馬 駿 (マ ジユン)

MA Jun

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

富山大学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1998年11月 -  博士(経済学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年12月
    -
    継続中

    富山大学   経済学部   経営学科   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国企業における技術者の仕事とキャリア開発――技術者に対するアンケート調査の結果に基づき

    馬駿

    富大経済論集    56 ( 1 ) 61 - 92   2010年07月

    単著

  • 研究ノート:中国企業におけるイノベーション活動と人材管理――自動車製造グループ企業に対するアンケート調査に基づき

    馬駿

    富大経済論集   55 ( 3 ) 221 - 241   2010年03月

    単著

  • 「米日企業の福祉制度事例分析」(中国語)

    馬駿

    上海社会科学院『人力資源季刊』   26   6 - 15   2009年06月

    単著

  • 「外国の自動車企業の技術専門職の人事制度」(中国語)

    馬駿

    上海社会科学院『人力資源季刊』   第22期 23-31   23 - 31   2008年04月

    単著

  • 「トヨタにおける技術専門職の人事制度の改革」(中国語)

    馬駿

    上海社会科学院『人力資源季刊』   第22期 32-39   32 - 39   2008年04月

    単著

著書 【 表示 / 非表示

  • Foreign Direct Investment and Management in Ja-pan The Impact of Japanese Corporations' Foreign Direct Investment Strategies on Managerial Decisions and Corporate Performance in Japan:An Analysis Based on Corporate-Level Microdata

    馬駿 (担当: 単著 )

    富山大学  2011年01月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中国における中核人材の企業間移動と技術移転、イノベーション活動に関する実証研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2014年03月 

     本研究は主に2つの視点から進めてきた。まず企業に対する聞き取り調査とアンケート調査による分析を行った結果、日本、韓国企業と比べ、中国企業には職務等級制度、中途採用重視といった人事施策が導入されている企業が多く、中核人材に対して金銭的なインセンティブを与える企業も多いという事実が発見された。 そして海外から中国から帰国した中核人材を対象に行われたアンケート調査に基づき、分析した結果、国有企業と比べえて、海外の大企業で活躍してから、中国に帰国し、まず中国に進出した海外企業に勤め、民営企業に転職した中核人材のほうが、技術移転やイノベーション活動においてより大きな役割を果たしていると結論付けられた。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年09月

    人的資源管理演習  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    学位論文  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    卒業論文  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    卒業論文  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    基礎ゼミナール  (2017年度)  専任

全件表示 >>