池田 恵介 (イケダ ケイスケ)

IKEDA Keisuke

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

生体膜,アミロイド,自己複製

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月 -  博士(薬学)  京都大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   学術研究部   薬学・和漢系   准教授  

  • 2019年10月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   創薬科学科   准教授  

  • 2016年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   准教授  

  • 2016年04月
    -
    2019年09月

    富山大学   薬学部   創薬科学科   准教授  

  • 2012年06月
    -
    2016年03月

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   助教  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Temperature- and composition-dependent conformational transitions of amphipathic peptide-phospholipid nanodiscs.

    Anada C, Ikeda K, Egawa A, Fujiwara T, Nakao H, Nakano M

    Journal of colloid and interface science   588   522 - 530   2021年04月

    共著

    DOI PubMed

  • Characterization of design grammar of peptides for regulating liquid droplets and aggregates of FUS.

    Kamagata K, Chiba R, Kawahata I, Iwaki N, Kanbayashi S, Maeda K, Takahashi H, Hirano A, Fukunaga K, Ikeda K, Kameda T

    Scientific reports   11 ( 1 ) 6643   2021年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Development of membrane-insertable lipid scrambling peptides: A time-resolved small-angle neutron scattering study.

    Nakao H, Kimura Y, Sakai A, Ikeda K, Nakano M

    Structural dynamics (Melville, N.Y.)   8 ( 2 ) 024301   2021年03月

    共著

    DOI PubMed

  • Amphipathic Peptide-Phospholipid Nanofibers: Phospholipid Specificity and Dependence on Concentration and Temperature.

    Ikeda K, Horiuchi A, Yoshino M, Shimizu C, Nakao H, Nakano M

    Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   37 ( 2 ) 713 - 721   2021年01月

    共著

    DOI PubMed

  • Biophysical parameters of the Sec14 phospholipid exchange cycle - Effect of lipid packing in membranes.

    Sugiura T, Nakao H, Ikeda K, Khan D, Nile AH, Bankaitis VA, Nakano M

    Biochimica et biophysica acta. Biomembranes   1863 ( 1 ) 183450   2021年01月

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脂質-ペプチドナノ粒子を用いた標的細胞膜への膜タンパク質デリバリー技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • 小胞体リン脂質フリップ機構の包括的理解と生体膜動的制御技術の確立

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月 

  • 脂質ナノ粒子を用いたアミロイドβ自己会合の制御による凝集機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     

  • リン脂質輸送タンパク質の生体膜動的制御機構の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     

  • 神経毒性アミロイドβ凝集体構造決定と分子間相互作用解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    分子薬科学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年10月
    -
    2021年03月

    医療分子科学特論  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    薬品物理化学  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2020年04月
    -
    2020年09月

    物理系実習(物理化学Ⅱ)  (2020年度)  兼担・兼任

  • 2019年10月
    -
    2020年03月

    分子薬科学特論  (2019年度)  兼担・兼任

全件表示 >>