井村 穣二 (イムラ ジヨウジ)

IMURA Johji

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

病理学、外科病理学、分子病理学、膵臓

ホームページ

http://www.med.u-toyama.ac.jp/dpathol/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1951年04月
    -
    1957年03月

    杏林大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1957年04月
    -
    1961年04月

    杏林大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月 -  博士(医学)  杏林大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年03月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   先端生命医療学域   分子病態医学系   教授  

  • 2012年01月
    -
    継続中

    富山大学   医学部   医学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    2011年12月

      獨協医科大学   病理学(人体分子)   准教授

  • 2004年04月
    -
    2006年09月

      茨城県立中央病院   病理部   室長

  • 1999年06月
    -
    2004年03月

      獨協医科大学   病理学(人体分子)   助教授

  • 1988年04月
    -
    1999年05月

      栃木県立がんセンター   研究検査部   医長

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本臨床検査医学会

  • 1957年04月
    -
    継続中
     

    日本病理学会

  • 1957年04月
    -
    継続中
     

    日本臨床細胞学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1)腫瘍の浸潤転移に及ぼす因子の探索のために,浸潤性の高い細胞株を樹立し,網羅的な遺伝子解析を行い,高浸潤性細胞株で発現している因子を補足する.
    2)日常の病理診断に際し,補足した手法等を検索,開発している.

論文 【 表示 / 非表示

  • Plasma neuron-specific enolase level as a prognostic marker in patients with non-small cell lung cancer receiving gefitinib.

    Inomata M, Hayashi R, Yamamoto A, Tokui K, Taka C, Okazawa S, Kambara K, Suzuki K, Ichikawa T, Yamada T, Miwa T, Kashii T, Matsui S, Tobe K, Imura J.

    Mol Clin Oncol   3 ( 4 ) 802 - 806   2015年07月

    共著

  • Homma T, Yamamoto Y, Imura J, Doki Y, Yoshimura N, Senda K, Toge M, Ojima T, Shimada Y, Masawa N.

    Homma T, Yamamoto Y, Imura J, Doki Y, Yoshimura N, Senda K, Toge M, Ojima T, Shimada Y, Masawa N.

    Ann Thorac Surg   100 ( 1 ) 299 - 301   2015年07月

    共著

  • Amrubicin Monotherapy for Patients with Platinum-Refractory Gastroenteropancreatic Neuroendocrine Carcinoma.

    Ando T, Hosokawa A, Yoshita H, Ueda A, Kajiura S, Mihara H, Nanjo S, Fujinami H, Nishikawa J, Ogawa K, Nakajima T, Imura J, Sugiyama T

    Gastroenterol Res Pract.     2015年06月

    共著

  • A case of progressing focal nodular hyperplasia and its molecular expression pattern.

    Tajiri K, Tsuneyama K, Kawai K, Atarashi Y, Minemura M, Sawada S, Tsukada K, Imura J, Sugiyama T.

    Clin J Gastroenterol   7 ( 3 ) 271 - 277   2015年06月

    共著

  • Bone metastasis in gastrointestinal stromal tumors preferentially occurs in patients with original tumors in sites other than the stomach.

    Nakajima T, Sugiyama T, Baba H, Hatta H, Nishida T, Miwa S, Hayashi S, Tsuneyama K, Imura J

    Int J Clin Pathol   8 ( 5 ) 5955 - 5959   2015年05月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍領域に高発現する亜鉛トランスポーターの役割解明と治療標的としての可能性の探求

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 膵がんの浸潤過程に関わるInterleukin-32の役割とその発現機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • イタイイタイ病理組織中のカドミウム局在の可視化と周囲微小環境の病理学的解明

    萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

  • 発がん過程におけるインスレーターおよびメチル化機構の相互関係の解明と診断への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    CPC  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    病理学  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    解剖生理病態学  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    疾病学  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    腫瘍病理学特論  (2018年度)  専任

全件表示 >>