片桐 達雄 (カタギリ タツオ)

KATAGIRI Tatsuo

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

免疫生物学、細胞生物学

ホームページ

http://www.las.u-toyama.ac.jp/biology/pharmbio.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1991年03月

    大阪大学  医学研究科  生理系  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月 -  医学博士  大阪大学

  • 1987年03月 -  医科学修士  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   教養教育院   准教授  

  • 2006年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   医療基礎   准教授  

  • 2005年10月
    -
    2018年03月

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年09月

      国立大学法人 富山医科薬科大学   薬学部(一般教養等) 生物学教室   助教授

  • 2001年09月
    -
    2004年03月

      国立 富山医科薬科大学   薬学部 (教養教育等) 生物学教室   助教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1994年08月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 1988年09月
    -
    継続中
     

    日本癌学会

  • 1986年10月
    -
    継続中
     

    日本免疫学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 細胞生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Receptor type tyrosine phosphatase CD45 controls antitumor activation of macrophage.

    Katagiri T, Fukasawa K, Umekawa M

    The Journal of Liberal Arts and Sciences Sugitani Campus, University of Toyama   40   63 - 76   2012年

    共著

  • Regulatory mechanism of PTP-PEST for IgE Fc receptor signaling.

    Suzuki N & Katagiri T

    J Liberal arts and Sci (Univ of TOYAMA)   38   1 - 27   2011年

    共著

  • Suppression of phospholipase Cγ1 phosphorylation by cinnamaldehyde inhibits antigen-induced extracellular calcium influx and degranulation in mucosal mast cells.

    Kageyama-Yahara N, Wanga X, Katagiri T, Wang P, Yamamoto T, Tominaga M, Kadowaki M.

    BBRC   416   283 - 288   2011年

    共著

  • (医薬系)論文A

    Kageyama-Yahara N, Suehiro Y, Maeda F, Kageyama S, Fukuoka J, Katagiri T, Yamamoto T, Kadowaki M

    FEBS Lett.   4;584 ( 1 ) 111 - 9   2010年01月

    共著

  • Pentagalloylglucose down-regulates mast cell surface FcεRI expression in vitro and in vivo.

    Kageyama-Yahara N, Suehiro Y, Maeda F, Kageyama S, Fukuoka J, Katagiri T, Yamamoto T, Kadowaki M

    FEBS Lett,   4 ( 584 ) 111 - 118   2010年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「絵で見る免疫」JJNスペシャル No 61.

    片桐達雄、船戸丈夫 (担当: 共著 )

    医学書院   1999年01月

  • 「免疫研究法ハンドブック」改訂二版

    片桐達雄 (藤原大美・淀井淳司 編集) (担当: 共著 , 担当範囲: 免疫生物学のアッセイシステム  i TGF-β  )

    中外医学社  1996年12月

  • 「Compact Textbook of Current Immunology <免疫学>」

    片桐達雄 (藤原大美 編集) (担当: 共著 , 担当範囲: 「生体防御機構におけるマクロファージの役割」 )

    薬業時報社  1993年03月

  • 「免疫研究ハンドブック」

    片桐達雄 (藤原大美、淀井淳司 編集) (担当: 共著 , 担当範囲: 「TGF-β colony forming assay」 )

    中外医学社  1992年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「チロシンホスファターゼによるリンパ球シグナルの制御」

    有村裕、荻本真美、片桐達雄、矢倉英隆

    蛋白質核酸酵素 ( 共立出版株式会社 )  43 ( 8 ) 1169 - 1175   1998年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • B細胞レセプターとチロシンホスファターゼ 

    片桐達雄、長谷川公範、矢倉英隆

    「臨床免疫」 ( 科学評論社  )  28 ( 12 ) 1522 - 1529   1997年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • B細胞の活性化とチロシンホスファターゼ 

    片桐達雄、矢倉英隆

    「臨床免疫」 ( 科学評論社  )  28 ( 12 ) 1522 - 1529   1996年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 未熟B細胞のアポトーシスと成熟B細胞の活性化はどのように制御されているか

    荻本真美、片桐達雄、矢倉英隆

    「臨床免疫」  ( 科学評論社 )  27 ( 6 ) 767 - 770   1995年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • CD45チロシンフォスファターゼによるB細胞活性化機構の調節

    片桐達雄、荻本真美、矢倉英隆

    「臨床免疫」 ( 科学評論社 )  26 ( 10 ) 1081 - 1090   1994年10月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Fc epsilon RI stimulation induces translocation of Prohibitin and Swiprosin to Lipid Rafts in RBL-2H3

    The 13th International Congress of Immunology  (Rio de Janeiro, Brazil)  2007年08月  -  2007年08月   

  • CD45 is involved in anti-tumor effects of macrophages,

    The 13th International Congress of Immunology  (Rio de Janeiro, Brazil, )  2007年08月  -  2007年08月   

  • Analysis and partial purification of inhibitor for RBL-2H3 degranulation from Clethra barbinervis leaf extract (CBLE),

    The 13th International Congress of Immunology  (Rio de Janeiro, Brazil,)  2007年08月  -  2007年08月   

  • A natural plant extract, Clethra barbinervis leaf extract (CBLE), suppress the mast cell degranulation as the result of inhibition on cell signaling cascade, 

    The 7th International Conference on New Trends in Immunosuppression and Immunotherapy,  (Berlin, Germany,)  2006年02月  -  2006年02月   

  • Dynamic regulation of Src-family tyrosine kinases by CD45,

    Cold Spring Harbor Laboratory Meeting on “Gene Expression & Signaling in the Immune System” Cold Spring Harbor,  (NY, USA)  2002年05月  -  2002年05月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生体防御の戦略と戦術  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物学実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命科学Ⅱ  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生命科学II  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生体防御の戦略と戦術(後期)  (2017年度)  専任

全件表示 >>