藤原 朋也 (フジワラ トモヤ)

FUJIWARA Tomoya

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

有機フッ素化合物,フッ素化,アナログ

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東北大学   工学部   生物化学工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    東北大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月 -  博士(理学)   東北大学

  • 2000年03月 -  修士(理学)   東北大学

  • 1998年03月 -  学士(工学)   東北大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   助教  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   助教  

  • 2005年10月
    -
    2006年03月

    富山大学   薬学部   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    2014年01月

      セントアンドルーズ大学   化学科   研究員

  • 2003年07月
    -
    2005年09月

      富山医科薬科大学   薬学部   助手

  • 2003年04月
    -
    2003年06月

      富山医科薬科大学   薬学部   研究生

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

  • 2005年05月
    -
    継続中
     

    日本フッ素化学会

  • 2003年05月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • フッ素の特異な性質(水素原子に次いで小さなvan der Waals半径を持つこと,全元素中で最大の電気陰性度を持つこと,そして,炭素-フッ素結合が炭素-水素結合に比べて極めて安定であること)に着目して,高効率かつクリーンなフッ素化反応の開発およびこれを用いた生理活性物質のフッ素アナログの合成に取り組んでいる.

論文 【 表示 / 非表示

  • Stereoselective Total Synthesis of Myriocin Using Rhodium(II)-Catalyzed C−H Amination Followed by Alkylation

    9) Hisanori Nambu, Narumi Noda, Wenqi Niu, Tomoya Fujiwara and Takayuki Yakura

    Asian Journal of Organic Chemistry   4 ( 11 ) 1246 - 1249   2015年

    共著

  • Useful Procedures for Fluorocyclization of Tryptamine and Tryptophol Derivatives to 3a-Fluoropyrrolo[2,3-b]indoles and 3a-Fluorofuro[2,3-b]indoles

    Tomoya Fujiwara, Takayuki Seki, Takayuki Yakura and Yoshio Takeuchi

    Journal of Fluorine Chemistry   165   7 - 13   2014年

    共著

  • Synthesis and Elaboration of All-cis-1,2,4,5-tetrafluoro-3-phenylcyclohexane: A Polar Cyclohexane Motif

    Alastair J. Durie, Tomoya Fujiwara, Rodrigo Cormanich, Michael Bühl, Alexandra M. Z. Slawin and David O'Hagan

    Chemistry - A European Journal   20   6259 - 6263   2014年

    共著

  • A 2-Iodobenzamide Catalyst for Oxidation of Alcohols at Room Temperature

    Takayuki Yakura, Akihiro Yamada, Narumi Noda, Tomoya Fujiwara and Hisanori Nambu

    Asian Journal of Organic Chemistry   3   421 - 424   2014年

    共著

  • Application of a Stereoselective Rhodium(II)-Catalyzed Oxonium Ylide Formation–[2,3]-Sigmatropic Rearrangement of an α-Diazo-β-keto Ester to the Synthesis of 2-epi-Cinatrin C1 Dimethyl Ester

    Takayuki Yakura, Ayaka Ozono, Katsuaki Matsui, Masayuki Yamashita and Tomoya Fujiwara

    Synlett   24   65 - 68   2013年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Successful Fluorine-containing Herbicide Agrochemicals

    Tomoya Fujiwara and David O'Hagan

    Journal of Fluorine Chemistry ( Elsevier )  167 ( 1 ) 16 - 29   2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Application of Chiral α-Monofluorocarbonyl Compounds to Analytical and Medicinal Chemistry

    Tomoya Fujiwara and Yoshio Takeuchi

    Current Organic Chemistry ( Bentham Science Publishers )  14   950 - 961   2010年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Synthesis, Reactions, and Applications of Fluorine-containing Multifunctional Carbon Compounds

    Tomoya Fujiwara and Yoshio Takeuchi

    Journal of Fluorine Chemistry ( Elsevier )  126   941 - 955   2005年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    化学系実習(有機化学)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    化学系実習(有機化学)  (2016年度)  兼担・兼任

  • 2015年10月
    -
    2016年03月

    化学系実習(有機化学)  (2015年度)  兼担・兼任

  • 2014年10月
    -
    2015年03月

    化学系実習(有機化学)  (2014年度)  兼担・兼任

  • 2013年10月
    -
    2014年03月

    化学系実習(有機化学)  (2013年度)  兼担・兼任

全件表示 >>