櫻井 宏明 (サクライ ヒロアキ)

SAKURAI Hiroaki

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

がん、シグナル伝達

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/cliche2/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月 -  博士(薬学)  東京大学

  • 1992年03月 -  修士(薬学)  岡山大学

  • 1990年03月 -  学士(薬学)  岡山大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年08月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   東西統合医療学域   臨床薬科学系   教授  

  • 2011年08月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    2011年07月

      富山大学   和漢医薬学総合研究所   准教授

  • 2002年04月
    -
    2005年09月

      富山医科薬科大学   和漢薬研究所   助教授

  • 1992年04月
    -
    2002年03月

      田辺製薬株式会社   創薬研究所   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2002年10月
    -
    継続中
     

    日本癌学会

  • 2003年06月
    -
    継続中
     

    日本がん分子標的治療学会

  • 2002年06月
    -
    継続中
     

    日本がん転移学会

  • 1989年08月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 1989年05月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Feedback control of ErbB2 via ERK-mediated phosphorylation of a conserved threonine in the juxtamembrane domain.

    Kawasaki K., Sakimura A., Park C.M., Tomaru R., Tanaka T., Ozawa T., Zhou Y., Narita K., Kishi H., Muraguchi A., and Sakurai H.

    Sci. Rep.   6   31502   2016年08月

    共著

  • Crucial roles of RSK in cell motility by catalysing serine phosphorylation of EphA2.

    Zhou Y., Yamada N., Tanaka T., Hori T., Yokoyama S., Hayakawa Y., Yano S., Fukuoka J., Koizumi K., Saiki I., and Sakurai H.

    Nat. Commun.   6   7679   2015年07月

    共著

  • Inverse correlation between Thr-669 and constitutive tyrosine phosphorylation in the asymmetric epidermal growth factor receptor dimer conformation.

    Sato K., Shin M.S., Sakimura A., Zhou Y., Tanaka T., Kawanishi M., Kawasaki Y., Yokoyama S., Koizumi K., Saiki I., and Sakurai H.

    Cancer Sci.   104   1315 - 1322   2013年01月

    共著

  • TAK1-mediated serine/threonine phosphorylation of epidermal growth factor receptor via p38/extracellular signal-regulated kinase: NF-κB-independent survival pathways in tumor necrosis factor alpha signaling.

    Nishimura M., Shin M.S., Singhirunnusorn P., Suzuki S., Kawanishi M., Koizumi K., Saiki I., and Sakurai H.

    Mol. Cell. Biol.   29   5529 - 5539   2009年10月

    共著

  • Transient suppression of ligand-mediated activation of epidermal growth factor receptor by tumor necrosis factor-α through the TAK1-p38 pathway.

    Singhirunnusorn P., Ueno Y., Matsuo M., Suzuki S., Saiki I., and Sakurai H.

    J. Biol. Chem.   282   12698 - 12706   2007年04月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 細胞工学別冊「がん転移 臨床と基礎の羅針盤」

    櫻井宏明、小泉桂一、済木育夫 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2010年10月

  • 酸化ストレスの医学

    近藤隆、田渕圭章、櫻井宏明 (担当: 共著 )

    診断と治療社  2008年

  • 癌治療の新たな試み 新編III

    櫻井宏明、済木育夫 (担当: 共著 )

    医薬ジャーナル社  2005年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • チロシンキナーゼ型受容体のセリン/トレオニンリン酸化制御

    周越、田中智大、櫻井宏明

    生化学 ( 日本生化学会 )  85   462 - 468   2013年06月

    総説・解説(その他)   共著

  • Targeting of TAK1 in inflammatory disorders and cancer

    Sakurai H.

    Trends Pharmacol. Sci. ( Cell Press )  30   522 - 530   2012年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • TAK1活性化の分子機構と生理機能の新展開

    櫻井宏明

    生化学 ( 日本生化学会 )  79   883 - 887   2007年

    総説・解説(その他)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第一回田村四郎科学賞

    2014年03月   田村科学技術振興財団  

    受賞者:  櫻井宏明

  • 日本生化学会北陸支部奨励賞

    2007年05月   日本生化学会北陸支部  

    受賞者:  櫻井宏明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • がん微小環境におけるTNF-α→TAK1シグナルはなぜ転移を促進するのか

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    先端分子薬学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    総合薬学演習  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    衛生薬学Ⅲ(新カリ)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    衛生科学Ⅱ(旧カリ)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    専門英語Ⅱ(病態生化学)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>