張 勁 (チヨウ ケイ)

ZHANG Jing

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

物質循環、海洋循環、沿岸海底地下水湧出、同位体、希土類元素

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年09月 -  博士(理学)  東京大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学海洋学・環境地球化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Vertical distributions of plutonium isotopes in marine sediment cores off the Fukushima coast after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident.

    W. T. Bu, J. Zheng, T. Aono, K. Tagami, S. Uchida, J. Zhang, M. C. Honda, Q. J. Guo and M. Yamada

    Biogeosciences   10   2497 - 2511   2013年

    共著

    DOI

  • Recovery of trace metal isotopes in seawater samples using multifunctional Neem (Azadirachta indica) biosorbent: a comparison with monofunctional NOBIAS-Chelate-PA1 resin.

    Nahar, M. S. and Zhang, J

    ACS     2013年

    共著

    DOI

  • Characteristics of the chemical composition of groundwater on Tanegashima, Yakushima, and Nakanoshima islands.

    Agata, S., Ishiki, M., Sakihama, H., Tokuyama, A., Satake, H. and Zhang, J

    J. Groundwater Hydro.   4 ( 4 ) 191 - 206   2012年

    共著

  • d13C and d15N values in scales of Micropterus salmoides largemouth bass as a freshwater environmental indicator

    Inamura, O., Zhang, J., and Minagawa, M.

    Rapid. Commun. Mass Spectrom.   26   17 - 24   2012年

    共著

  • Distribution of Pu isotopes in marine sediments in the Pacific 30 km off Fukushima after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident

    Zheng J, Aono T., Uchida S., Zhang J., M.C. Honda

    Geochem. J.   46   361 - 369   2012年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 海底湧水(Submarine groundwater discharge)

    張 勁 (担当: 単著 )

    地球と宇宙の化学事典,朝倉書店  2010年04月

  • 黄砂と海洋微生物の一次生産

    張 勁, 袁 薇, 王 式功 (担当: 共著 )

    「黄砂」, 古今書院  2009年07月

  • 黄砂と海洋微生物の一次生産

    張勁・袁薇・王式功 (担当: 共著 )

    「黄砂と海洋微生物の一次生産」,「黄砂」  2008年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 汽水域での河川-海洋相互作用を考慮した放射性セシウムの移行プロセス解析

    新学術領域研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 福島県河口域の放射性セシウムの移動と堆積状況の把握

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     福島第一原子力発電所事故に起因する放射性物質が,現在もなお陸域から海域に供給されていることから,本研究では観測を通して陸域から海洋に供給される放射性物質の淡水域から汽水域や海水域に移動する過程における変質過程の解明及びCs-137の淡水―海水系での吸着脱着過程の解明を目的とする。

  • 高精度塩素同位体比によるメタンハイドレート賦存海域の環境評価法の開発

    萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学実験Ⅳ  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    卒業論文  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>