南部 寿則 (ナンブ ヒサノリ)

NAMBU Hisanori

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

有機合成化学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    大阪大学  薬学研究科  博士課程  修了

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    大阪大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月 -  博士(薬学)  大阪大学

  • 2001年03月 -  修士(薬学)  大阪大学

  • 1999年03月 -  学士(薬学)  大阪大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    継続中

    富山大学   大学院医学薬学研究部   環境・生命システム学域   生命分子薬学系   准教授  

  • 2012年08月
    -
    継続中

    富山大学   薬学部   薬学科   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本薬学会

  •  
     
     
     

    日本薬学会医薬化学部会

  •  
     
     
     

    アメリカ化学会

  •  
     
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 衛生管理者(第1種)

  • 危険物取扱者(甲種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

研究概要 【 表示 / 非表示

  • ・大学院学生(大阪大学大学院薬学研究科 北 泰行教授)
    水溶性ラジカル開始剤と界面活性剤を用いた水中での分子内ラジカル環化反応およびアルデヒドからのチオエステル合成反応の開発
    ・博士研究員(スイス,ETH, Erick M. Carreira教授)
    コバルト触媒を用いるオレフィン類のヒドロアジド化反応の開発
    ・助教(北海道大学大学院薬学研究科 橋本俊一教授)
    キラルなロジウム(II)錯体を用いる不斉触媒反応の開発とこれらの反応を機軸とする生物活性天然物の不斉合成
    含リン脱離基を基盤とするグリコシル化反応に関する研究
    ・准教授(現在 矢倉隆之教授)
    スピロシクロプロパンの開裂ー環化反応を利用した複素環化合物の高効率的合成法の開発

論文 【 表示 / 非表示

  • Ring-Opening Cyclization of Spirocyclopropanes Using Sulfoxonium Ylides

    Onuki Yuta, Nambu Hisanori, Yakura Takayuki

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN ( 公益社団法人 日本薬学会 )  68 ( 5 ) 479 - 486   2020年

    共著

    DOI PubMed CiNii

  • Protecting-Group-Free Formal Synthesis of Aspidospermidine: Ring-Opening Cyclization of Spirocyclopropane with Amine Followed by Regioselective Alkylations.

    Nambu H, Tamura T, Yakura T

    The Journal of organic chemistry   84 ( 24 ) 15990 - 15996   2019年12月

    共著

    DOI PubMed

  • Ring-opening cyclization of spirocyclopropanes with stabilized sulfonium ylides for the construction of a chromane skeleton.

    Nambu H, Onuki Y, Ono N, Tsuge K, Yakura T

    Chemical communications (Cambridge, England)   55 ( 46 ) 6539 - 6542   2019年06月

    共著

    DOI PubMed

  • スピロシクロプロパンの高反応性を活用する複素環化合物の新規合成法の開発

    南部 寿則

    薬学雑誌. 乙号 ( 公益社団法人 日本薬学会 )  138 ( 1 ) 19 - 25   2018年

    単著

    DOI PubMed CiNii

  • 2-Iodo-<i>N</i>-isopropyl-5-methoxybenzamide as a highly reactive and environmentally benign catalyst for alcohol oxidation.

    Yakura T, Fujiwara T, Yamada A, Nambu H

    Beilstein journal of organic chemistry   14   971 - 978   2018年

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • New Horizons of Process Chemistry–Scalable Reactions and Technologies

    Nambu H., Shimokawa I., Fujiwara T., Yakura T. (担当: 共著 )

    Springer  2017年

  • 不活性結合・不活性分子の活性化:革新的な分子変換反応の開拓

    穴田 仁洋, 南部 寿則, 橋本 俊一 (担当: 共著 )

    化学同人  2011年

  • 天然物合成で活躍した反応:実験のコツとポイント

    橋本 俊一, 南部 寿則 (担当: 共著 )

    化学同人  2011年

  • Handbook of Chemical Glycosylation: Advances in Stereochemistry and Therapeutic Relevance

    Nakamura S., Nambu H., Hashimoto S. (担当: 共著 )

    Wiley-VCH  2008年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 医薬品開発の効率化に寄与する多置換インドール誘導体の網羅的合成法の開発

    南部 寿則

    BIO INDUSTRY ( シーエムシー出版 )    2018年

    総説・解説(商業誌)   単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • スルホニルを有するフィトスフィンゴシン誘導体

    特願 特願2014-225684  特開 WO 2016/072452 A1 

    矢倉隆之, 安東嗣修, 南部寿則, 藤原朋也, 金田英亨

  • 磁性鉄粒子担持ヨウ素触媒

    特願 2014-61025 

    矢倉隆之,南部寿則,藤原朋也

  • ヨードベンズアミド型アルコール酸化触媒

    特願 2014-48273 

    矢倉隆之,南部寿則,藤原朋也,野田成美,山田明広

  • 分子内ラジカル環化反応方法

    特願 特願2000-316114  特開 WO 02/32890 A1 

    北 泰行, 南部寿則, 松儀真人, 佐野淳典

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回(平成30年度)有機合成化学協会関西支部賞

    2018年07月   有機合成化学協会関西支部  

    受賞者:  南部 寿則

  • 平成28年度日本薬学会北陸支部学術奨励賞

    2016年11月   日本薬学会北陸支部  

    受賞者:  南部 寿則

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境調和型金属カルベノイド反応の開発:触媒創製,不斉反応開発,天然物合成への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

     

  • スピロシクロプロパンの開裂に続く環化反応を用いる多置換複素環天然物の合成研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     

  • 触媒的CーH結合活性化を機軸とする生物活性複素環天然物の不斉合成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • スピロシクロプロパンの環ひずみを活⽤した複素環化合物の⾼効率的合成法の開発

    第16回有機合成化学協会関⻄⽀部賞受賞講演会  2018年12月  -  2018年12月   

  • An Efficient Method for the Synthesis of Highly Substituted Indoles from Spirocyclopropanes for Drug Discovery

    The Third International Symposium on Toyama-Asia-Africa Pharmaceutical Network  2018年  -  2018年   

  • Stereoselective Total Synthesis of Myriocin and Related Natural Products through Oxathiazinane Intermediate

    The 26th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2017年  -  2017年   

  • Regioselective Ring-Opening Cyclization of Spirocyclopropanes with Amines: An Efficient Synthetic Method for Highly Substituted Indoles

    The 26th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress   2016年  -  2016年   

  • Efficient Method for the Synthesis of Highly Substituted Indoles and Benzofurans from Spirocyclopropanes

    Shandong University Special Lectures  2016年  -  2016年   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    化学系実習(有機化学)  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    機器分析  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    医療分子科学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    分子薬科学特論  (2018年度)  兼担・兼任

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    卒業研究(分子合成化学)薬学科6年用  (2018年度)  兼担・兼任

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年
     
     

    有機合成化学協会   協会誌編集協力委員