清水 貴浩 (シミズ タカヒロ)

SHIMIZU Takahiro

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

イオンチャネル

ホームページ

http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phaphy1/index-j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月 -  博士(理学)  総合研究大学院大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   展開ゲノム薬学系   准教授  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cell Volume-Activated and Volume-Correlated Anion Channels in Mammalian Cells: Their Biophysical, Molecular, and Pharmacological Properties.

    Okada Y, Okada T, Sato-Numata K, Islam MR, Ando-Akatsuka Y, Numata T, Kubo M, Shimizu T, Kurbannazarova RS, Marunaka Y, Sabirov RZ

    Pharmacological reviews   71 ( 1 ) 49 - 88   2019年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Crosstalk between Na<sup>+</sup>,K<sup>+</sup>-ATPase and a volume-regulated anion channel in membrane microdomains of human cancer cells.

    Fujii T, Shimizu T, Yamamoto S, Funayama K, Fujita K, Tabuchi Y, Ikari A, Takeshima H, Sakai H

    Biochimica et biophysica acta. Molecular basis of disease   1864 ( 11 ) 3792 - 3804   2018年11月

    共著

    DOI PubMed

  • The asparagine 533 residue in the outer pore loop region of the mouse PKD2L1 channel is essential for its voltage-dependent inactivation.

    Shimizu T, Higuchi T, Toba T, Ohno C, Fujii T, Nilius B, Sakai H

    FEBS open bio   7 ( 9 ) 1392 - 1401   2017年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Positive regulation of the enzymatic activity of gastric H(+),K(+)-ATPase by sialylation of its β-subunit.

    Fujii T, Watanabe M, Shimizu T, Takeshima H, Kushiro K, Takai M, Sakai H

    Biochimica et biophysica acta   1858 ( 6 ) 1228 - 35   2016年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Inhibition of gastric H+,K+-ATPase by 4-(2-butyl-6,7-dichloro-2-cyclopentylindan-1-on-5-yl)oxybutyric acid (DCPIB), an inhibitor of volume-regulated anion channel.

    Fujii T, Takahashi Y, Takeshima H, Saitoh C, Shimizu T, Takeguchi N, Sakai H

    European journal of pharmacology   765   34 - 41   2015年10月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • PKD2L1カチオンチャネルによる苦味受容機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • 細胞の生と死を司るアニオンチャネルの分子実体と制御機構の解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

     

  • TMEM16F分子のイオンチャネル機能とスクランブラーゼ機能の連関機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

  • 未知なる細胞容積感受性アニオンチャネルの分子構造基盤の解明

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

    ほとんどすべての細胞は低浸透圧下で膨張しても、元の体積に戻る恒常性維持機構を備えている。この機構に関与する重要なタンパク質の一つが、細胞容積感受性アニオンチャネル(VSOR)であるが、その分子実体についてはこれまで不明であった。我々は、VSORの特異的阻害薬(DCPIB)の光アフィニティーラベル体を合成し、ラベリング蛋白質の解析やパッチクランプ法などの様々な手法を駆使し、VC-1(仮称)がVSORを構成する必須の分子であることを見出した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    生物物理化学  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    医療系実習(生物物理化学・製剤学)  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    分子生物薬科学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    薬物治療学特論  (2017年度)  兼担・兼任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    トランスポーター論  (2017年度)  兼担・兼任

全件表示 >>