藤井 雅文 (フジイ マサフミ)

FUJII Masafumi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

光・電磁波工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年06月 -  Ph.D  ビクトリア大学(カナダ)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   生命・情報・システム学域   ヒューマン・生命情報システム学系   准教授  

  • 2006年10月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   電気電子システム工学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

  • 通信・ネットワーク工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 電磁気および電磁波動の理論および数値解析と実験に関する研究を行っています.

論文 【 表示 / 非表示

  • Fundamental correction of Mie’s scattering theory for the analysis of the plasmonic resonance of a metal nanosphere

    Masafumi Fujii

    PHYSICAL REVIEW A   89   033805   2014年03月

    単著

    DOI

  • Theory of ground surface plasma wave associated with pre-earthquake electrical charges

    M. Fujii

    AGU Radio Science   48   122 - 130   2013年04月

    単著

  • Radius-dependent binding or repelling forces exerted on metal nano-sphere clusters by infrared-induced plasmonic resonance

    M. Fujii

    Optics Communications   285   4553 - 4557   2012年09月

    単著

  • Huygens subgridding for 3-D frequency-dependent finite-difference time-domain method

    M. Abalenkovs, F. Costen, J-P Berenger, R. Himeno, H. Yokota, M. Fujii

    IEEE Trans. Antennas Propagation   60 ( 9 ) 4336 - 4344   2012年09月

    共著

  • Correction and Verification of Dispersion and Loss of Plasmons on Metal Nano-Spheres

    M. Fujii

    IEEE Journal of Lightwave Technology   30 ( 9 ) 1284 - 1290   2012年05月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Computational Electrodynamics, The Finite-Difference Time-Domain Method, 3rd ed.

    A.Taflove, S.Hagness, W.Gwarek, M.Fujii, S.-H.Chang (担当: 共著 )

    Artech House  2005年07月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • IEEE International Microwave Symposium Early Career Award

    2003年06月   IEEE  

    受賞者:  M. Fujii

  • International Symposium on Antennas and Propagation Yound Scientist Award

    2000年08月   電子情報通信学会  

    受賞者:  M. Fujii

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地表面を伝搬する電磁プラズマ波の新理論と観測による短期地震予測への挑戦

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • 全方向型負性屈折率媒質と光領域スーパーレンズの創生

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

    金属ナノ粒子の光照射による引力誘起現象を定量的に解析し,粒子の自己クラスター形成効果を予測した。また、クラスター形態による局在プラズモン共鳴周波数と引力の大きさを求め,さらにこれらの微細構造の周期配列が負の屈折率特性を持つことを示した。

  • 3次元有限差分時間領域法と並列計算による非線形光伝搬現象の統一的解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月 

    光デバイスにおける非線形導波路中の複雑な光伝搬現象を統一的に理解するため,有限差分時間領域法(FDTD法)を用いた非線形3次元電磁界解析の並列計算手法を確立した。半導体マイクロリング共振器における増強4光波混合の波長変換効率の解析,双安定現象を利用した全光スイッチの解析とスイッチングしきい値低減設計に応用した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    電気電子システム工学特別研究  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    FDTD解析特論  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    波動通信工学特論第2  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    電気数学2  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    電磁波工学1  (2016年度)  専任

全件表示 >>