李 貞範 (イ ジヨンボン)

LEE Jung-bum

写真a

職名

助教

研究室住所

富山県富山市杉谷2630

研究分野・キーワード

天然物化学, 多糖類, 植物二次代謝

研究室電話

076-434-7580

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/shoyaku/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月 -  博士(薬学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   助教  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   助教  

  • 2005年10月
    -
    2006年03月

    富山大学   薬学部   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 天然資源の有効活用を目的として,生物活性物質の探索,およびそれらの生物活性発現機構の解明を行ってきた.また,高等植物が産生する二次代謝産物の生合成機構について,多角的に解明を進めている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of ent-kaurene synthase and kaurene oxidase involved in gibberellin biosynthesis from Scoparia dulcis.

    Yamamura Y, Taguchi Y, Ichitani K, Umebara I, Ohshita A, Kurosaki F, Lee JB

    Journal of natural medicines ( Springer Nature )  72 ( 2 ) 456 - 463   2018年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Elucidation of terpenoid metabolism in Scoparia dulcis by RNA-seq analysis.

    Yamamura Y, Kurosaki F, Lee JB

    Scientific reports   7   43311   2017年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Characterization of 12-Oxophytodienoic Acid Reductases from Rose-scented Geranium (Pelargonium graveolens).

    Iijima M, Kenmoku H, Takahashi H, Lee JB, Toyota M, Asakawa Y, Kurosaki F, Taura F

    Natural product communications   11 ( 12 ) 1775 - 1782   2016年12月

    共著

    PubMed

  • Enhanced Production of δ-Guaiene, a Bicyclic Sesquiterpene Accumulated in Agarwood, by Coexpression of δ-Guaiene Synthase and Farnesyl Diphosphate Synthase Genes in Escherichia coli.

    Kato T, Lee JB, Taura F, Kurosaki F

    Natural product communications   11 ( 9 ) 1221 - 1224   2016年09月

    共著

    PubMed

  • In vitro and in vivo antiherpetic effects of (1R,2R)-1-(5'-methylful-3'-yl)propane-1,2,3-triol.

    Sasaki K, Hayashi K, Matsuya Y, Sugimoto K, Lee JB, Kurosaki F, Hayashi T

    Journal of natural medicines   70 ( 2 ) 217 - 24   2016年04月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Sulfated polysaccharides from algae: Characteristic structures and their medicinal application

    Lee J.-B., Hayashi T. (担当: 単著 )

    Algae: Nutrition, Pollution control and Energy Sources. (Nova Publishers Inc. NY)  2009年01月

  • Promising Antiviral Glyco-molecules from an Edible Alga

    Hayashi T., Hayashi K., Kanekiyo K., Ohta Y., & Lee J.-B. (担当: 共著 )

    Combating the Threat of Pandemic Influenza: Drug Discovery Approaches、Ed. P.F. Torrence. John Wiley & Sons  2007年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • オンジサポニンの構造多様性を決定する生合成機構と時空間的動態の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 食資源由来機能性多糖によるインフルエンザウイルス感染制御基盤の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    食資源由来機能性多糖のインフルエンザAウイルス感染制御機構の解明を行うと同時に、新規機能性多糖の探索も実施した。その結果、メカブ由来フコイダンは直接的な抗ウイルス作用と同時に宿主の免疫機能を介して、抗ウイルス作用を発現することを認めた。また、それらはTLR-4を介して、マクロファージなどの自然免疫系の活性化を回することを確認した。特に、経口投与した際に腸管のパイエル板に取り込まれていることを確認したことから、経口投与での免疫機能を介して作用であることを示唆した。この他にもコシアブラやネギから経口投与でインフルエンザウイルスに有効な多糖体を見出した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 殺ノロウイルス活性を有するブドウ種子由来プロアントシアニジンの作用特性

    日本薬学会第139年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 納豆菌のインフルエンザ予防・治療効果 ー 腸管免疫系への関与及び活性成分の検索

    日本薬学会第139年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 微細藻類 Coccomyxa sp. KJ による腸管からのマウスノロウイルスの排泄抑制

    日本薬学会第139年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • マイタケのマウスノロウイルス感染症抑制効果

    日本生薬学会第65回年会  2018年09月  -  2018年09月   

  • ブドウ種子由来プロアアントシアニジンのA型インフルエンザウイルス不活化作用

    日本生薬学会第65回年会  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬用資源の産業利用に関する研究

  • 多糖類の構造解析と生物活性の評価