蒲池 浩之 (カマチ ヒロユキ)

KAMACHI Hiroyuki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

環境植物生理学

ホームページ

http://www.sci.u-toyama.ac.jp/env/kamachi/kamachiJP.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1994年05月 -  博士(農学)  九州大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院理工学研究部   環境・エネルギー学域   地球環境システム学系   准教授  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   理学部   生物圏環境科学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物分子・生理科学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 移動することのできない植物は,光,湿度,栄養塩類など周囲の環境情報を的確に捉え,自身の成長を巧みにコントロールしながら生きている.特にシダやコケの配偶体は,サイズが小さく単純なつくりをしているにも関わらず,非常に優れた環境応答やストレス耐性のしくみを備えており,従来より植物生理の有用な実験材料として利用されてきた.私はこのようなシダやコケの配偶体を用いて,光環境応答,重金属耐性,重力応答など,植物の環境応答とストレス耐性のしくみについて研究している.

論文 【 表示 / 非表示

  • Hypergravity of 10g changes plant growth, anatomy, chloroplast size, and photosynthesis in the moss Physcomitrella patens

    Kaori Takeura, Rina Watanabe, Ryuji Kameishi, Naoya Skaguchi, Hiroyuki Kamachi, Atsushi Kume, Ichirou Karahara, Yuko T. Hanba, Tomomichi Fujita

    Microgravity Science and Technology   29 ( 6 ) 467 - 473   2017年12月

    共著

    DOI

  • Plasma membrane-anchored chloroplasts are necessary for the gravisensing system of Ceratopteris richardii prothalli.

    Kamachi H, Tamaoki D, Karahara I

    Journal of Plant Research   130   397 - 405   2017年03月

    共著

    DOI

  • A hypergravity environment increases chloroplast size, photosynthesis, and plant growth in the moss Physcomitrella patens.

    Takemura K, Kamachi H, Kume A, Fujita T, Karahara I, Hanba YT

    Journal of Plant Research   130 ( 1 ) 181 - 192   2017年02月

    共著

    DOI

  • Comparisons of the effects of vibration of two centrifugal systems on the growth and morphological parameters of the moss Physcomitrella patens.

    Mori A, Kamachi H, Karahara I, Kume A, Hanba YT, Takemura K, Fujita T

    Biological Sciences in Space     2017年

    共著

  • Barium accumulation in the metalliferous fern Athyrium yokoscense

    Hiroyuki Kamachi, Natsuko Kitamura, Akihiro Sakatoku, Daisuke Tanaka, Shogo Nakamura

    Theoretical and Experimental Plant Physiology   27   99 - 107   2015年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 自然と経済から見つめる北東アジアの環境

    和田直也, 今村弘子 他 (担当: 分担執筆 )

    富山大学出版会  2018年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 10 Gで生育したヒメツリガネゴケ茎葉体の機械的性質

    新濱梨奈, 森 耀久, 小野田雄介, 長嶋寿江, 久米 篤, 唐原一郎, 半場祐子, 藤田知道, 蒲池浩之

    Space Utilization Research   33   2019年02月

    総説・解説(その他)   共著

  • 過重力に対するヒメツリガネゴケの成長・光合成応答メカニズム-遺伝子発現と形態解析-

    半場祐子、安田柚里、阪口直哉、亀石隆司、竹村香里、渡辺璃那、北島佐紀人、藤田知道、横井真希、坂田洋一、篠澤章久、久米篤、唐原一郎、蒲池浩之、森耀久

    Space Utilization Research ( 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA) (ISAS) )    2018年

    総説・解説(その他)   共著

  • 宇宙における植物の生活環

    唐原一郎、篠笥公隆、黒金智文、村本雅樹、玉置大介、矢野幸子、谷垣文章、嶋津 徹、笠原春夫、山内大輔、上杉健太朗、星野真人、峰雪芳宣、蒲池浩之、久米 篤、西内 巧、曽我康一 、吉田久美、半場祐子、藤田知道、神阪盛一郎

    Space Utilization Research ( 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA) (ISAS) )    2018年

    総説・解説(その他)   共著

  • 植物栽培における重力環境制御の試み

    唐原一郎, 玉置大介, 久米篤, 蒲池浩之

    アグリバイオ ( 北隆館 )  1 ( 3 ) 53 - 56   2017年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 過重力植物栽培装置の振動の影響について

    森耀久, 蒲池浩之, 唐原一郎, 久米篤, 半場祐子, 竹村香里, 藤田知道

    Space Utilization Research ( 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA) (ISAS) )  31   2017年02月

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度JPR論文賞 -Best Paper賞-

    2018年05月17日   日本植物学会  

    受賞者:  Kaori Takemura, Hiroyuki Kamachi, Atsushi Kume, Tomomichi Fujita, Ichirou Karahara, Yuko T. Hanba

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地球と異なる重力環境に植物が適応する能力

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 10 Gで生育したヒメツリガネゴケ茎葉体の機械的性質

    第33回宇宙環境利用シンポジウム  2019年01月  -  2019年01月   

  • Towards Microgravity Experiments in Moss (II): Emerging Model Land Plant, Physcomitrella Patensfor Experiments on International Space Station

    12th Asian Microgravity Symposium-2018  2018年11月  -  2018年11月   

  • コケ植物における重力、CO2環境の変化に対する応答

    日本宇宙生物科学会第32回大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • 3 Gの過重力環境がシロイヌナズナの生殖成長に与える影響

    日本宇宙生物科学会第32回大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • 微小重力の宇宙実験下におけるヒメツリガネゴケの栽培環境の検討

    日本宇宙生物科学会第32回大会  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    環境植物生理学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別研究  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    ゼミナール  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学特別実験  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物圏環境科学実験Ⅱ  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 放射線と環境

    2014年10月
     
     

  • 大学入試センター教科科目第一委員会委員

    2011年04月
    -
    2013年03月