浜崎 景 (ハマザキ ケイ)

HAMAZAKI Kei

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

オメガ3系多価不飽和脂肪酸

ホームページ

http://www.med.u-toyama.ac.jp/pubhlth/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月 -  博士(医学)  富山医科薬科大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   環境生体防御医学系   准教授  

  • 2013年04月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 食事の欧米化にともない魚の摂取量が減っており,特に40才代以下での魚食離れは顕著である.魚にはEPAやDHAなどのω3系多価不飽和脂肪酸が多く含まれており,循環器疾患だけでなく最近ではメンタルヘルスの分野でも良い効果があることがわかってきた.我々のグループでは,こうした様々な疾患とω3系多価不飽和脂肪酸の研究を疫学調査あるいは介入試験により進めている.

論文 【 表示 / 非表示

  • Abnormalities in fatty acids in plasma, erythrocytes and adipose tissue in Japanese patients with colorectal cancer.

    Okuno M, Hamazaki K, Ogura T, Kitade H, Matsuura T, Yoshida R, Hijikawa T, Kwon M, Arita S, Itomura M, Hamazaki T, Takada H

    In vivo (Athens, Greece)   27   203 - 210   2013年03月

    共著

  • Tachikawa project for prevention of posttraumatic stress disorder with polyunsaturated fatty acid (TPOP): study protocol for a randomized controlled trial.

    Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Matsumura K, Noguchi H, Hashimoto K, Hamazaki T

    BMC psychiatry   13   8   2013年01月

    共著

    DOI

  • Serum levels of polyunsaturated fatty acids and the risk of posttraumatic stress disorder.

    Matsuoka Y, Nishi D, Hamazaki K

    Psychotherapy and psychosomatics   82   408 - 410   2013年

    共著

    DOI

  • Relationships among skin conditions, mood, and polyunsaturated fatty acids of RBCs in healthy women.

    Hamazaki-Fujita N, Itomura M, Hamazaki K, Tohno H, Yomoda S, Terashima Y, Hamazaki T

    Journal of cosmetic science   63   303 - 310   2012年09月

    共著

  • Fatty acid composition in the postmortem amygdala of patients with schizophrenia, bipolar disorder, and major depressive disorder.

    Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H

    Journal of psychiatric research   46   1024 - 1028   2012年08月

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • PTSD and the Attenuating Effects of Fish Oils: Results of Supplementation After the 2011 Great East Japan Earthquake, New Insights into Anxiety Disorders.

    2. Nishi D, Koido Y, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Matsuoka Y. (担当: 共著 )

    INTECH  2013年

  • Fish Oil and Aggression.

    Hamazaki K, Inadera H, Hamazaki T (担当: 共著 )

    AOCS Press  2011年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Possibility of polyunsaturated fatty acids for the prevention and treatment of neuropsychiatric illnesses.

    Hashimoto M, Maekawa M, Katakura M, Hamazaki K, Matsuoka Y

    J Pharmacol Sci ( The Japanese Pharmacological Society )  124 ( 3 ) 294 - 300   2014年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Polyunsaturated Fatty Acids and their Related Enzymes in Postmortem Brain Tissues of Patients with Psychiatric Disorders.

    Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H

    Curr Psychopharmacol ( Bentham Science )  2 ( 1 ) 66 - 72   2013年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Fish oils and aggression or hostility.

    Hamazaki T, Hamazaki K

    Progress in lipid research ( Elsevier )  47   221 - 232   2008年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Overseas Travel Award

    2014年02月21日   The 4th Mind-Body Interface International Symposium  

    受賞者:  Kei Hamazaki

  • ISSFAL Young Investigator’s Award

    2008年05月17日   International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids  

    受賞者:  Kei Hamazaki

  • NIH The 14th annual Fellows Award for Research Excellence (FARE) 2008

    2008年01月   National Institutes of Health (NIH)  

    受賞者:  Kei Hamazaki

  • ISSFAL Young Investigator’s Award

    2006年07月23日   International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids  

    受賞者:  Kei Hamazaki

  • ISSFAL Young Investigator’s Award

    2002年05月07日   International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids  

    受賞者:  Kei Hamazaki

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 産後うつと血中ω3系多価不飽和脂肪酸に関するコホート内症例対照研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 統合失調症患者での死後脳における脂肪酸異常のケース・コントロール研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

  • ω3系脂肪酸と集団認知行動療法によるうつ状態の増悪予防法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月 

    ω3系脂肪酸と集団認知行動療法によるうつ状態の増悪予防法の開発(分担)

  • 過度の紫外線対策とアレルギー

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    過度な紫外線対策とアレルギー(分担)

  • 不飽和脂肪酸-オリゴデンドロサイト前駆細胞の相関による精神疾患の包括的理解

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    不飽和脂肪酸-オリゴデンドロサイト前駆細胞の相関による精神疾患の包括的理解(分担)

全件表示 >>

症例・臨床報告 【 表示 / 非表示

  • Chronic hepatitis C associated with monoclonal gammopathy of undetermined significance.,Journal of gastroenterology and hepatology,2003年04月,Hamazaki K, Baba M, Hasegawa H, Kai M, Araki M, Watanabe N, Tuneya Y, Kumazawa M, Adachi Y

    研究論文(学術雑誌),共著

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    脂質栄養学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    社会医学(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    脂質栄養学特論  (2016年度)  専任

  • 2016年10月
    -
    2017年03月

    地域医療特論  (2016年度)  専任

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    社会医学(講義)  (2016年度)  兼担・兼任

全件表示 >>