田渕 圭章 (タブチ ヨシアキ)

TABUCHI Yoshiaki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ストレス

ホームページ

http://www.lsrc.u-toyama.ac.jp/mgrc/html/laboratory.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    富山医科薬科大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    富山医科薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年02月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    富山大学   研究推進機構   研究推進総合支援センター   生命科学先端研究支援ユニット   教授  

  • 2005年10月
    -
    2015年03月

    富山大学   生命科学先端研究センター   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用システム

  • 放射線・化学物質影響科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of oral epithelial cell line ROE2 with differentiation potential from transgenic rats harboring temperature-sensitive simian virus40 large T-antigen gene

    Tabuchi Y, Wada S, Ikegame M, Kariya A, Furusawa Y, Hoshi N, Yunoki T, Suzuki N, Takasaki I, Kondo T, Suzuki Y

    Exp Anim   63   31 - 44   2014年01月

    共著

  • Genes Responsive to Low-Intensity Pulsed Ultrasound in MC3T3-E1 Preosteoblast Cells

    Tabuchi Y, Sugahara Y, Ikegame M, Suzuki N, Kitamura KI, Kondo T

    Int J Mol Sci   14 ( 11 ) 22721 - 22740   2013年11月

    共著

  • Common gene expression patterns responsive to mild temperature hyperthermia in normal human fibroblastic cells

    Tabuchi Y, Furusawa Y, Kariya A, Wada S, Ohtsuka K, Kondo T

    Int J Hyperthermia   29   38 - 50   2013年02月

    共著

  • Genes involved in the cell death induced by knockdown of heat shock transcription factor 1 in human oral squamous cell carcinoma HSC-3 cells

    Tabuchi Y., Kariya A., Yunoki T., Kondo T

    Thermal Med   28   29 - 42   2012年06月

    共著

  • Gene networks related to the cell death elicited by hyperthermia in human oral squamous cell carcinoma HSC-3 cells

    Tabuchi Y, Wada S, Furusawa Y, Ohtsuka K, Kondo T

    Int J Mol Med   29   380 - 386   2012年03月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 酸化ストレスと細胞内シグナル伝達

    近藤 隆,田渕圭章,櫻井宏明 (担当: 共著 )

    「酸化ストレスの医学」吉川敏一監修, 診断と治療社  2008年08月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超音波による細胞分化・増殖制御:エピゲノムの役割解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • がん幹細胞のレドックス制御に基づいた放射線増感治療法の創成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • エピジェネティクスを介した超音波による細胞の分化制御

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 環境化学物質の複合影響による細胞ストレス保護システムの異常と疾患との関連性の検証

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月 

     

  • 免疫寛容という立場から正常妊娠、異常妊娠を再考する

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

     我々は父親抗原特異的制御性T細胞(PA-Treg)の同定法をマウスモデル(BALB/c x DBA/2)で確立し、CCR5、CCR4がPA-Tregに高率に発現すること、精漿のプライミングがその誘導に重要であることを見い出した。この結果をもとに、胸腺Treg、胸腺外Treg、memory Treg、naiive Treg、CCR5+Treg、CCR4+Treg、hCG-R+Tregに細分化し、どの分画のTregが最も妊娠維持に意味をもつか、不育症、妊娠高血圧症候群で変化するかを検討する。さらに我々が発見した制御性NK(NKreg)細胞が生殖、妊娠現象に与える役割を免疫学的手法ならびに網羅的mRNA発現やmicroRNA(miRNA)解析から明らかにし(病態解析)、さらに発病のリスクの評価、新たな治療戦略として臨床応用すること(臨床的解析)を目的とする。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    細胞ストレス生物学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    分子生物薬科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    薬物治療学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    生命情報科学Ⅱ  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    生物系実習(衛生化学)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>