矢倉 隆之 (ヤクラ タカユキ)

YAKURA Takayuki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

有機合成化学,生体分子有機化学

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/sboc/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月 -  薬学博士  大阪大学

  • 1986年03月 -  薬学修士  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年08月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   教授  

  • 2011年08月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chemo- and stereoselective six-membered oxonium ylide formation–[2,3]-sigmatropic rearrangement of 2-diazo-3-ketoesters with dirhodium(II) catalyst and its application to the synthesis of (+)-tanikolide

    Jinnouchi H, Nambu H, Takahashi K, Fujiwara T, Yakura T

    Tetrahedron   75 ( 16 ) 2436 - 2445   2019年03月

    共著

    DOI

  • [4-Iodo-3-(isopropylcarbamoyl)phenoxy]acetic acid as a highly reactive and easily separable catalyst for the oxidative cleavage of tetrahydrofuran-2-methanols to γ-lactones

    Yakura T, Fujiwara T, Nishi H, Nishimura Y, Nambu H

    Synlett   29 ( 17 ) 2316 - 2320   2018年10月

    共著

  • Iodide-catalyzed ring-opening cyclization of cyclohexane-1,3-dione-2-spiro- cyclopropanes

    Nambu H, Onuki Y, Ono N, Yakura T

    Adv Synth Catal   360 ( 15 ) 2938 - 2944   2018年08月

    共著

  • Divergent total synthesis of penaresidin B and its straight side chain analogue

    Fujiwara T, Hashimoto K, Umeda M, Murayama S, Ohno Y, Liu B, Nambu H, Yakura T

    Tetrahedron   74 ( 35 ) 4578 - 4591   2018年08月

    共著

  • 2-Iodo-N-isopropyl-5-methoxybenzamide as a highly reactive and environmentally benign catalyst for alcohol oxidation

    Yakura T, Fujiwara T, Yamada A, Nambu H

    Beilstein J Org Chem   14 ( 4 ) 971 - 978   2018年04月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ポイント有機化学演習第2版

    池田正澄,石橋弘行,矢倉隆之,池田篤志 (担当: 共著 )

    廣川書店  2008年09月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境調和型金属カルベノイド反応の開発:触媒創製,不斉反応開発,天然物合成への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • 次世代型多機能ハイブリッド有機触媒の創製と反応

    新学術領域研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    一つの分子に複数の異なった触媒機能を持たせ、複数の触媒反応をワンポットで行うことが可能となれば、反応の効率の向上が見込まれる。申請者らは最近、その触媒化に成功した超原子価ヨウ素酸化剤を基盤として、次の2つのタイプのハイブリッド型触媒を創製し、それを用いる新規反応を開発する。1)一つの反応に含まれる複数の触媒サイクルを回すタンデム型ハイブリッド触媒を用いる反応2)複数の連続する反応を触媒するドミノ型ハイブリッド触媒を用いる反応

  • 超原子価ヨウ素酸化を基盤とする多機能ハイブリッド型有機触媒の創製と利用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    超原子価ヨウ素酸化を基盤とする多機能ハイブリッド型有機触媒の創製を行ない,その利用を図る

  • 光グラフト重合法をもちいる次世代型高分子固定化触媒の簡便創製

    萌芽研究

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

    光グラフト重合法をもちいる次世代型高分子固定化触媒の簡便創製を行なう

  • 実用的な環境調和型反応の開発を目指した高効率的金属カルベノイド反応の新展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    実用的な環境調和型反応の開発を目指した高効率的金属カルベノイド反応の新展開を図る

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    分子薬科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医療分子科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    分子設計学特論(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>