豊岡 尚樹 (トヨオカ ナオキ)

TOYOOKA Naoki

写真a

職名

教授

生年

1961年01月

研究分野・キーワード

有機合成、創薬化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    近畿大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    近畿大学  薬学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月 -  薬学博士  近畿大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   教授  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   教授  

  • 2010年04月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   生命工学科   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

  • 1984年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 有機合成化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • PAC1受容体アンタゴニストの創薬研究

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

  • 運動学習能力を指標とした新規中枢神経作用薬

    共同研究  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • AKR阻害剤の開発研究

    共同研究  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

  • 新規糖尿病治療薬の開発研究

    共同研究  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

  • 栄養飢餓耐性解除に基づく新規すい臓がん治療薬の開発研究

    共同研究  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

全件表示 >>

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学を基盤とした創薬研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Design and synthesis of novel anti-hyperalgesic agents based on 6-prenylnaringenin as the T-type calcium channel blockers

    Nguyen, H. D.; Okada, T.; Kitamura, S.; Yamaoka, S.; Horaguchi, Y.; Kasanami, Y.; Sekiguchi, F.; Tsubota, M.; Yoshida, S.; Nishikawa, H.; Kawabata, A.*; Toyooka, N.*

    Bioorg. Med. Chem. 2018, 26, 4410-4427     2018年

    共著

  • Design, synthesis, and evaluation of novel inhibitors for wild-type human serine racemase

    Takahara, S.; Nakagawa, K.; Uchiyama, T.; Yoshida, T.; Matsumoto, K.; Kawasumi, Y.; Mizuguchi, M.*; Obita, T.; Watanabe, Y.; Hayakawa, D.; Gouda, H.*; Mori, H.*; Toyooka, N.*

    Bioorg. Med. Chem. Lett. 2018, 28, 441-445.     2018年

    共著

  • In silico screening identified novel small-molecule antagonists of PAC1 receptor

    Takasaki, I.*; Watanabe, A.; Yokai, M.; Watanabe, Y.; Hayakawa, D.; Nagashima, R.; Fukuchi, M.; Okada, T.; Toyooka, N.; Miyata, A.; Gouda, H.; Kurihara, T.

    J. Pharmacol. Exp. Ther. 2018, 365, 1-8.     2018年

    共著

  • Blockade of T-type calcium channels by 6-prenylnaringenin, a hop component, alleviates neuropathic and visceral pain in mice

    Sekiguchi, F.; Fujita, T.; Deguchi, T.; Yamaoka, S.; Tomochika, K.; Tsubota, M.; Ono, S.; Horaguchi, Y.; Ichii, M.; Ichikawa, M.; Ueno, Y.; Tanino, T.; Nguyen, H. D.; Okada, T.; Nishikawa, H.; Yoshida, S.; Ohkubo, T.; Toyooka, N.; Murata, K.; Matsuda, H.; Kawabata, A.*

    Neuropharmacology 2018, 138, 232-244.     2018年

    共著

  • Synthesis of 8-deoxypumiliotoxin 193H and 9-deoxyhomopumiliotoxin 207O

    Okada, T.*; Yamamoto, T.; Kawasaki, M.; Saporito, R. A.; Toyooka, N.*

    Tetrahedron Lett. 2018, 59, 3797-3800.     2018年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Asymmetric Synthesis of Six-Membered Ring Heterocycles

    Toyooka, N. (担当: 単著 )

    John Wiley & Sons, Ltd.  2009年

  • Enantioselective Synthesis of Substituted Pyrrolidine and Piperidines for Natural Product Synthesis

    Toyooka, N.*; Nemoto, H. (担当: 共著 )

    Research Signpost  2005年

  • Synthetic Studies on Biologically Active Alkaloids Starting from Lactam-Type Chiral Building Blocks

    Toyooka, N.*; Nemoto, H. (担当: 共著 )

    Elsevier  2003年

  • Synthetic Studies on Dart-Poison Frog Alkaloids

    Toyooka, N.*; Nemoto, H. (担当: 共著 )

    TRANSWORLD RESEARCH NETWORK  2002年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Poison-frog Alkaloids and Their Pharmacological Effects at Neuronal Nicotinic Acetylcholine Receptors

    Toyooka, N.*; Tsuneki, H.; Kobayashi, S.; Dejun, Z.; Kawasaki, M.; Kimura, I.; Sasaoka, T.; Nemoto, H.

    Current Chemical Biology ( AAA )  1   97 - 114   2007年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 毒ガエルアルカロイドの合成とニコチン受容体に対する活性評価

    豊岡尚樹*、根本英雄、恒枝宏史

    有機合成化学協会誌 ( 有機合成化学協会 )  64   49 - 60   2006年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Application of Chiral Building Blocks for the Synthesis of Drugs

    Toyooka, N.*; Nemoto, H.

    Drugs Future ( AAA )  27   143 - 158   2002年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Synthetic Studies on Biologically Active Alkaloids

    Toyooka, N.*; Nemoto, H.

    Trends in Heterocyclic Chemistry ( AAA )  8   145 - 154   2002年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 新規汎用性キラル素子の創製と天然物合成への応用

    豊岡尚樹*、百瀬雄章、根本英雄*

    薬学雑誌 ( 日本薬学会 )  121   467 - 479   2001年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • Preparation of fused tricyclic compounds as aldose reductase inhibitors

    特願 WO2009/078423 

    Toyooka, N.; Kato, A.; Adachi, I.

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 佐藤記念国内賞

    2006年03月   日本薬学会  

    受賞者:  豊岡尚樹

  • 日本薬学会北陸支部学術奨励賞

    2000年11月   日本薬学会  

    受賞者:  豊岡尚樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脳内D-セリン動態の解明と興奮神経毒性新規治療薬の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  森 寿

    本研究では、神経機能と病態におけるD-セリンの役割を明らかにするために、D-セリン動態に関わる合成酵素のセリンラセマーゼ (SR) の役割を中心に個体レベルでの機能解析を行った。また、D-セリンの神経細胞型輸送体 (Asc-1) の機能解析を個体レベルで行うためのコンディショナルノックアウトマウス系統の作製と、脳内D-セリンのアストロサイトにおける機能を明らかにするために、酵母由来D-セリン分解酵素 (Dsd-1)を発現するマウス系統の作製を進めた。一方、SRを標的とした新規阻害剤の開発を進め、興奮神経毒性に対する新規治療薬候補の開発を行った。  

  • フコシダーゼ、ラムノシダーゼを標的とした新規阻害剤の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    フコシダーゼは各種病態との関わりが近年明らかにされつつあり,その阻害剤に注目が集まっている。フコースを擬態したフコシダーゼ阻害剤の合成を行い,極めて強力な新規阻害剤(IC50 5 nM)の創製に成功した。
    また,ポリヒドロキシピロリチジン誘導体の柔軟かつエナンチオダイバージェント合成経路を確立し,中程度の新規フコシダーゼ阻害剤の創製に成功した。

  • そう痒性疾患の痒みにおけるプロテアーゼとプロテイナーゼ活性化受容体2型の役割

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  倉石 泰

    受動皮膚アナフィラキシーなどのヒスタミン依存性及びアトピー性皮膚炎などのヒスタミン非依存性の様々なそう痒性疾患のマウスモデルを用いて,プロテアーゼ(特にセリンプロテアーゼ)―プロテイナーゼ活性化受容体2(PAR2)系がそう痒性疾患の痒みに関与することを明らかにした。PAR2は,主に,一次感覚神経ならびに表皮ケラチノサイトに発現していたことから,プロテアーゼによる直接一感覚神経の活性化に加え,ケラチノサイトを介して痒み因子を産生遊離する間接的な機序で痒みが誘発・増強されると結論した。

  • 和漢薬"牛蒡子"成分アルクチゲニンから新規膵臓がん治療薬の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月  代表者:  手塚 康弘

    和漢薬"牛蒡子(Arctium lappa)",漢薬リョウカオウ(Wikstroemia indica),漢薬テイカカズラ(Trachelospermum asiaticum)から (-)-アルクチゲニン類縁化合物を単離し,栄養飢餓選択的細胞毒性を測定した。さらに,そこで得られた知見を基に,一連の (-)-アルクチゲニン類縁体を合成し,トリエトキシ体がイン・ビトロ及びイン・ビボの系において (-)-アルクチゲンに匹敵する活性を示す事を明らかにした。

  • 新規経口糖尿病治療薬開発を指向した海洋産アルカロイド,バツェラサイド類の合成研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月  代表者:  豊岡 尚樹

    海洋産アルカロイド、バツェラサイド類の全合成研究を行い、全行程13工程にてバツェラサイドBの全合成を達成した。また、残るバツェラサイドCおよびそのエピ体の合成も達成した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Total synthesis of poison-frog alkaloids ent-cis-195A and 211A

    The First International Symposium on Toyama-Asia-Africa Pharmaceutical Network  2016年09月  -  2016年09月   

  • Synthesis of Poison-Frog Alkaloids

    25th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2015年08月  -  2015年08月   

  • Stereodivergent Synthesis of Decahydroquinoline-Type Poison Frog Alkaloids II

    25th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2015年08月  -  2015年08月   

  • Stereodivergent Synthesis of Decahydroquinoline-Type Poison Frog Alkaloids I

    25th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2015年08月  -  2015年08月   

  • Laboratory and practical synthesis of Suvorexant, a selective dual orexin receptor antagonist

    25th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2015年08月  -  2015年08月   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機機器分析  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学Ⅰ  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    先端ナノ・バイオ科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    先端ナノ・バイオ科学特別演習  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    生命工学特別研究  (2017年度)  専任

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
      大学院生命融合科学教育部教育部長   ()

  • 2015年04月
    -
    2017年03月
      大学院生命融合科学教育部副教育部長   ()

  • 2015年04月
    -
    2016年03月
      生命工学科長   ()

  • 2013年04月
    -
    2015年03月
      工学部教務委員長   ()

  • 2012年04月
    -
    2015年03月
      大学院生命融合科学教育部先端ナノバイオ科学専攻長   ()