関根 道和 (セキネ ミチカズ)

SEKINE michikazu

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

社会医学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    富山医科薬科大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年11月

    ロンドン大学衛生学熱帯医学大学院  疫学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2008年08月

    ロンドン大学インペリアルカレッジ・ビジネススクール  経営学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月 -  医学士  富山医科薬科大学

  • 2001年12月 -  博士(医学)  富山医科薬科大学

  • 2004年11月 -  理学修士(疫学)  ロンドン大学衛生学熱帯医学大学院

  • 2008年08月 -  経営学修士  ロンドン大学インペリアルカレッジ・ビジネススクール

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   環境生体防御医学系   教授  

  • 2013年11月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Country specific associations between social contact and mental health: evidence from civil servant studies across Great Britain, Japan and Finland.

    Cable N, Chandola T, Lallukka T, Sekine M, Lahelma E, Tatsuse T, Marmot MG.

    Public Health   137   139 - 146   2016年10月

    共著

  • Changes over time in absolute and relative socioeconomic differences in smoking: A comparison of cohort studies from Britain, Finland, and Japan.

    Lahelma E, Pietiläinen O, Ferrie J, Kivimäki M, Lahti J, Marmot M, Rahkonen O, Sekine M, Shipley M, Tatsuse T, Lallukka T.

    Nicotine Tob Res.   18   1697 - 1704   2016年10月

    共著

  • 子どもの食行動・生活習慣・健康と家庭環境との関連:文部科学省スーパー食育スクール事業の結果から.

    中堀伸枝,関根道和,山田正明,立瀬剛志

    日本公衆衛生雑誌   63   190 - 201   2016年04月

    共著

  • Leisure time physical activity and subsequent physical and mental health functioning among midlife Finnish, British and Japanese employees: a follow-up study in three occupational cohorts.

    Lahti J, Sabia S, Singh-Manoux A, Kivimäki M, Tatsuse T, Yamada M, Sekine M, Lallukka T.

    BMJ Open   6   e009788   2016年

    共著

  • Outdoor physical activity and its relation with self-reported health in Japanese children: results from the Toyama birth cohort study

    Liu J, Sekine M, Tatsuse T, Fujimura Y, Hamanishi S, Lu F, Zheng X

    Child: Care, Health and Development   41 ( 6 ) 920 - 927   2015年11月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度文部科学省スーパー食育スクール事業・生活習慣と健康に関するアンケート調査報告書

    関根道和,山田正明 (担当: その他 )

    富山大学大学院医学薬学研究部疫学健康政策学講座  2015年05月

  • 子どもと食:「食育」を超える.食と睡眠-生活習慣の連鎖と社会的決定要因

    関根道和、根ケ山光一、外山紀子、河原紀子 (担当: 共著 )

    東京大学出版会  2013年

  • Socioeconomic and sex inequalities in health of Japanese civil servants with international comparisons: role of job strain, work hours, and work-family conflicts. In: Jeffrey D. Rowsen, Amanda P. Eliot (ed.). Social Inequality.

    Sekine M (担当: その他 )

    NOVA Science Publishers  2012年

  • The role of the social democratic welfare state regime in reducing socioeconomic inequalities in health: results from international comparative studies on British, Finnish, and Japanese civil servants.In: Peter Herrmann (ed.). Democracy in Theory and Action.

    Sekine M, Lahelma E, Marmot M. (担当: 共著 )

    NOVA Science Publishers  2011年

  • 睡眠と小中高生の行動. 五十嵐隆(総編集). 小児科臨床ピクシス14-睡眠関連病態-

    関根道和 (担当: その他 )

    中山書店  2010年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 編集後記

    関根道和

    日本公衆衛生雑誌   62 ( 10 ) 643   2015年12月

    その他記事   単著

  • 講座紹介:疫学健康政策学講座

    関根道和

    富山大学医学部後援会報   48   12   2015年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 第34回社会精神医学会教育講演4:社会経済的要因による睡眠格差-日本・英国・フィンランド公務員研究の国際比較

    関根道和

    日本社会精神医学会誌   24 ( 4 ) 383 - 394   2015年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 子どものときの食習慣が健康をつくる:野菜好きな子どもに育てる.5月号特集野菜不足は生活習慣病の誘因

    関根道和

    月刊『食べもの通信』 ( 家庭栄養研究会 )  531   8 - 9   2015年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • 総合力で国難に挑む-疫学健康政策学講座教授就任にあたって.第80回富山大学医学会教授就任講演会

    関根道和

    Toyama Medical Journal   25 ( 1 ) 32 - 42   2015年03月

    その他記事   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 社会経済的要因による健康格差に関する国際比較‐職域ストレスと生活習慣からの検討‐

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2018年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 両親の生活習慣と児童のメディア時間との関連:文部科学省スーパー食育スクール事業の追加調査から

    第73回北陸学校保健学会  (金沢)  2016年11月  -  2016年11月   

  • 足浴による海洋深層水効果の検討

    第20回海洋深層水利用学会全国大会2016滑川大会  (滑川市)  2016年11月  -  2016年11月   

  • 小児における便秘の関連要因:富山出生コホート研究から

    第75回日本公衆衛生学会総会  (大阪)  2016年10月  -  2016年10月   

  • 職域集団縦断研究における職場及び家庭環境の変化のWork Family Conflictへの影響

    第75回日本公衆衛生学会総会  (大阪)  2016年10月  -  2016年10月   

  • Socioeconomic and gender inequalities in physical functioning: international comparative studies on British, Finnish, and Japanese civil servants. International Association for Cross-Cultural Psychology,

    The 23rd International Congress  (Nagoya)  2016年07月  -  2016年08月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    理論疫学特論  (2017年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    対人保健学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    疫学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    社会医学実習  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    社会医学(講義)  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
     
     
      文部科学省『地(知)の拠点』.富山大学COC+キックホフシンポジウム   ()

  • 2015年07月
     
     
      医学教育分野別評価基準日本版に基づく富山大学医学部医学科自己点検評価書(平成27年度)   ()

  • 2015年07月
     
     
      医学教育分野別評価基準日本版に基づく富山大学医学部医学科自己点検評価書(平成27年度)   ()

  • 2015年07月
     
     
      医学教育分野別評価基準日本版に基づく富山大学医学部医学科自己点検評価書(平成27年度)   ()

  • 2015年07月
     
     
      医学教育分野別評価基準日本版に基づく富山大学医学部医学科自己点検評価書(平成27年度)   ()

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 職業理解講座「エキスパートに学ぶ」:医師のキャリアを考える~医学教育とその後の人生~

    2016年12月
     
     

  • 記事:富山大学市民講座「認知症最前線」.

    2016年11月
     
     

  • 報道:認知症をテーマに 富山市で健康を考えるセミナー.JNN報道特集

    2016年11月
     
     

  • 上越市学校保健会研修会講演:早寝・早起き・朝ご飯で生活習慣病予防-生活習慣に与えるメディアの影響-

    2016年11月
     
     

  • サウスケンジントン会(インペリアル・カレッジ・ロンドン同窓会)講演:職場のストレス・チェック制度を活用した健康経営を考える-日本・英国・フィンランド国際共同研究の結果から-(Strategic Use of Stress Check-up System for Health and Productivity Management: Results from International Comparative Studies of British, Finnish, and Japanese Civil Servants)

    2016年11月
     
     

全件表示 >>