王 大鵬 (オウ タイホウ)

WANG Dapeng

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

アジア経済論、通商政策、中国対外経済政策

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月 -  博士(商学)  愛知学院大学

  • 1995年03月 -  修士(商学)  愛知学院大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    富山大学   経済学部   経済学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 通商政策

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国のFTA戦略と地域主義への対応

    王 大鵬

    富大論集   55   87 - 114   2009年11月

    単著

  • 王大鵬(2009);「中国の輸出構造転換への試み―ICTソフトウエア関連サービスの輸出振興を中心に―」『日本貿易学会年報』第46号,100-109

    王 大鵬

    日本貿易学会年報   46   100 - 109   2009年03月

    単著

  • 王大鵬(2009);「中国の経済成長パターンの転換―対外経済政策の調整を中心に―」愛知学院大学論叢 『商学研究』第49巻第2号,.23-39

    王 大鵬

    愛知学院大学論叢 『商学研究』   49   23 - 39   2009年01月

    単著

  • 王大鵬(2007);「中国の外資政策の転換と今後の方向性」,富山大学経済学部『富大経済論集』第53巻第1号,1-26

    王大鵬

    富山大学経済学部『富大経済論集』   53   1 - 26   2007年07月

    単著

  • 王大鵬(2008);「中国の外資規制と今後の外資導入」,日本貿易学会年報第45号,1-8

    王大鵬

    日本貿易学会年報   45   1 - 8   2007年03月

    単著

著書 【 表示 / 非表示

  • アジア共同体の創成プロセス

    李哲鋼、谷口誠、平川均、唱新、王大鵬他 (担当: 共著 )

    日本僑報社  2015年04月

  • はじめて学ぶ人のためのグローバルビジネス

    梶浦雅己、王大鵬他 (担当: 共著 )

    文眞堂  2014年03月

  • 東アジア分断国家

    今村弘子、松田康博、王大鵬他 (担当: 共著 , 担当範囲: 中台経済関係の安定措置としての経済交流 )

    原書房  2013年05月

  • 東アジア経済統合の探究

    王大鵬、星野富一他 (担当: 共著 , 担当範囲: 中台経済協力枠組み協定と東アジア地域統合へのインパクト )

    法律文化社  2012年04月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • RCEP・TPPと中国の通商戦略 -通商戦略関連の構造改革を中心にー

    東アジア共同体評議会と国際東アジア共同体研究学会第6回共同研究会  (日本国際フォーラム会議室)  2014年02月  -  2014年02月   

  • アジア太平洋トラックと東アジアトラックの現実性と戦略的選択

    国際アジア共同体学会第7回学術研究大会  (福井工商会議所)  2013年11月  -  2013年11月   

  • 東アジア地域経済連携の情勢変化と中国のFTA戦略

    富山大学アジア共同体国際シンポジウム2013  (富山大学)  2013年09月  -  2013年09月   

  • 中台経済関係の緊密化と平和共存

    シンポジウム『東アジア分断国家における「共生」とは』  (富山国際会議場)  2011年09月  -  2011年09月   

  • 中台経済枠組み協定(ECFA)と台湾の地域経済統合プロセスへの参加

    日本貿易学会第51回全国大会  (京都産業大学)  2011年05月  -  2011年05月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年09月

    中国対外経済演習  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    特殊講義 地域経済統合論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    産業と経済を学ぶ  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    基礎ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    卒業論文  (2017年度)  専任

全件表示 >>