堀野 良和 (ホリノ ヨシカズ)

HORINO Yoshikazu

写真a

職名

准教授

研究室住所

富山市五福3190

研究分野・キーワード

有機合成化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月 -  博士(工学)  長崎大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   工学科   准教授  

  • 2012年06月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   准教授  

  • 2012年06月
    -
    2018年03月

    富山大学   工学部   環境応用化学科   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年06月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 1997年01月
    -
    継続中
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Palladium-catalyzed Three-Component Reaction of 3-(Pinacolatoboryl)ally Acetates, Aldehydes, and Organoboranes: A New Entry to Stereoselective Synthesis of (Z)-anti-Homoallylic Alcohols

    Y. Horino, A. Aimono, H. Abe

    Organic Letters     2015年06月

    単著

  • Regioselectivity of the Palladium-mediatec Itramolecular Coupling Reaction of Highly Oxygenated Phenyl Benzoate Derivaties and Application to the Synthesis of Altertenuol

    Matsukihira, T.; Saga, S.; Horino, Y.; Abe, H.

    Heterocycles   89 ( 1 ) 59 - 68   2014年11月

    単著

    DOI

  • Palladium-Catalyzed Cyclopropanation of Strained Alkenes with 3-Pinacolatoboryl-1-arylallyl Carboxylates

    Horino, Y.; Takahashi, Y.; Kobayashi, R.; Abe, H.

    European Journal of Organic Chemistry   2014 ( 35 ) 7818 - 7822   2014年11月

    単著

    DOI

  • Palladium-Mediated Intramolecular Biaryl Coupling Reaction: Convenient Preparation of Furoquinolinone Derivatives

    Abe, H.; Kamimura, M.; Komatsu, Y.; Horino, Y.

    Heterocycles   90 ( 2 ) 1332 - 1342   2014年08月

    単著

    DOI

  • Practical and Convenient Synthesis of 1,6-Di- or 1,2,5,6-Tetra-arylhexa-1,3,5-trienes by the Dimerization of Pd(0)-Complexed Alkenylcarbenes Generated from π-Allylpalladium Intermediates

    Yoshikazu HORINO, Yu TAKAHASHI, Kaori KOKETSU, and Hitoshi ABE

    XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014)     2014年06月

    単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会関西支部賞 (第14回・平成28年度)

    2017年11月   有機合成化学関西支部  

    受賞者:  堀野良和

  • とやま賞

    2012年05月23日   富山県ひとづくり財団  

    受賞者:  堀野良和

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アリル位ジェミナルメタロイド遷移金属中間体形成を鍵とする新規分子変換反応の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • α-シリル-σ-アリル金属錯体形成を鍵とする触媒的炭素結合構築法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    パラジウムカルベノイドの簡便な発生法を開発し,それを用いた有機合成反応を展開した。

  • 金属貯蔵反応場を与える再利用可能なかご型ホスフィンスルフィド錯体触媒の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    本研究では、種々の炭素鎖の長さを持つ、空孔サイズの異なるかご型ホスフィン多座配位子をテンプレート反応で合成し、これを硫黄化あるいは酸化することによって、後周期低酸化数金属および前周期金属を空孔内に貯蔵でき、反応基質に対して立体選択性を有する新規かご型錯体触媒を合成する。さらに、かご型錯体を有機ポリマーに担持させることによって、希少元素の枯渇問題に対応できる半永久的にリサイクル可能な固体高分子錯体触媒を開発する。かご型ホスフィン配位子の前駆体である四座配位子を合成し、かご型ホスフィンの合成において必要となるテンプレート反応は開発した。

  • 金アルキリデン錯体形成を鍵中間体とする新規分子変換反応の開拓

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月 

    金触媒によるC-H結合挿入反応を開発した。

  • ケイ素またはホウ素-炭素結合の活性化に基づく効率的分子変換法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    アリルケイ素とアルキンとの様々なアリル化反応を開発した

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    有機化学Ⅳ  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    工業有機化学演習  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    環境応用化学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    有機反応化学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    有機反応制御化学特論  (2017年度)  専任

全件表示 >>