會澤 宣一 (アイザワ センイチ)

AIZAWA Sen-ichi

写真a

職名

教授

生年

1960年07月

研究室住所

富山市五福3190 富山大学工学部

研究分野・キーワード

錯体化学,無機化学

研究室電話

076-445-6980

研究室FAX

076-445-6980

ホームページ

http://www3.u-toyama.ac.jp/saizawa/group1/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    1984年03月

    筑波大学   第一学群   自然学類   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1989年03月

    筑波大学  化学研究科  化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月 -  理学博士  筑波大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   ナノ・新機能材料学域   機能性分子創成変換システム学系   教授  

  • 2006年04月
    -
    継続中

    富山大学   工学部   環境応用化学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2007年03月

      富山大学   工学部   助教授

  • 1996年08月
    -
    2000年03月

      静岡大学   工学部   助教授

  • 1990年09月
    -
    1996年07月

      名古屋大学   理学部   助手

  • 1989年04月
    -
    1990年08月

      シンシナチ大学   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2003年07月
    -
    継続中
     

    錯体化学会

  • 1990年10月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 無機化学

  • 機能物性化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1種免許

  • 普通自動車運転免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • HPLC Separation of Sulforaphane Enantiomers in Broccoli and Its Sprouts by Transformation into Diastereoisomers Using Derivatization with (S)-Leucine

    M. Okada, A. Yamamoto, S. Aizawa, A. Taga, H. Terasima, S. Kodama

    J. Agric. Food Chem.   65 ( 1 ) 244 - 250   2017年01月

    共著

  • 自閉症スペクトラム障害のある学生の修学支援 ~学部と支援室とのコラボレーションによる合理的配慮の探究~ 学部(理工系学科)における支援

    會澤宣一

    日本学生支援機構 平成28年度全国障害学生支援セミナー     2016年09月

    単著

  • 単糖類の光学異性体分析

    岡田眞希子、寺島博之、山本敦、會澤宣一、多賀淳、小玉修嗣

    日本分析化学会第65回年会     2016年09月

    共著

  • ブロッコリー中のスルフォラファンの光学異性体分析

    岡田眞希子、寺島博之、會澤宣一、多賀淳、山本敦、小玉修嗣

    日本分析化学会第65回年会     2016年09月

    単著

  • L-アスパラギン酸エチレン架橋配位子を持つランタノイド(III)錯体の不斉分子に対するNMR特性

    岡野優、高木一樹、會澤宣一

    錯体化学会第66回討論会     2016年09月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第5版 実験化学講座 22巻 金属錯体・クラスター

    金森寛、會澤宣一 (担当: 共著 )

    丸善  2004年07月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • パラジウム錯体及びその製造方法、触媒並びに反応方法

    特願 特願2007-533140  特開 WO2007/026490  特許 5135582

    會澤宣一

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体の反応機構論的研究と新規反応性の応用

    2000年06月   東海化学工業会  

    受賞者:  會澤宣一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • [金属イオン-配位子]カクテルを用いた新規なキラル配位子交換法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    有機酸の中には多くのキラル化合物が存在する。これら有機酸類は生体中の代謝物として重要な役割を果たしており、食品においても主要成分である他、添加物としても利用されている。果実や野菜では、有機酸光学異性体分析は真正証明の手段となりうる。これまで、申請者らは各有機酸類について個別の光学異性体分析法を開発し、食品分析に応用してきた。しかし、各有機酸は個別に存在するのではなく、多種多様な回路や経路の中間体であるため、これらを網羅的に分析・解析することが重要である。本研究課題では、キラル配位子交換法を用いたキャピラリー電気泳動法において、種々の金属イオンと配位子を組み合わせた〔金属イオン-配位子〕カクテルを光学分割剤として泳動緩衝液に用いる新規な有機酸類の網羅的分析法について検討し、食品の真正や発酵食品などの製造工程をキラルな有機酸の動態のから分析する方法を開発する。

  • 金属貯蔵反応場を与える再利用可能なかご型ホスフィンスルフィド錯体触媒の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    かご型のホスフィンおよびホスフィンスルフィド配位子を合成し、金属を浪費せずに空孔内で触媒反応を行なうことを目的とする。

  • 植物及び食品中におけるL-糖の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

    中心イオンにホウ酸イオンを用いたキラル配位子交換法を用いて実試料分析を設計した。キャピラリー電気泳動法では、一般に分析時間の再現性が低いことが欠点であったが、キャピラリーカラム内壁を各種化合物で修飾した新規なキャピラリーカラムを開発した。これにより分析時間の再現性が著しく改善しただけでなく、分析時間も短縮できた.

  • キラル配位子交換法の新展開-ボロスピラン形成に基づく光学分割法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月 

    ボロスピラン形成に基づくキラル配位子交換法を検討したところ、(S)-3-アミノ-1,2-プロパンジオールとホウ酸を泳動緩衝液としたキャピラリー電気泳動法により、ジオール構造を有するDL-パントテン酸、1-フェニル-1,2-エタンジオール、3-フェニル-1,3-プロパンジオール及び3-ベンジルオキシ-1,2-プロパンジオールなどの中性化合物、及びグルコース、マンノースなどの単糖類を光学分割できることを見出し、さらに分離メカニズムについても検討した。

  • 重金属を分離、濃縮、同定、回収できる有機分子透過型高分子錯体薄膜の合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月 

    有機分子は透過するが、重金属イオンはチオラト硫黄架橋して分離、濃縮、同定、回収できる高分子錯体薄膜を合成した。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 富山の良質な食文化の維持と食の安全の保障に寄与する実用的なNMRキラルシフト試薬の開発

    提供機関:  民間財団等  富山県ひとづくり財団研究助成

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

  • 地域食品産業の発展に寄与する実用的なNMRキラルシフト試薬の開発

    提供機関:  民間財団等  富山大学産学交流振興会実用化研究

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

  • 富山の食文化の維持向上と食の安全を確保するための食品真正証明システムの構築

    提供機関:  民間財団等  富山第一銀行奨学財団研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

  • 簡便に再生・再利用できる工業化に有効な抗酸化型貴金属錯体触媒の開発

    提供機関:  民間財団等  田中貴金属 貴金属に関る研究助成

    研究期間: 2007年04月  -  2008年03月 

  • 金属錯体薄膜を用いた排水中の重金属の選択的分離・濃縮

    提供機関:  民間財団等  クリタ水・環境科学振興財団研究助成

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    無機材料化学  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    環境応用化学特別研究  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    錯体反応化学特論  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    無機化学  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    無機分子工学  (2016年度)  専任

全件表示 >>