大川 宜昭 (オオカワ ノリアキ)

OHKAWA Noriaki

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

神経科学, 分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(理学)   千葉大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   分子病態医学系   講師  

  • 2015年12月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   講師  

  • 2012年03月
    -
    2015年11月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   分子病態医学系   助教  

  • 2010年02月
    -
    2015年11月

    富山大学   医学部   医学科   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 記憶の連合機構の解明

論文 【 表示 / 非表示

  • Spine formation pattern of adult-born neurons is differentially modulated by the induction timing and location of hippocampal plasticity

    Ohkawa N., Saitoh Y., Tokunaga E., Nihonmatsu I., Ozawa F., Murayama A., Shibata F., Kitamura T., Inokuchi K.

    PLoS One     2012年

    共著

  • Neuronal-stimulation induces autophagy in hippocampal neurons that is involved in AMPA receptor degradation after chemical LTD

    Shehata M., Matsumura H., Okubo-Suzuki R., Ohkawa N., Inokuchi K.

    Journal of Neuroscience     2012年

    共著

  • N-acetyltransferase ARD1-NAT1 regulates neuronal dendritic development

    Ohkawa N., Sugisaki S., Fujitani K., Tokunaga E., Hayasaka T., Setou M., Inokuchi K.

    Genes to Cells     2008年

    共著

  • Motor discoordination of transgenic mice specifically overexpressing a microtubule destabilizer, stathmin, in Purkinje cells

    Ohkawa N., Hashimoto K., Hino T., Migishima R, Yokoyama M., Kano M., Inokuchi K.

    Neuroscience Research     2007年

    共著

  • The microtubule destabilizer stathmin mediates the development of dendritic arbors in neuronal cells

    Ohkawa N., Fujitani K., Tokunaga E., Furuya S., Inokuchi K.

    Journal of Cell Science     2007年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新生ニューロンの経験依存的な海馬神経回路網への組み込み

    大川 宜昭,井ノ口 馨

    細胞工学・特集:記憶を分子・細胞の言葉で理解する ( 学研メディカル秀潤社 )    2011年05月

    総説・解説(商業誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 記憶痕跡細胞の出現・選択原理の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     

  • 学習時を境として時間的両方向性に記憶痕跡細胞の活性と変遷を追う新規技術の構築

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  継続中 

     

  • 異なる経験情報をコードする各神経細胞群を同一個体内で同定・活性制御する新技術開発

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    本課題では、神経活動依存的にトリ肉腫ウイルス受容体を発現する遺伝子改変マウスと、この受容体特異的に感染する組み換えレンチウイルスを作製・利用することで、時間的に離れた各イベント時に活性化した神経細胞群に対し、好みのトランスジーンを繰り返し組み込み可能とする新規技術を確立した。この技術により、新規空間暴露と1週間後の即時フットショック時に活性化した細胞を、それぞれGFPとRFPで同一個体内の海馬と扁桃体で標的化することに成功した。記憶は、学習時の感覚入力に応答し活性化した神経細胞群にコードされることが定説となっていることから、確立した本技術は記憶獲得細胞の標的化・人為的操作を可能にする。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 異なるセルアセンブリの光遺伝学的活性化による連合記憶の人工的創出

    平成25年度生理学研究所研究会・記憶回路研究会  (岡崎)  2013年12月  -  2013年12月   

  • 異なるセルアセンブリの人為的活性化による人工連合記憶の創出

    第36回日本分子生物学会年会  (神戸)  2013年12月  -  2013年12月   

  • Spine formation pattern of adult-born neurons is differentially modulated by the induction timing and location of hippocampal plasticity

    第35回日本神経科学大会・Neuroscience 2012  (名古屋)  2012年09月  -  2012年09月   

  • Integration pattern of adult-born neurons into preexisting circuit is modulated by the hippocampal plasticity

    The 6th International Conference of Neurons and Brain Diseases  (富山)  2011年08月  -  2011年08月   

  • Spine formation pattern of new neurons is differentially modulated by the timing of LTP induction in adult dentate gyrus

    北米神経科学学会  (San Diego, CA)  2010年11月  -  2010年11月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生化学(栄養学を含む)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    生命倫理特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    分子ゲノム医科学(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    生化学(栄養学を含む)  (2016年度)  兼担・兼任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    RNA制御学実習  (2016年度)  兼担・兼任

全件表示 >>