森田 洋行 (モリタ ヒロユキ)

MORITA Hiroyuki

写真a

職名

教授

研究室住所

〒930-0194 富山県富山市杉谷2630 富山大学和漢医薬学総合研究所 研究開発部門 資源開発分野 天然物創薬学領域

研究分野・キーワード

天然物、生合成、構造解析、酵素工学、植物、海綿

研究室電話

076-434-7625

ホームページ

https://www.inm.u-toyama.ac.jp/napc/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月 -  博士(薬学)  静岡県立大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   教授  

  • 2012年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   和漢医薬学総合研究所   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

 

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 天然には人が医薬品として求める多様な構造と生物活性を有する天然有機化合物があります.一方,資源が枯渇しつつある今日にあって,新規生理活性物質を天然から見いだすことが困難になりつつあります.私は,天然物化学研究を基盤に,構造生物学,酵素工学に至る幅広い分野の方法論を取り入れ,医薬品開発等に有用な新規シード化合物を見いだすことで社会に貢献することを目的に,下記,主要テーマに取り組んでいます.

    1.天然有機化合物の生合成研究
    2.二次代謝酵素の立体構造解析
    3.二次代謝酵素の機能改変と新規有用物質の創製
    4.天然資源からの抗ウイルス,抗菌,抗がん活性化合物の単離・構造決定

論文 【 表示 / 非表示

  • Muchimangins E and F: Novel Diphenylmethyl-Substituted Xanthones from Securidaca longepedunculata

    D.F. Dibwe, S. Awale, S. Kadota, H. Morita, Y. Tezuka.

    Tetrahedron Letters   55   1916 - 1919   2014年

    共著

  • Heptaoxygeneted Xanthones as Anti-Austerity Agents from Securidaca longepedunculata

    D.F. Dibwe, S. Awale, S. Kadota, H. Morita, Y. Tezuka.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   21   7663 - 7668   2013年

    共著

  • Cloning and Structure-Function Analyses of Quinolone- and Acridone-Producing Novel Type III Polyketide Synthases from Citrus microcarpa

    T. Mori, Y. Shimokawa, T. Matsui, K. Kinjo, R. Kato, H. Noguchi, S. Sugio, H. Morita, I. Abe.

    The Journal of Biological Chemistry   288   28845 - 28858   2013年

    単著

  • Engineering of Plant Type III Polyketide Synthases

    T. Wakimoto, H. Morita, I.Abe.

    Methods in Enzymology   515   337 - 358   2012年

    共著

  • Benzophenone Synthase from Garcinia mangostana L. Pericarp

    N. Nualkaew, H. Morita, Y. Shimokawa, K. Kinjo, T. Kushiro, W. De-Eknamkul, Y. Ebizuka, I. Abe.

    Phytochemistry   77   60 - 69   2012年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Plant Type III Polyketide Synthases, Comprehensive Natural Products Chemistry II: Chemistry and Biology

    H. Morita, I. Abe, H. Noguchi. (担当: 共著 )

    Elsevier  2010年

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成24年度酵素工学奨励賞

    2012年10月   酵素工学研究会  

    受賞者:  森田洋行

  • 日本生薬学会学術奨励賞

    2010年09月   日本生薬学会  

    受賞者:  森田洋行

  • 第11回酵素応用シンポジウム奨励賞

    2010年06月   天野エンザイム  

    受賞者:  森田洋行

  • 第8回天然物化学談話会奨励賞

    2008年07月   天然物化学談話会  

    受賞者:  森田洋行

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ポリケタイド閉環酵素とバイヤービリガー酵素の機能改変と新規化合物の創出

    新学術領域研究

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月 

  • DABBファミリー酵素を素材とした新規ポリケタイド閉環酵素の創出

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 植物由来新規ポリケタイド閉環酵素の探索と物質生産

    新学術領域研究

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月 

  • カメルーン産薬用植物の抗菌活性成分に関する研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

     

  • あらたな創薬資源の採集調査と成分解析及び遺伝資源バンクの構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

     

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 放線菌由来新規インドールプレニルトランスフェラーゼTldCとMpnDの機能解析

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • Preferential cytotoxic constituents from Aframomum melegueta against human pancreatic cancer cell line

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • Preferential Cytotoxicity of Citrus microcarpa peel against Pancreatic Cancer Cell Lines in Nutrient Deprived Conditions

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • Polyoxygenated cyclohexane from Kaempferia rotunda and their cytotoxic activity

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

  • ヒメハギ科植物Securidaca longepedunculataより単離されたMuchimangin類の合成研究

    日本薬学会第134年会  2014年03月  -  2014年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    分子設計学特論(講義)  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    国際医薬学特論  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    医薬品製剤開発学実習  (2019年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    国際医薬学特論  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>