino-1,2,4-trideoxy-1,4-iminopentitols.

    5) Crabtree, E. V., Martínez, R. F., Nakagawa, S., Adachi, I., Butters, T. D., Kato, A., Fleet, G. W. J., Glawar, A. F. G.

    Org. Biomol. Chem.   12 ( 23 ) 3932 - 3943   2014年06月

    共著

  • Nine of 16 stereoisomeric polyhydroxylated proline amides are potent β-N-acetylhexosaminidase inhibitors.

    4) Ayers, B. J., Glawar, A. G. F., Martínez, R. F., Ngo, N., Liu, Z., Fleet, G. W. J., Butters, T. D., Nash, R. J., Yu, C.- Y., Wormald, M. R., Nakagawa, S., Adachi, I., Kato, A., Jenkinson, S. F.

    J. Org. Chem.   79 ( 8 ) 3398 - 3409   2014年04月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • テイ-サックス病治療に最適な高親和性シャペロン化合物の創製

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 結核菌細胞壁の構築阻害を特徴とする新規イミノ糖型治療薬のデザイン合成研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 変異酵素の構造安定化剤として機能するイミノ糖型シャペロンの設計と合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • ゴーシェ病治療薬開発を指向したイミノ糖型シャペロンのデザイン合成研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    β-glucocerebrosidaseに対する結合親和性および構造安定化作用の2つの観点からスクリーニングを行った。その結果、高いシャペロン活性を持たせるためには活性中心に局在するE340、E235、D127の3つのアミノ酸残基との相互作用が特に重要であることが明らかになった。更にタンパク-リガンドinduced fit docking解析の結果から、母核構造は同じであっても、イミノ糖の水酸基の配位の違いにより結合配向が異なり、酵素の熱安定性およびシャペロン効果が変化することを初めて見いだした。また、母核構造が異なるイミノ糖を網羅的に合成し、断片化していた阻害選択性に関する情報を集約した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    和漢医薬学特論(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医療薬剤学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    専門英語Ⅱ(附属病院薬剤部)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    卒業研究(附属病院薬剤部)薬学科4年用  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    卒業研究(附属病院薬剤部)創薬4年用  (2017年度)  専任

全件表示 >>