田中 信之 (タナカ ノブユキ)

TANAKA Nobuyuki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

日本語教育

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 2011年09月 -  博士(学術)  金沢大学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    富山大学   国際機構   准教授  

  • 2013年10月
    -
    2018年03月

    富山大学   国際交流センター   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • アカデミック・ライティングにおける対話的評価活動の可能性

    原田三千代,淺津嘉之, 田中信之, 中尾桂子,福岡寿美子

    小出記念日本語教育研究会論文集   ( 27 ) 37 - 52   2019年03月

    共著

  • 初級文法クラスにおける授業引継ぎ―授業記録の分析を通して― 

    田中 信之

    富山大学国際機構紀要   ( 1 ) 1 - 11   2018年12月

    単著

  • テキスト批評における評価活動の分析

    田中 信之

    富山大学国際交流センター紀要   ( 4 ) 1 - 11   2017年12月

    単著

  • ライティング・ワークショップの実践と評価―留学生別科生を対象として―

    田中 信之,淺津 嘉之

    富山大学国際交流センター紀要   ( 3 ) 9 - 23   2016年12月

    共著

  • 文章産出過程における辞書使用―中国人学習者の場合―

    田中 信之

    日本語教育   ( 162 ) 113 - 128   2015年12月

    単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ルーブリックを用いた記述式内省活動の分析―大学・留学生教育機関のアカデミック・ライティングでの試み―

    2017年度日本語教育学会春季大会  2017年05月  -  2017年05月   

  • ライティング・ワークショップの実践と評価ー留学生別科生を対象としてー

    2016年度日本語教育学会春季大会  (目白大学)  2016年05月  -  2016年05月   

  • コンピュータを活用したピア・レスポンスの実践と評価―対面による活動との比較を通して―

    2014年度日本語教育学会春季大会  (創価大学)  2014年06月  -  2014年06月   

  • ピア・レスポンス後の文章における「論理性」と「主観性」

    CAJLE2013 トロント大会  2013年08月  -  2013年08月   

  • 文章産出過程における辞書使用―中国人学習者の場合―

    日本語教育国際研究大会名古屋2012   2012年08月  -  2012年08月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    読解C2b  (2018年度)  専任

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    日本語コミュニケーションⅡ  (2018年度)  専任

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    日本語コミュニケーションⅠ  (2018年度)  専任

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    日本語A(2)  (2017年度)  専任

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    日本語A(1)  (2017年度)  専任

全件表示 >>